沖縄移住は物価が落とし穴?意外と知られていない値段が高いもの

ライフスタイル

はじめに

沖縄移住は物価が安いから暮らしやすい、そんなイメージで計画を始める人は多いかもしれません。

海が好きな人にとって、沖縄はまるで天国のような場所。

 

都会の喧騒から離れ、のんびり人生を過ごしたい時は、自然が豊富で開放的な土地に移住したくなるでしょう。

そこで今回は、都会の人の移住先として人気がある沖縄の物価について、あまり知られていないポイントをご紹介します。

 

趣味がない人の特徴とは?オススメのアクティビティはこちらをチェック。

なぜ無趣味?趣味がない人の特徴とおすすめアクティビティ

 

港区女子の特徴とは?こちらをチェック。

港区女子の特徴とは?結婚するメリットとデメリットも

 

移住後の想定される生活費について

沖縄は日本のリゾート地として、海外の人も注目する人気の観光スポットです。

リモートワークが定着し始め、都心部で暮らす必要性がない人は、地方移住を考えたくなるのは当然。

そんな時に憧れの沖縄は選択地のひとつになるでしょう。

 

移住後の生活費ですが、家賃は大半を占める部分なので、地域や住む場所によりコストは変わってきます。

一般的な例で見ると、沖縄県那覇市の一人暮らしの賃貸住宅の場合、家賃は4~6万円前後。

駐車場代は無料の場所も多いため、都心部よりも楽かもしれません。

 

そしてインターネットや電話代などの通信費や食費、交通費など、あらゆるものを総体的に合わせると、生活費は一人暮らしの目安は13~15万円といわれています。

もちろん物件にもよるものの、二人暮らしなら20万円前後あれば生活はできるでしょう。

 

沖縄で値段が高いもの①食費

沖縄の物価で、意外と高く感じるものは「食費」です。物価が安いはずなのに食材が高いと、日々の暮らしは負担になりますよね。

一人暮らしの場合なら、都心部でもよく利用するのがコンビニ。

 

沖縄のコンビニは地方料金が適用されるわけではなく、全国共通の価格なので、暮らしている人にとっては割高に感じる部分です。

また食材も、海が近いので安く入手できますが、野菜は比較的本土よりも割高な種類がたくさんあります。

 

たとえば北海道産のじゃがいもなど、輸送費がかかるとさらに食材は高くなりますので、沖縄移住して物価が意外と高いと思う瞬間はあるでしょう。

 

沖縄はお弁当屋さんが多いので、1食300円くらいで食べることは可能です。

料理の材料を揃える手間とコストを考えたら、テイクアウトのほうが安上がりになる可能性も。

 

値段が高い食材のひとつとしては牛乳も挙げられます。

都心部と比較すると1リットルあたり30~60円ほど高くなっていますので、輸送費がここでも関係していますね。

 

沖縄で値段が高いもの②ガソリン代

沖縄移住の物価を考える際に、住む場所はかなりコスト的にも影響する大切な部分です。

沖縄も公共の交通手段が増えていますので、那覇市などの都市部にいれば車なしでも生活は可能ですが、北部や南部、中部に行くと、車がないとかなり仕事がしづらい状態になる可能性があります。

 

すると気になるのは沖縄のガソリン代。

沖縄は復帰特別措置でガソリン税が減免されているにもかかわらず、全国で一番値段が高い県なのです。

 

全国平均との差は1リットルあたり8円前後と広がりを見せています

都会のように車で数分程度のところにお店があるならまだしも、沖縄の生活は移動距離も多いため、ガソリン代はかなり負担になるでしょう。

 

そのためタクシー代やバス代も、ガソリンコストのために割高に感じるため、できるだけ生活拠点を狭く設定したほうがガソリン代の節約にはなります。

 

沖縄で値段が高いもの③光熱費

沖縄移住で意外と高いと感じる物価は「光熱費」も挙げられます。

水道代は基本的に本土よりも安く、賃貸物件では水道代が家賃込みになっていることもよくあります。

 

しかし電気代やガス代は高めで、沖縄の落とし穴としては、気温が高く蒸し暑い夏はエアコンが必須。

必然的に光熱費は全体的に高くなる傾向もあります。

 

冬はとても暖かく、東京の春のような陽気なので、寒さが苦手な人は沖縄の冬は過ごしやすく感じるでしょう。

ホテルなども冬のオフシーズンになると料金が安くなりますので、観光だけを目的にするなら冬は狙い目です。

 

沖縄で値段が高いもの④移住一年目の税金

沖縄移住の物価で意外と見落としやすいのは、移住したその年の「住民税」です。

住民税は前年度の収入で金額が決定されますので、都心部で高収入だった人は、沖縄に移住して低収入の暮らしをしていると、一年目の支払いが大変になる可能性があります。

 

あまりにもギャップが大きい場合や、支払いが困難な時は、お住まいの市町村役場で相談して分割払いも検討してみましょう。

 

移住の初期費用はいくらかかるか

沖縄は物価が全て安くなるとは限りません。

仕事も都心部のようにたくさん求人があるわけではなく、収入が減り、しかも割高な生活になるリスクもあります。

 

移住する際はこのようなことも考慮して、ある程度貯金してから実行することが大切。

賃貸物件の契約は都心部と同じく、敷金と礼金で三か月分は必要になりますし、車の購入といった多額の出費も想定されるでしょう。

 

一人で沖縄に移住する場合に、少なくとも生活費も込みで140~150万円は必要だという概算がありますので、さらに体調を崩した場合の医療費なども考えて、できるだけ金銭的な余裕を持っておくことが必要ですね。

 

まとめ

暮らしてみないとわからない沖縄の物価ですが、それでも沖縄移住する人は年々増加しています。

毎日観光気分とはいかないので、きちんと情報収集して、沖縄ライフを思いきり満喫できるよう準備しておきましょう。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。