心が折れる職場を改善する3つのアイデア。危険のサインに早めに気付こう!

ライフスタイル

はじめに 

人生での最大の岐路あるいは起点といえば、結婚や出産により家族が増えることは大きな比重を占めるともいえますが、なんといっても最初の起点となるのは、学校を卒業し、社会に出ることこそがまずは最初の岐路と言えるでしょう。

ほとんどの方が、任意の企業へと就職しますが、そのすべてが希望していた企業あるいは職場とは限らず、挫折を味わうことは少なくありません。

 

この記事では、そうした壁を乗り越えるべく、あらゆる場面を想定し、解決方法や対象方法などについて参考にしていただくものです。

 

心が折れる職場の特徴

人生において、壁となるものはさまざまなものが考えられますが、就職してまず最初に挙げられるのは、自分がおもいえがいていたイメージとは異なっていたといったケースです。

最近では、小学校の時分から、職場見学などと、様々な会社を体験する機会も増えてきましたが、そのほとんどがうわべだけを見てしまい、階下の内情などが二の次くなってしまうことも多いものです。

 

きらびやかに見えてもその実情は、気苦労が多かったりすることも多いものですが、なかなかにその内情は見えてこないのが現実です。

実際に、せっかく希望の会社に就職しても、数カ月で退職してしまうといった方も少なくなく、すぐに挫折してしまう方もいらっしゃいます。

 

しかしその一方で、同じ会社に長く務める方もいらっしゃることから、メンタル面の違いによる不適合があるのではないかともいわれます。

 

また一方では、人が集まり長く続きする職場もあり、逆に人集まるがすぐに辞めてしまうといった職場も存在します。

では、心が折れる職場の特徴とは、具体的にどのような職場なのでしょう。

 

急に体重が増えた社員がいたら危険のサイン?

心が折れる感情とは、挫折感や焦燥感・意気消沈や敗北感・悄気込む・委縮など、様々な感情にたとえることができますが、心情的に言えば内心的に一定の支えがあったにもかかわらず、ある出来事により心の支えを失い、意欲がなくなってしまったり、障害にくじけてしまったことを言い現わしています。

 

しかし、人の感情は、なかなか他人では推し量れないもの。

そこで、外部の者は、そうした悩みを抱えている方に対して、いち早く気づいてあげることも大切です。

 

では、急激な体重の増加が、なぜ心が折れる状況と密接な関連性があるのでしょう。

タイプにもよりますが、人はストレスを感じてしまうと、それを和らげるため、自然とストレスを発散させる行為を行います。

 

特に食事は、欲しいものを食べるだけで多幸感が味わえるため、食べることによりストレスを発散させる方も多いようです。

特に、お菓子など甘いものは簡単に摂取でき、高揚感もあることからストレス発散には最適ですが、食べ過ぎによる体重増加の危険性が増してしまうのです。

 

他愛もない話が悪口に聞こえたら危険のサイン?

堅苦しくない雰囲気の職場であれば、仕事中の適度なおしゃべりは許されています。

しかし、誰かのおしゃべりが自分に当てはまるように聞こえてしまうのなら、あなたの精神状態は良くないでしょう。

 

実際にあなたの悪口を言われているケースもないことはありませんが、通常、悪口は本人に聞こえないところで言うもの。

あなたのことを指して話している訳ではないことがほとんどです。

 

職場の同僚を信頼できていない場合、彼らのおしゃべりと自分が気にしている点を結び付けてしまうのです。

幻聴の一種だと思って、ただの世間話であると自分に言い聞かせるようにしましょう。

 

理想的な職場とはどんな職場か?

 特に若者の間で、退職理由として多いのが、自分が思い描いていた職場と違っていたといったような、あまりにファジーな感覚による理由です。

長年その会社にお勤めの方であれば、あまりに不可解な理由だと思われがちですが、そこには意外にも深い心理が存在しています。

 

例えば、「白衣の天使」として表現されることの多い看護師ですが、はたから見れば弱い患者さんを介護し、業務に対して真摯に挑む姿勢はまさに天使そのものといえます。

しかし、実際の職場は戦場に近いものがあり、常に感染症や防菌対策にさいなまれ、病院によってはきついシフトにより、寝る間を惜しんで業務を行わなければならないといったことも少なからずあります。

 

また、上司も含め、あまりにもくだけ過ぎで、私語が多かったり統制のとれていない職場は、やはり問題ありと言わざるをえません。

しかし逆に、あまりにも静かすぎていたり、ちりひとつも落ちていない整然としたオフィスで、機械的でミスも許されない職場も窮屈に感じてしまいます。

 

心が折れる職場を改善する3つの方法

 理想的な職場の定義とは、なかなか一言で言い表すことはできませんが、共通して言えるのは働き手に対して、いかに働きやすい職場であるかという点に尽きるでしょう。

そこで、職場でも働きやすい環境を作り出す為に、三つのポイントに絞って改善していくと、以外にも職場の雰囲気ががらりと変わっていきます。

 

自分のことを話せる環境を作る

 学校を卒業し、特定の企業に就職すると、まず最初に戸惑うのが人間関係だといわれます。

学生の時代は、直接の上司は先生や講師だけで、成績の優劣こそあれど、学生たちはすべてに平等で、平たく言えば同級生は会社の平社員とも呼べるものです。

 

しかし、会社に入社すれば、先輩以外にも各部署に役職を持つ上司がおり、学生時代のように甘い考えは持てません。

どの会社にも言える事ですが、ビジネスの世界ではミスは許されていません。

たとえ凡ミスでも、それが取引き先などにかかわることであれば、上司を伴って相手先へと謝りに赴くといったことも少なくありません。

 

つまり、いつまでも学生時代のように、甘い考えを持っていると、大きなミスにつながってしまうといった危険性があるのです。

とはいえ、従業員たちがリラックスできる状況を作り出すのも、会社の役割です。

 

企業によっては、従業員向けのサロンを設けているケースもありますが、交流の場があるとはいえ、ただ用意しただけでは活用してもらえないこともあります。

こうした自然な交流を楽しむためには、コミュニケーションを円滑に進める為にも、まずは自己開示を行っていく必要もあります。

 

上司が部下に対してサポートする

 一昔前までは、職場を円滑に進めていく意味でも、上司や職場間での飲み会が長い間の慣習として当たり前のように行われてきました。

古い考え方で言えば、こうした飲み会の中で、先輩からのアドバイスを受けることは、仕事のコツや精神面から見てもメリットがありました。

 

しかし現在では、仕事外の時間での付き合いは、時間の浪費と考える若者も少なくなく、またアドバイスを小言と受け取り、逆にストレスがたまってしまうといったデメリットと考える歩調も高まりつつあります。

もちろん、現在でもこうした飲み会が行われていますが、あまり連夜にわたり過ぎてしまえば、弊害となってしまうことを職場の上司は胸にとめておく必要があるでしょう。

 

また、公私混同で、ずけずけとモノを言ったり、無用な仕事を押し付けてしまうのも、ハラスメントと受け取りかねません。

とはいえ、職務に対して、長年のノウハウを持つ先輩たちの言葉は、決しておろそかにしてはならない貴重な意見となります。

そこで、上司の立場としては、無理強いや押し付けとならないよう言葉を選びながら、簡潔にそして的確なサポートが求められています。

 

誰とも話さない日を作らない

文部科学省のゆとり教育の影響か、近ごろの若者はメンタル面に特に弱いと言われています。

また、インターネットやスマートフォンの普及により、より快適なライフスタイルが可能となりましたが、ソーシャル・ネットワーキングの利用が、今では当たり前となってきました。

 

しかし、一方で弊害も指摘されており、近ごろマスコミなどで話題となっている、個人を攻撃したヘイトクライムは、深刻な社会問題となっています。

また、仕事面でもスマートフォンを多用する場面も多く、メールやメッセージなどによる返信を、早く返さなければならないプレッシャーも、心の負担と感じている方も少なくないといいます。

 

そうした中、他人との会話は極力控え、仕事以外にはあまり他人と関わりたくないといった方も増えてきました。

確かに、他者とのかかわりが薄ければ、それだけ心に負担がかからないように見えますが、あまり長期にわたってしまえば、かえって職場で孤立してしまうことにもなりかねません。

 

心が折れる職場を改善する3つの方法を知り、明るい職場に

長い人生、心が折れてしまう場面は、誰しもが体験することです。特に、ミスがほとんど許されない職場において、ちょっとした失敗が大きな挫折を招いてしまう事もあり得ます。

人生の中で、仕事の現場では、少なからずプレッシャーがあるものですが、これまでに解説したように改善策を知り、自らが中心になって明るい職場を取り戻していくのも一つの方法です。

 

ただし、問題点として、自らが役職を持っている立場ならまだしも、入社したばかりの社員が提案するのも考えもの。

そこで、現場の管理職からの意識的な働き掛けが行えるよう、内々に相談してみるのも一つの手です。

 

現場で働いていて、「仕事に息が詰まってしまう」「相談できるものは誰も居ない」「過度なストレス」などを感じたら、自らが自己開示からの問いかけで話を広げ、職場を明るくしていくのもいいでしょう。

ゆとりのある職場をつくることは、働きやすい職場でもあるのです。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。