器が小さい人の心理を理解して付き合い方を知ろう!

ライフスタイル

はじめに

器が小さい人とは、親しくなりたいと思っても理解が難しいと感じる場面もあるかもしれません。

でも相手の思いを知るようにすると、上手に付き合えるようになる場合が多いのです。

今回は器が小さい人の心理について、深くお伝えしていきましょう。

 

協調性のない人の特徴はとは?こちらをチェック。

協調性のない人の特徴と向いている仕事について

 

集中力を上げる!ハイパーフォーカス状態の作り方とは?こちらをチェック。

集中力を上げる!達人のハイパーフォーカス状態を作り出そう

 

慎重になりすぎてしまう

器が小さい人は新しいことや今まで知らなかったものに対して、冒険心を持てない場合が多いのです。

自分の中に取り入れてみたいと考えたとしても、もし実際に取り組んだ時に失敗をしてしまったら怖いと考えるので、慎重になりすぎてしまうのでしょう。

 

これなら絶対に成功するというものにしか、気持ちが向かないというケースが多いのです。

本当はもっといろいろなことができるタイプの人でも、萎縮してしまっているように感じた時には、例えば自分が楽しんでいる趣味について誘ってみたり、新しい情報を伝えてみたりするとよいですね。

 

一人で何か行動をしなければいけないと考えると、より慎重になってしまうため一緒に行動してくれる人が現れると、嬉しい気持ちになれるのです。

 

自分の考えを通したい

自己中心的な面があり、常に自分をメインとして考えている傾向にあるでしょう。

自分のことだけで精一杯になってしまい、人のことまで考える余裕がないケースもあるのです。

このため自分の考えをとにかく主張したいと考えていて、相手の意見や思いを聞かない場合もあるでしょう。

 

本当は自分の考えが正解なのかわからないと思っていても、堂々と伝えることによってそう思わせたい気持ちがあるのです。

 

でももっと効率的な方法があると感じた時には、相手にアドバイスをしてみるようにしましょう。

この時にはあまり高圧的な態度を取らずに、穏やかに話をするのが必要になるのです。

 

傷つくのが怖い

新しい物事に対してなかなか認めることができないのは、自分を守りたい気持ちが強いからでしょう。

今まで自分なりにこれが正しいと思ってきた方法や内容について変えてしまうと、結果として自分が傷つく可能性があると考えているのです。

 

このため今よりもスキルアップしたいと思っていても、それに対する不安を感じやすくなるのでしょう。

「今までの自分でやってこられたのだから、このままでいよう」という気持ちがあるのです。

周りから保守的なタイプの人だと思われたとしても、構わないという思いもあるのでしょう。

 

革新的な内容に対しては、取り入れることによって自分を変えなければいけないと思うので、受け入れられない気持ちがあるのです。

 

もし興味本位で取り入れてしまうと、これにより自分が傷つく結果になると恐れているのでしょう。

実際に目の前で新しい物事に対して取り組んでみて、それが問題なくスムーズに進むということを相手に伝えてあげるのが必要になるのです。

 

自慢をする機会が多い

見栄を張ったり自慢をしたりする場面が多いのが、器が小さい人の特徴でもあるでしょう。

人からできるだけ、魅力的な存在だと思われたい気持ちがあるのです。

 

そういう自分でなければ、周りから認められないと考えているのでしょう。

このため無理をしすぎているケースもあるのです。

いつも自慢話をしてくると周りが思うと、避けられてしまうリスクもありますよね。

 

でも自分の中でまだ自信がもてない部分が多いため、自慢をすることによりそれをカバーしたいと考えているのでしょう。

 

相手の長所を褒めるようにしたり、一緒に成長していこうと伝えたりすると、見栄を張ったりする場面が減る可能性があるのです。

自分は一人ではないと思うことができると、これが安心感に繋がるのでしょう。

 

自分の非を認めない

もし自分がミスをしたり非があったりしたとしても、それを認めないのも器が小さい人に多いことなのです。

認めてしまった段階で、責任を負わなければならなくなるので、人のせいにしたいという気持ちもあるのでしょう。

 

周りから責められたとしても、何とか言い逃れをして自分のしたミスではないと認めないのです。

これについてはもし自分がミスをしたとしても、誰もフォローしてくれないと考えているのが理由でもあるでしょう。

 

でももしミスだとしても、周りがきちんとフォローするというように伝えると、やっとそこで自分が間違っていたと認めるケースが多いのです。

 

一人で何でも抱え込んでしまう性格の人の場合もあるので、できるだけ心に寄り添い支えてあげるようにすると、少しずつでも心を開いてくれる可能性が高いでしょう。

 

まとめ

器が小さい人は、自分なりに精一杯努力をしている可能性もあるのです。

できればもっと堂々として、心を広く持ちたいと思っていてもすぐにはそれができない場合もありますよね。

 

でも人の力を借りて、少しずつでも成長していくこともできるのです。

このため相手に対して避けるのではなく、受け入れる姿勢を見せるようにするのが大切になるでしょう。

 

今のままの自分でも受け入れてもらえると感じると、器の小さい人であっても気持ちが穏やかになり素直に接してくれるようになるのです。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。