2020年の天赦日は7回!最も開運の日を知っておこう

ライフスタイル

はじめに

天赦日は最上の吉日で、かつては日本の文化に密接し、様々な行事が行われました。縁起物や各種神事や行事と連動していたことでも知られています。

 

近年ではカレンダーも洋風化し、日本の文化や伝統が薄れつつある傾向がありますが、実は知っておくと開運に一役買ってもらえるかもしれません。今回は天赦日について詳しく解説していきます。

 

天赦日とは

天赦日は最上の吉日とされる日です。結婚や入籍、宝くじの購入や財布の新調などを行うのに適している日とされています。何かおめでたい出来事がある場合はこの天赦日に合わせるのが基本です。

 

さらに天赦日が一粒万倍日と重なる日はより最高の開運日といわれています。2020年は天赦日が7回存在し、最も開運の日を知って行動を起こすというのもひとつの方法です。

 

吉日も凶日も信じるか信じないかどうかは人それぞれであるものの、できるだけ幸運をたくさん呼び込めるようにしたいと考える方も少なくないでしょう。新しい1年がよりよいものとなるように、天赦日を意識しての対応をしてみてはいかがでしょうか。

 

何か行動を起こすときに天赦日に合わせることができるのならそうしたいと考える方も多いものです。大吉以上の吉日といわれており、年に数日しか存在しない貴重な日となります。

 

日々の生活を送るにあたってこの天赦日を意識しながら行動をし、幸運を自らの選択によって呼び込んでみてはいかがでしょうか。

 

天赦日は財布を変えるタイミングにオススメ

天赦日は財布を変えるタイミングとしてベストといわれています。金運アップの要因となるといわれている財布を変えるタイミングをどこにするかを考えるのなら天赦日を選択してみてはいかがでしょうか。

 

お金が貯まるようにという願いを込めて財布を買い替える方はなおのこと天赦日は意識した方よいでしょう。1~3月、9~11月などが狙い目の財布を変えるタイミングです。

 

どのタイミングで財布を変えるかは実用面を考慮するのはもちろん、願掛けを意識したうえでのタイミングを考慮する方も少なくないでしょう。春はお財布にたくさんのお金が入るように、秋は財布が実るようにといった願掛けをする方も多いものです。

 

吉日や凶日を信じるかどうかは人それぞれ異なるものの、何か願掛けをしたいといった場合には天赦日は財布を変えるタイミングとしてベストということを頭に入れておいての対応をしてみてはいかがでしょうか。

 

2020年の天赦日は7回あります!

2020年の天赦日は7回あります。

  • 1月22日
  • 2月5日
  • 4月4日
  • 6月20日
  • 9月2日
  • 11月1日
  • 11月17日

が該当します。

これらの2020年の天赦日に合わせて結婚、入籍、結納などをしてみてはいかがでしょうか。

 

おめでたい出来事を行うにあたってこの2020年の天赦日に合わせることを重視する方も多いです。大安以上の吉日といわれており、貴重な日です。合わせて一粒万倍日や寅の日と重なっている日も確認しておいた方がよいでしょう。

 

銀行口座の解説、財布の新調、宝くじの購入などを行うのもよい日といわれています。一粒万倍日と重なる日は特に要注目です。2020年の天赦日に合わせることができるのなら合わせたいと考える方もいるでしょう。

 

おめでたい出来事はおめでたい日に行うたいと考えるのは当然です。2020年の天赦日に合わせることができるのなら選択してみてはいかがでしょうか。7回もあるからこそ合わせるのはそう難しくはありません。

 

天赦日以外にも開運の日が

天赦日以外の開運の日となるのは一粒万倍日や寅の日です。しっかり天赦日と合わせて一粒万倍日や寅の日と重なっているのかをチェックするのがおすすめです。

開運の日については信じるかどうかは人それぞれであるものの、注目するのがよいでしょう。

 

開運の日を選択しておめでたい出来事を行うことによってさらに運を呼び込めるかもしれません。

 

一粒万倍日

一粒万倍日は何事も始めるのによい日とされており、特に仕事始めや開店などの日に選択されることが多いです。何か新しいことを始めるのに最適な日とされており、余裕があるのなら開運日に合わせたいと思う方もいるはずです。

 

会社を設立したり銀行口座を作ったりと新しいことを始めるのにうってつけの日です。あまり開運日を気にし過ぎるのは行動しにくくなる理由となるものの、合わせることができるのなら選択したいと考える方も少なくありません。

 

他の暦注と重なる場合があるのが注意点で、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増して凶日と重なると半減するといわれています。これらの点についてもしっかり覚えておいた方がよいでしょう。

 

寅の日

寅の日はお金を使っても戻ってきてくれるという意味があり、商売繫盛や金運を気にされる方にとって狙い目の日です。お財布を購入したり使い始めたりといった日に選択されるものです。

 

金運の願い事を叶えたいといった場合にはこの寅の日を選択してみてはいかがでしょうか。寅の日を選択するのが縁起がよいとされており、選択できるのなら選択したいと考える方も少なくないはずです。

 

虎の縞模様は金運の象徴とされており、金運を上げるには大変効果があるといわれています。一方で結婚や葬儀には不向きといわれる日です。これらのことを総合的に加味したうえで選択するかどうかを決めるのが望ましいといえるでしょう。

 

2020年の一粒万倍日と寅の日

2020年における一粒万倍日は1月22日、6月20日です。寅の日は2月5日、4月5日です。これらは基本的に縁起のよい日とされており、おめでたい出来事を行うのにピッタリの日です。

 

天赦日と重なっている場合も少なくなく、できるだけ幸運をたくさん呼び込めるようにするのが望ましいです。望むべく1年を送るにあたって願掛けをしたいと思う方も少なくないはずです。年に数日しかない貴重な日となります。

 

2020年の一粒万倍日と寅の日を理解したうえで選択できるのなら選択したいと思う方も多く、縁起を担ぐ方は特に要注目となります。開運日を選択することによって新しく始めることがあるのなら、選択するのにうってつけです。

 

【番外】不成就日もあります

何も成就しないといわれている不成就日があります。結婚、開店、願い事、納車などを始めると凶とされている日です。一粒万倍日や天赦日などの吉日が不成就日と重なることによってその効果が半減するといわれています。」

 

1ヶ月に4回ある不成就日を選択しないに越したことはありません。もちろんこの不成就日を信じるかどうかは人それぞれであるものの、縁起が悪いことは嫌いであるのならあまり選択しない方がよいでしょう。

 

縁起のよい日もあればそうでない日もあることをしっかり認識したうえで、選択するかを考えるのがよいでしょう。もちろん、あくまでも自己都合優先で考える方もおり、絶対に選択しないといけないわけではありません

 

2020年の天赦日は7回!最も開運の日を知っておこう

2020年の天赦日は7回あり、一粒万倍日や寅の日と重なるとさらに幸運をたくさん呼び込めるといわれています。逆に不成就日も存在しており、何も成就しないといわれていることを覚えておいた方がよいでしょう。

 

最も開運の日を知っておくことで選択することができる場合もあるでしょう。こういった願掛けを全くしない方もいれば、できるだけ優先したいと考える方もいるものです。どちらであっても知っておいて損はありません。

 

これらの開運の日はそうでない日を気にするかどうかの問題ではあるものの、選択できるのなら選択したいと考える方が多いです。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。