【30代女性の婚活は辛い!】3つのコツを知って幸せになろう

ライフスタイル

30代女性の婚活が辛い理由

最近では、男性も女性も晩婚傾向にあり、40歳を過ぎて初婚だという事も、比較的珍しいものではなくなってきました。

理由はいくつか挙げられますが、大きな一因として女性の社会進出により、働く女性が増えてきたことが挙げられます。

 

しかし一方で、三十路を過ぎれば、結婚はかなり難しくなるともいわれ、婚活に挑戦しても苦しいという声も聞かれます。

そこで、なぜ30代の婚活がつらいのか、その理由と打開策を模索していきましょう。

 

金銭的な辛さも

金銭的な辛さ

学校を卒業し、社会人になって最初に感動するのは、ご自分で初めて手にする給料ではないでしょうか。

学生時代に、アルバイトで収入を得ていたとしても、それはあくまでもバイトであり、臨時雇用です。

もちろん正規の社員なら、様々な税金を差し引かれはしますが、初めての給料は社会人になったのだと、改めて感動を覚える方も多いようです。

 

自分で働いた給料はすべて自分のもの、だからと言って、そのすべてを浪費してしまうのは少し考えものです。

最近では20代までに、結婚の対象となる方が現れなかった場合、30歳を過ぎてあわてて婚活を始めるといった方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、友達の紹介を頼って、異性と出会うことができればお金はそれほどかかりませんが、婚活にかかる費用は思ったよりもかかります。

ただし、結婚相談所などに頼ることにより、確実に出会いが待っていることは間違いありません。

 

30代女性は婚活している自分を自己否定しまいがち

 意外な事ですが、30代での婚活は、結婚の成功率があまり高くないといいます。

なぜかといえば、30代といってもまだまだ自分は若いと考え、20代の頃の考え方とあまり変わらない方が多いからです。

 

バブルの頃は、それなりに年収の高い男性も多く、世の女性たちは三高と称し、高学歴・高収入・高身長といった男性像を求めていました。

しかし、現在そのレベルの男性を探すのは難しく、該当するのは結婚経験のある50代以上の男性に限定されてしまいます。

 

また、30代女性は、自己否定しやすい方が多いようです。

恋愛は、想像以上にカロリーが高く、最終目標を結婚に定めている婚活は、何度も何度も色々な方とお会いすることも多く、かなりエネルギーを消耗してしまいがちです。

自分が断る分はいいのですが、相手から断られてしまえばそれだけ傷つき、あまりにも考え過ぎてしまうことによって、自己否定につながるのです。

 

30代女性の婚活を成功する3つのコツ

女性と比べると、30代の男性は、結婚に関してあまり焦りを感じないといいます。

男性で30歳代といえば、ようやく中堅どころに達し、仕事をバリバリとこなしている方が多いからです。

一方で、世の女性たちは、30歳を過ぎて周囲を見ると、仲の良かった友人たちが結婚し、子供を持つ姿をうらやましく遠目で見るといった姿も珍しくありません。

 

親にも結婚を催促され、相手がいなければ婚活となるのですが、考えなしに婚活することにより失敗が多くなってしまいます。

なぜなら、20代と同じように考える30代の女性は、婚活に挫折感を感じてしまい、20代の頃のギャップを肌で感じてしまうことが多いからです。

そこで、30代の婚活を成功させるためにも、いくつかのアドバイスを提案しましょう。

 

30代女性の婚活を成功するコツ1.期待や執着を捨てる

 現在、30代の男性サラリーマンの年収は、およそ400万円程度といわれています。

バブル期の平均年収が、600万円クラスだったことを考えれば、かなり目減りしていることがお分かりいただけるでしょう。

これは、全体的に景気が低迷しているということもありますが、大きな要因はデフレ経済による影響がかなり大きいと言われています。

 

また昨今では、新型コロナウイルスの影響により、コロナ倒産も随分と増えてきました。

最近の大きな経済危機といえば、リーマンショックが記憶に新しいところですが、今回の新型コロナウイルスの影響は、これを大きく上回るものと予想されています。

さらにコロナの影響で、働き方改革によるテレワークのような在宅勤務も増えつつあり、さらに年収が下がってしまう恐れがあります。 

 

最近では、バブル期の3Kになり替わり、3Cいわゆる、収入・学歴・階層の高い者との結婚となり、現在では話しが合う・性格の良さ・収入が上位人気となっています。

時代によって、男性に求めるニーズも変わってきますが、ご覧のようにあまり期待や執着を持ち過ぎてしまうと、婚活に失敗しやすいと言えるでしょう。

 

30代女性の婚活を成功するコツ2.積極的に行動する

30代での婚活のアドバイスとして、積極的に行動していくということが挙げられます。

現代男性は、以前と比べてみても、草食系男子がずいぶんと増えてきているといいます。

いわゆる引っ込み思案で、異性に対してあまりズケズケとものを言えず、何事に対しても消極的な態度をとってしまうタイプです。

 

これは、気が弱い・主張できないといったものではなく、異性に対して気後れしてしまうのが一因だと言われています。

いわゆる、あがり症や人見知りといった方が多いのですが、婚活の場で男性も女性もこうしたタイプの組み合わせになってしまうと、結婚もかなり難しいものになってしまいます。

 

そこでアドバイスするのが、女性側から率先して積極的に行動してほしいという点です。

相手から声がかかるのを待つのではなく、自分から率先して声を掛け、自分の未来に対して本音で向き合い、自ら相手探しを積極的に進めていくことこそ重要なポイントと言えるでしょう。

 

30代女性の婚活を成功するコツ3.今の現実と向き合う

30歳を過ぎてしまえば、いくら若く見られるといっても、自身の10代や20代の頃とは全く違います。

実際に身体の老化は、20歳のころにはすでに始まっているともいわれ、明らかに若い頃の自分とは異なってくるのが常です。

 

そこで、ぜひアドバイスとして贈りたいのが、今の現実と向き合うということです。

 それでもなおかつ、私はまだまだ若いから大丈夫、と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、自分の考え方と世間の見方には大きなズレがあることを肝に銘じておく必要があります。

 

例えば高齢出産ですが、医学上35歳以上の初産婦は、高齢出産と定義づけられています。

それでも、1991年以前までは、30歳以上が高齢出産といわれていましたので、以前よりも年齢は引き上げられています。

 

 したがって、きちんとしたあっせん所で、婚活をしているからと言って、そのうちうまくいくだろうといった甘い考えは捨てましょう。

今の現実をしっかりと直視しなければ、幸せな婚活は呼び込めないでしょう。

 

30代女性に向いた婚活とは

婚活では、出会いの数を増やすこと、そして質のよい出会いを増やすことが必要です。

確実な出会いを求めるなら結婚相談所が最適ですが、同時に多くの人と出会うことはできません。

 

気軽に参加できる街コンやお見合いパーティーも積極的に利用してみましょう。

費用も高くないので、毎週末参加できますよ。

 

また、最近ではマッチングアプリを使った婚活も人気です。

Pairsエンゲージ、ゼクシィ縁結び、Omiaiといったアプリに登録してみましょう。

 

30代女性の婚活では、固定概念や先入観を持たず、さまざまな婚活方法にトライしてみることが重要です。

ひとつの方法に絞らず、手を広げることで出会いのチャンスが飛び込んできますよ。

 

30代の婚活は辛いけど幸せになろう

アドバイスの総括として、現実と向き合う・積極的な行動・期待や執着心を捨てるということをあげましたが、決して自分を安く売るということではありません。

婚活は、あまり高望みをし過ぎないのが良く、自分のギャップを埋めていく過程が婚活の在り方なのです。

 

また、ほかにもアドバイスとして、長期的な婚活を考え、自らの考え方を変えていき、自分のよいところを探す、あるいは作り出していければベストです。

たとえ結婚相談所に、高い費用を支払ったとしても、必ずしも結婚に結び付くものではありません。

何かと悩みがちの30代婚活ですが、一つのステップと考え、悩みを解決するのも前向きな方法です。

 

さらに言えば、自分一人で悩まずに、結婚相談所のスタッフや、気心の知れた友人などに気軽に悩みを打ち明けていくのも良い方法です。

近い将来、理想の相手とめくりあえるよう、しっかりと自己を磨きながら成婚に向けて、着実に歩みを進めていきましょう。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。