iOSとAndroidの違いと特徴・スマホOSで使いやすいのはどっち?

ライフスタイル

はじめに

スマホが生活の一部として欠かせない今の時代、どのような機能や使い方を求めるかによって、OSの選び方も意識することが大切です。

 

スマホを購入する際は、スマホのデザイン性や付帯されている機能、サービスなどが気になりますが、その土台ともいえるOSiOSAndroidのどちらが使いやすいのでしょうか。

 

OSとは何か

出典:smapho station

 

あらゆるスマホが誕生する近年、よく耳にするのが「iOS」と「Android」という言葉。これはOS(オペレーションシステム)のことで、アップル社が開発したiPhoneにはiOSGoogleが開発したスマホにはAndroidというOSが搭載されています。

 

一般的な使用なら、さほどOSは意識しなくても大丈夫かもしれませんが、よく使う機能やこだわりがある部分は、OSによって使い勝手が大きく異なる場合があります。

 

メール、チャット、カメラ機能、ゲーム、動画視聴などの主なスマホの機能は、どちらにもあるとされています。根本的な違いが見えてこないという人もいるようですが、それぞれの好みがあるため、特徴を理解しておくと選びやすくなるでしょう。

 

iOSの特徴について

iPhoneユーザーは世界的にとても多く、使い方に慣れてしまった人なら、今さらOSを変えることは考えないかもしれません。そもそもiOSは、近年更新ごとにさらに自由度を上げ、機能も増えています。

 

ただとても一貫性がある反面、柔軟性が低く、カスタマイズしにくいことがデメリット。iPhoneの利用者は多いため、操作や設定でわからないことがあっても、誰かに相談しやすいことはメリットになるでしょう。

 

またiOSはマルチタスク管理力がありますので、複数の作業を同時進行させられることが魅力。たとえばバックグラウンドで音楽を再生しながらメールの文章を書くなど、ビジネスシーンでも便利に感じるはずです。

 

メモリ管理に関しても、iOSはメインのアプリへのメモリ容量を割り当てながら、バックグラウンドのアプリのメモリ使用量を減らすといったバランスのよい動きも快適に使える特徴があります。

 

Androidの特徴について

日本国内ではiPhoneのほうが圧倒的に多いようにも感じますが、徐々にAndroidのシェア率が高まっています。世界的に見るとサムスンのAndroidが約21%Apple14%となっていますので、Androidのほうが多いことになります。

 

iOSとの違いは、若干コンピューター関連の知識が豊富なほうが使いやすいこと。デバイスを使いこなしたい人や、自分好みにカスタマイズする人には、あらゆる選択肢があるので楽しめます。

 

たとえば特定のファイルを起動する際にアプリを指定したり、対話型ウェジェットをホーム画面に追加したりするといったことも可能。

またプルダウン式の通知バーには、ショートカットボタンが機能的に配置されていますので、かなりアクセスしやすいことも魅力といえるでしょう。

 

近年人気があるおサイフケータイも、Androidのほうが豊富にあるので、あらゆるシーンで機能性に満足できるはずです。

 

iOSAndroidの違いで知っておきたいこと

どちらも甲乙つけがたい魅力があるiOSAndroidですが、現実的にどちらがよいか、操作や機能をiPhoneAndroidで比較してみましょう。

まずAndroidは、端末本体にサウンドスイッチがないものも。またiCloudと動機ができない、アプリのインストールはGoogle Playストアを使う必要がある、アプリのアカウントはGoogleアカウントを使うことになるなどの特徴もあります。

 

ではiPhoneですが、アップルIDの取得が必要になることや、充電器がライトニングタイプになっている、SDカードの挿入口がない、Google Playストアからアプリがインストールできないといった違いもあるのです。

 

スペックの違いについて

iOSAndroidの違いは、スマホのスペックもよく比較して選ぶとよいかもしれません。iOSを搭載しているのはアップル製品のみですが、Androidはサムスンやソニーからも端末が販売されています。

 

スマホ本体のスペックは機種やモデルによっても異なりますが、画面サイズや機能性を豊富な選択肢から選ぶのであれば、Androidを搭載している端末のほうが多いため、さらに自分の好みに合わせやすくなります。

 

たとえばiPhone12ProGalaxyS20のスペックの違いを比較してみます。iPhoneは大きさが6.1インチに対して、Galaxy6.2インチとほぼ同じ。

画素密度はiPhone460ppiで、Galaxy566ppiになります。ストレージ容量がiPhone64256512GBありますが、Galaxy128GMのみです。

 

生体認証は、iPhoneは顔認証に対してGalaxyは指紋認証・虹彩認証・顔認証が可能です。

 

使いやすいのはどちらか?

 

iOSAndroidの違いは色々とありますので、最終的に優れているのはどちらかを判断するには、結局のところ自分が使いやすいと思う感覚や操作性などの慣れが影響します。

 

どのスマホがよいか、OSだけでは決められないため、スマホ以外のデバイスで何を使用しているか、自分の傾向を考えてみることもオススメです。

 

たとえばパソコンがApple製品かどうか、Googleドキュメントを仕事で使うかなど。利便性は人によって違うポイントを意識するはずなので、どこを優先するかの比較ポイントを自分なりに決めておくとよいかもしれません。

 

まとめ

スマホひとつで買い物までできる便利な時代。全ての機能を使いこなしている人は少ないかもしれません。もっとスマホ生活を快適にしたい場合は、OSの違いも少しだけ意識してみましょう。

 

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。