ライバル視する心理にはどのような思いが関係している?

ライフスタイル

はじめに

ライバル視する心理には、様々な思いが関係している可能性があります。

でもあまりライバル視をされても、どうしたらよいのか悩み対応しづらいケースもあるでしょう。

 

このような時のために今回はライバル視する心理について、詳しくお伝えしていきますので参考にしてみてください。

 

クレーマーになる心理をチェック!

クレーマーの心理になるのはなぜ?病気ではなく、こんな意外な思いも関係する!

 

化粧品が欲しくなる心理をチェック!

化粧品が欲しくなる心理には気持ちの変化も関係している?

 

成長するためにライバルを求める

自分自身が成長するためには、ライバルの存在が必要だと考える人もいます。

このためライバルとなる相手を求めている場合もあるでしょう。

 

実際に「この人はライバルになりそう」と思う人が現れた時には、これが成長できるよいチャンスだと考えるのです。

 

張り合うことによるメリット

相手と張り合うようにすると、例えば仕事では今まで以上の成果を出そうと思えるかもしれません。

そして普段よりもモチベーションアップできていると、自分に対して感じる場面もあるのです。

相手にはそのつもりがなくても、ライバル視をされてしまうことも。

 

相手と張り合うような言動をすることにより、自分自身が今まで以上に心身ともに強くなっていくと実感できる場合もあるでしょう。

このため「やはりライバルは必要」と思う人もいるのです。張り合える相手がいなければ、現状維持のままになってしまうように感じるのでしょう。

 

ライバルになれるかどうかチェックをする

自分にとってライバルと呼べる相手なのかどうかを、チェックするようにしている場合もあるのです。

様々な面で自分と近いと感じる相手を見つけると「この人ならライバルになれそう」と思うかもしれません。

 

例えば仕事の面で相手の提案してきた内容を聞き、それよりも上司から選ばれそうな提案をしようとする思いもあるでしょう。

これについては相手の提案力に対しては認めているのですが、自分の方が上のはずだという自信もあるのです。

 

ここでどちらが選ばれるのかを確認することで、相手が選ばれたとしたら今後はライバルと思うようにしようと考えるケースもあるでしょう。

 

自信を持ちたい

今の自分よりも自信を持つためには、人よりも優れた人物になることが理想的だと考えているのです。

このためにライバルを見つけて、ライバル視する心理が働くケースもあるでしょう。

 

自信を与えてくれる

ライバルの存在は自分に自信を与えてくれるものだと、思い込んでいる人もいるのです。

これはライバルに対して、自分なら必ず勝てると思っているからでしょう。

 

でも実際には、ライバルに負けてしまうケースがあるかもしれません。

このような時には自信をなくして、落ち込んでしまう可能性もあるのです。

 

今よりも自信を持ちたいという思いから、人をライバル視するのを習慣づけてしまうと、結果として苦しんでしまうリスクがあると把握しておきましょう。

時には自信を与えてもらえるのですが、時には自信をなくすかもしれないと思うようにすると、ライバルに対しての考え方も変わってくるのです。

 

自信のつけ方が分からない

日頃から自信をつけたいと思っていても、自信をつけるための方法が分からずに悩む人は多いでしょう。

こういう中で「ライバルと呼べる存在を持てば自信がつくのでは…」と考える時もあるのです。

 

実際に今まではライバルと呼べる人が周りにいなかったけれど、探して見つけることができれば、自分の中で変化を期待できるように感じる場面もあるでしょう。

このままでは自信のない状態で日々を過ごしていくように感じて、不安につながってしまうのです。

 

でもライバルを持ち、それによって得られるのは自信だけではないように思うケースもあるでしょう。

このため日頃から自分にとって気になる存在については注目をするようにして、ライバルになる可能性があるかどうかをチェックしている例もあるのです。

 

ライバルがいることで満たされる

ライバルがいると思うと、満たされた気持ちになる場合もあるのです。

相手に対してストレートに「これからもライバルとして、よろしく」と言う場面もあるでしょう。

こう言えることに対しても、これからの日々が満たされたものになる確信を持っているのです。

 

視野を広く持てる

日々を自分との戦いのように思うと、苦しくなってしまう場合もありますよね。

気持ちが弱ってしまいそうな時に、弱い自分に負けたくないと思い頑張りすぎてしまう性格の人もいるでしょう。

 

でもライバル視する心理が働くと、自分と向き合いすぎずに視野を広く持つことができるのです。

これを感じるので、今後も相手をライバルだと思おうとするのでしょう。

 

視野が狭くなりがちなタイプだと自分に思う人は、あえてライバルと呼べる存在を見つけようとします。

そして実際に見つかったのなら、これで今までよりも気持ちを楽にして過ごしていけると思う場面も。

 

変化を感じたい

日々が同じことの繰り返しだと感じると、刺激を求める場合もありますよね。

このような時にライバルが現れると、日々が大きく変わるように感じるケースもあるでしょう。

 

そして変化に対して楽しむ余裕が出てくるかもしれません。

ライバルに対して勝ちたいという思いを持つようにすると、今までの自分の中に眠っていた闘争心を感じる場合もあるのです。

 

本当は自分が負けず嫌いな性格だったと知ると、新しい自分の一面を知ることができて嬉しく思うかもしれません。

何か変化がほしいと日々に対して思っていたけれど、実はそれはとても簡単な方法だったと分かるケースもあるのです。

 

変化を感じると「これからは満たされた日々が送れる」と思えるようになるかもしれません。

満たされた気持ちを与えてくれたライバルに対して、感謝の気持ちを持つ可能性もあるのです。

 

自分に厳しくいたい

自分を甘やかすよりも、厳しくいたいと考えるタイプの人もいます。

このタイプの人は自分にとってライバルだと思う人を見つけると、その人に負けないためにと思い、より自分に厳しくなるでしょう。

そしてこういう自分の方に対しては、納得していて変えたくないと思う気持ちがあるのです。

 

甘やかすことが嫌い

自分を甘やかしてしまうと、これまで積み上げてきたものを失いそうで不安だと思う時も。

でも自分に厳しくしていけば、きっと今後も自分の中で守りたいと思うものを守り続けられると感じるのでしょう。

 

守りたいものとしては、プライドだったり信念だったりするかもしれません。

人から見て「それぐらい、たいしたものではない」と思われたとしても、自分にはとても大切にしているものが人によってあるものですよね。

 

この思いをこれからも持ち続けるために、自分に対して厳しくいたいのです。

そしてこのために必要となるのがライバルの存在なのでしょう。

 

人と比較をすることも大切

人と自分を比較して、振り回されてしまうのは避けたいと思う人は多いでしょう。

でも時には人と比較をするようにすると、得られるものもあるのです。

 

こう考えた時に自分自身をもっと鍛えるためにと思い、身近にいる人をライバル視する心理になることもあるでしょう。

人と比較をして今の自分がどのようなポジションにいるのかを、確認したい思いもあるのです。

 

このうえで自分に対して、どう厳しくしていくべきかを決めることができる場合もあるでしょう。

 

まとめ

ライバル視する心理になるのは、自分を今よりもレベルアップさせたい思いが関係している可能性が高いのです。

このためライバルがいないと感じると、張り合いがなくモチベーションも下がってしまうタイプの人もいるでしょう。

 

もしライバルになりそうな相手を見つけた時には、必要以上に敵対心を持つのではなく、相手との距離をうまく取りながらやりとりをすることが理想的ですね。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。