ウーバータクシーの料金は安いの?移動費の節約になるか徹底解説!

ライフスタイル

はじめに

ウーバータクシーの料金は、普通のタクシーより安いのか高いのか。外出先で移動手段に困った時に、ふと考えたことはありませんか。

 

雨の日や路線バスが混雑する時など、駅前のタクシー乗り場の長い行列はお馴染みの光景です。

そんな時、必要な場所で必要な時間にすぐにタクシーがつかまったらどれほど便利か。

 

最近とても人気を集めている「ウーバータクシー」の料金や使い方などについて、今回は詳しくご解説していきますので、もしもの場合にぜひ参考にしてくださいね。

 

クレジットカードが使えない理由とは?こちらをチェック。

クレジットカード使えない理由は?よくある原因と対策について

 

協調性のない人の特徴とは?こちらをチェック。

協調性のない人の特徴と向いている仕事について

 

ウーバータクシーがいよいよスタート!

「Uber(ウーバー)」といえばウーバーイーツで、食事のデリバリーをしてくれるサービスというイメージがありますが、そもそもウーバーは海外発のとても便利な配車サービスで、世界的に利用が普及しています。

 

おうち時間が増え、外食を控える際、ウーバーイーツでレストランの美味しい料理をデリバリーしてもらったことがある人もいるでしょう。

 

ウーバータクシーはその「車版」のサービスのこと。

乗車予約をして支払いまで全てアプリでできるため、道端に立ってタクシーを探す必要がないのです。

 

ウーバージャパンは2012年に設立。

2018年より大阪、広島、京都、愛知などで展開され、東京で2020年7月3日よりサービスが開始されています。

 

東京オリンピックで増加する外国人観光客が当初のターゲット。

しかしこのような状況、ニーズが減っているのは残念ですが、ビジネス、デート、買い物など、あらゆるシーンでウーバータクシーのサービスが活用できることは間違いないでしょう。

 

このサービスの仕組みを簡単に説明すると、移動したい利用者とドライバーをアプリがマッチング。

GPSにより、自分の居場所に近いドライバーがオーダーを受けて、指定の場所に迎えに来てくれるというものです。

 

本場アメリカでは、ウーバー専用の乗り場がメジャーな空港に設置されるなど、タクシーといえばウーバーというほどの浸透率があります。

 

都内の対象範囲について

ウーバータクシーは料金が安くて便利と定評があるサービスなので、ぜひチャンスがあったら利用してみたいと感じますよね。

利用者の多い東京都内のサービスですが、現在は対象範囲があるので事前に確認しておくこと。

 

海外ではアプリを使えば、一般人もドライバーとして登録できるため、副業で行う人も増えています。

自家用車を使えるので、個人ビジネスとしても開拓できるチャンスですね。

 

ただし日本では法律の関係で、個人ビジネスとして展開できない面があり、東京都内では日の丸リムジンや東京エムケイなどの会社で運用されています。

 

利用できる可能台数は都内だけで600台。それぞれの地域により、契約社数や台数は違います。

いずれサービス対象エリアも増えていく予定なので、タクシーがもっと身近な存在になるでしょう。

 

料金について

ウーバータクシーで気になるのは料金。

ウーバーの公式サイトやアプリを開くとわかりますが、配車予約をする際に料金の見積もりが可能になっています。

 

基本的に乗車位置から目的地までの走行距離と乗車時間により、ウーバータクシーの料金が決定される仕組みですね。

手数料は場所、時間帯、居住地などの条件が関係しますので、状況により常に変動することも特徴。

 

またウーバータクシーは、配車方法により料金が異なりますので、高級車に乗ってみたいという場合は多少料金が高めになります。

 

標準仕様のタクシー料金にプラスされますので、たとえば「プレミアムタクシー」なら送迎料金、メーター料金、予約金500円が必要。

 

他にも大型ミニバンなど、黒塗り車両を指定する「ウーバーブラック」になると、東京都内での利用料金は初乗り823円で距離と移動時間でさらにアップします。

 

ウーバータクシーのサービスは、必ずしも一般的なタクシーより安くなるとは限りませんが、キャンペーンや割引クーポンなどを利用すればお得になることは間違いないでしょう。

 

ウーバータクシーの利用方法について

ウーバータクシーの料金が知りたい、一度利用してみたいという場合は、まずアプリをダウンロードしておきましょう。

アプリを開き「行き先」欄に入力して、自分が乗車する場所を正しく入力してください。

 

画面下にあるウーバータクシーを選択して、ドライバーとマッチング。ドライバーが決まると、顔写真や車両情報が表示されるため、どのような人が迎えに来るかわからず心配になることもありません。

 

マップでドライバーがどこにいるかがひと目でわかりますので、あと何分でどのルートでやってくるかまで状況が把握できるのは魅力ですね。

 

グループでウーバータクシーを使い、仲間と料金を割り勘にしたいという場合も、簡単に計算が可能。

車が到着したら乗車して、目的地で降車します。

乗車料金はアカウントを設定した際に登録した支払方法で、自動的に清算されるようになっています。

 

まとめ

ウーバータクシーの料金はキャッシュレスで払えることや、トラブルがあればすぐに報告できる点もメリット。

サービス対象エリア内なら、どこでも迎えに来てくれるのはとても便利ですよね。

 

外出機会が多い人は、もしもの場合に備えてウーバータクシーのアプリがあると安心かもしれません。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。