結婚したくない男性の職業とは?3K→3B→3Sの時代に

ライフスタイル

はじめに

婚活をしている女性にとって、男性の職業は気になりますよね。

年収も注目すべき点ですが、女遊びが激しそうな仕事に就いていると浮気が心配になります。

 

今回は女性から「旦那にしたら危険」と囁かれている職業についてご紹介します。

もちろん、女遊びするか否かはその人の性格によるものなので、鵜呑みにしないようご注意ください。

 

器が小さい人の心理と付き合い方はこちらをチェック。

器が小さい人の心理を理解して付き合い方を知ろう!

 

自分を変えたい心理になるのはなぜ?その際のオススメの行動はこちらをチェック。

自分を変えたい心理になるのはなぜ?おすすめの行動法もご紹介

 

そもそもは『3K』が不人気だった

もはや死語かもしれませんが、『3K』という用語はご存知でしょうか?

「キツイ」「汚い」「危険」の3つの言葉をローマ字にすると「Kitsui」「Kitanai」「Kiken」と3つのKが並ぶことから、誕生した用語です。

 

バブル経済の真っ只中である、1980年代末頃から広く使われるようになりました。

 

当時はマスコミ業界のような華やかな職業が人気を集めており、『3K』に当てはまるような肉体労働を主とする地道な職業は敬遠される傾向にあったのです。

『3K』の職業には危険が伴うため、勤務中の不慮の事故を心配する女性も多くいました。

今では『新3K』と呼ばれている

いわゆるブルーカラーの職業を指していた『3K』ですが、現在は『新3K』という新しい用語に塗り替えられています。

『新3K』は「キツイ」「帰れない」「給料安い」といった言葉から誕生しました。

 

これは長時間労働が常態化している割に給与が低い会社、つまりブラック企業に勤めている方を指しています。

さまざまなブラック企業がありますが、ベンチャー系のIT業界などに多いといわれています。

 

過労死が社会問題となっている現代では、旦那が『新3K』の職業に就いていることは心配の種になるでしょう。

 

付き合うと苦労する職業『3B』の登場

「絶対に彼氏にしてはいけない職業」として、噂されるようになったのが『3B』です。

バーテンダー、バンドマン、美容師の頭文字を取っています。

『3K』とは異なり、シンプルに職業を指しているのが特徴です。

 

バーテンダーは接客業ゆえ、女性との関わりが必然と多くなります。

お酒が入るため、働きながら口説きやすい環境といえるでしょう。

 

話が上手い上に、カクテルを作る姿が格好良く映ることもあって、女性客からモーションをかけられることも珍しくありません。

 

バンドマンは言わずもがな、ステージでのパフォーマンスが魅力です。

楽器を弾けたり、歌が上手だったりと、女心をくすぐります。

女性にモテることが仲間内でのステータスにもなるため、罪悪感なく女遊びする人も。

 

美容師は職業柄、トレンドに敏感でファッショナブルです。

女性の服やメイクを褒めるのも上手く、どこか中性的な雰囲気があるため、女性は心を開きやすくなります。

髪を触られることでドキッとする女性もいるため、恋愛に発展させるのは難しくないでしょう。

『3B』は女性にモテる職業

「絶対に彼氏にしてはいけない職業」とはいわれますが、これはある意味で褒め言葉。

要するに女性人気の高い職業ということですね。

 

ただし、非常にモテる男性なので、本気になってしまうと痛い目に遭うかもしれません。

こちらも遊び感覚であれば、楽しい恋愛ができる相手でしょう。

 

当然、『3B』の職業に就いていても、女遊びをまったくしないという方はたくさんいらっしゃいます。

きちんと人となりをチェックすることが重要です。

 

実は付き合うと苦労する職業『3S』とは?

『3B』の黄金時代は終焉を迎え、今では『3S』が女性にとって危険であるといわれています。

さて、現代で抜群にモテる『3S』とは一体どの職業を指すのでしょうか?

『3S』整体師

整体に通ったことのある女性ならお分かりかもしれませんが、最近の整体師はとてもルックスが良いです。

体育会系特有のさわやかさもあり、元気をもらえますよね。

 

整体は半個室〜個室で施術を行うことが多く、身体のあらゆる部分を触られます。

女性の中には意識してしまう方も少なくありません。

 

施術中、2人きりで話をするうちに仲良くなり、飲みに行くような関係へと発展することも。

整体師と女性客のカップルは珍しくないといわれています。

『3S』消防士

炎の中に飛び込み、身を粉にして市民の命を守る消防士は、勇敢で格好良いですよね。

女性人気の高い職業であり、合コンや飲み会でも受けが良いとされています。

 

消防士は職務上、職場に男性ばかりです。

非番や休暇に入ると女性に会いたくなるのは、仕方ないことかもしれません。

 

女遊びをさせないためにも、仕事のない日はデートの予定を入れるようにしましょう。

基本的には正義感が強い男性ですから、本命になればきっと大事にしてくれますよ。

『3S』スポーツインストラクター

ジム通いしている女性にとって、スポーツインストラクターはキラキラと輝いて見える存在。

たくましい筋肉美と、ハツラツとした笑顔に惹かれますよね。

 

特に筋肉フェチの女性から、熱い支持を受ける職業です。

器具の使い方を教わる際に、キュンとしてしまう女性もいます。

 

女性客がいる中で仕事をするため、男性にその気がなくてもアプローチを掛けられる可能性があります。

スポーツインストラクター目当てでなく、本気で身体を鍛えたいという意志をアピールすれば、親身になってくれるでしょう。

 

まとめ

バブル期の死語『3K』、チャラい男の代名詞とされた『3B』、そして新たに危険視されている『3S』をご紹介しました。

 

しかし、『3S』は女遊びが激しそうな職業というより、単純に女性から惚れられやすい職業なのです。

人気の高い男性を好きになるのは、まったくおかしいことではありません。

「旦那にしたら危険」といっても、2人が確かな関係を築けていれば問題はないでしょう。

 

結婚を考えている男性が『3S』の職業であれば、「モテる男性を手に入れた!」という気持ちで前向きに捉えてみてくださいね。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。