【LINE/Twitter】4大SNSの違いと特徴とは?【Instagram/Facebook】

ライフスタイル

はじめに

皆さん、どのSNSをよく使いますか?

友人との交流や思い出の写真を投稿する場として使われてた時代十に過ぎ、今や情報収集やビジネスに活用している人が多いと思います。

 

今回は日本で今よく使われているの4つのSNS「LINE」「Twitter」「Instagram」「Facebook」に注目しました。

それぞれの特徴やユーザーの使い方の違いを知ってSNSを最大限に活用しましょう。

 

スマホのアップデートはしていますか?更新しない場合のリスクについてはこちらをチェック。

スマホアップデートしないとどうなる?更新しない場合のリスクについて

LINEの特徴

日本で生活する上で必須なSNSアプリとも言えるLINE。

2021年4月時点では8600万人が使っているデータが出ています。

 

無料でメッセージや通話が出来ることから一気に連絡手段として浸透したアプリです。

その為世代に偏りなくユーザーの幅が広い事が特徴です。

 

LINE NewsやLINE Pay、LINE Mobileなど生活に必要な基盤をLINEアカウントで補えるのも多くの人に支持される理由です。

 

その絶大な利用者数から、企業がオフィシャルアカウントで情報発信したり広告を打ち出したりマーケティングの視点からも注目されています。

年々成長を続けるLINE、その可能性は計り知れません。

 

Twitterの特徴

最新の情報を調べたい時はTwitter一択でしょう。

140文字の制限がある投稿なので短文や一言だけの投稿でも受け入れられるのが他のSNSと異なるユニークなポイントです。

 

リツイート機能が特徴的で、ユーザーのリアクションが反映しやすく「バズり」やすいSNSでしょう。

共感を得る事が出来ればフォロワーが少なくてもお気に入りされたり、ユーザー間でのやりとりが活発です。

 

有名企業のCEOやビジネス系の情報発信ユーザーの投稿が支持されやすく、フリーランスや業務委託向けの仕事案件が募集される事も度々あります。

 

また、地震が起きた時はニュース速報よりもTwitterで検索した方が早く情報を得られるとも言われています。

今後要注目の音声チャットサービス「Space」やオンラインショップとの連帯機能などTwitterの進化に期待です。

 

Instagramの特徴

公用語とも言える「インスタ映え」が生まれたSNS。

その言葉の通り投稿する写真の世界観や魅力が全てのツールです。

 

おしゃれな写真が支持されるのはもちろん、画像に文字入れした情報発信系ユーザー、漫画を連載するユーザーなどジャンルが多様化しています。

 

写真だけでなく動画投稿機能もアップデートの度に充実し、最長1時間の動画を投稿出来る「IGTV」や人気動画投稿SNSのTikTokに負けを取らない「Reel」機能、ライブ配信機能などがあります。

 

インターネット普及時にネットサーフィンが止まらなかった様に、Instagramに溢れる様々なコンテンツのおかげでインスタフィードサーフィンが止まらない方も多いでしょう。

 

ショッピングアプリ「BASE」との連携が出来るので投稿の世界観を気に入ったユーザーが新規顧客になる可能性も高く、多くブランドや小売店がアカウントを持つのは当たり前になっています。

 

有名ブランドだけでなくハンドメイド作家まで平等に発信出来るのが特徴です。

「インスタグラマー」と言う存在が認知されましたが情報発信が支持されると個人のアカウントでも多くのフォロワー獲得が期待できます。

 

またトレンドに敏感な発信者が多いので最新の流行を調べるにも最適です。

雑誌のお気に入りページだけがフィードに流れている様な、ユーザーの「好き」にフォーカスできるSNSと言えます。

 

Facebookの特徴

実名で登録する点が他のSNSと異なる特徴。

知り合いとの繋がりがベースになるため身内向けな投稿が多いですが、炎上の心配が少なく安心です。情報発信よりもユーザー同士の繋がりが重視されています。

 

その信憑性の高さからLinkedinといったビジネス系SNSとの連携が出来るので身分証明になる一面もあります。

 

Facebookの傘下のInstagramとは簡単に連携出来る仕組みなので、個人でビジネスをする場合はFacebookとInstagram両方のアカウントを持って置くことで相乗効果が狙えます。

 

投稿は自由度が高いブログ形式なので長文の投稿も可能。アルバムを作って大量の写真をアップデート出来るのも嬉しいポイントです。

 

世界で一番のユーザー数を持つSNSなので、海外に友人が多い人はFacebookアカウントを持っていて損しません。海外だとLINEに変わってメッセンジャーでやりとりをする人も多いです。

 

まとめ

連絡や支払い手段に使う「LINE」、速報調べるなら「Twitter」、トレンドを知る為の「Instagram」、知り合いで繋がり交流する「Facebook」似ているようで異なる4大SNSを比較しました。

情報で溢れる世の中ですが、使用目的によって使い分ける事でSNSを活用してより生活を豊かに出来るでしょう。

 

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。