単純作業が苦手な人へ!飽きない工夫を知って楽しむコツ

ライフスタイル

はじめに

単純作業に飽きてしまうという人はとても多いですよね。仕事だけではなく、自宅にて作業することもあるでしょう。

コツコツと同じ作業を続けていくということが得意な人もいますが、苦手だと感じる人もいるのです。

今回は単純作業に飽きない工夫を知って、うまく楽しむためのコツをお伝えしていきましょう。

 

ライバルを見つける

もし一人でずっと単調な作業を続けていくとなると、苦しくなってしまうものかもしれません。

でも同時に誰かと一緒に作業することによって協調性も生まれるのですが、ライバルとして相手を見ることができるでしょう。

 

能力を競い合う

どちらの能力の方が上なのかを競い合おうとすることによって、単純作業に対して飽きずに取り組めるようになるのです。

早く完成させること以外にも、丁寧に仕事や作業ができるのも能力のひとつになるでしょう。

 

ライバルがいるからこそそれができると感じると、相手に対して敵というよりも同志のように感じるのではないでしょうか。

同じような能力だと感じる相手であれば、なおさらこの機会にお互いが成長する良いチャンスにつながるのです。

 

知人や友人を誘ってみる

自宅にて単純作業する必要がある時には、知人や友人を誘って一緒に作業していく方法もあるでしょう。

手伝ってもらうということになるのですが、相手に対して少しライバル心を持つようにすると、飽きずに作業を続けていくのが可能になるのです。

 

相手よりも自分の方が手先が器用だと感じたり、細かいことに気がつくと分かったりする場合もあるでしょう。

逆に相手の方が自分よりも優れているという面も見つけられるかもしれません。

こういった時間を持つようにすると、単純作業に飽きずに楽しんでいくことができてくるのです。

 

休憩をとるようにする

単純作業に飽きない工夫としては、あまり根を詰めすぎないのも必要でしょう。

少し疲れたなと思った時には、休憩をとるようにしてみると良いですね。

 

自分の好きな飲み物を飲む

自宅であれば自分の好きなものを食べたり、飲んだりすることもできるかもしれません。

でも職場の場合は自分の好きな飲み物を飲むようにして、少し心を休めるようにしてみましょう。

 

寒い季節であれば、出来るだけ温かいものを飲むようにすると心も温まって、穏やかな気持ちになることができるのです。

そして作業を再開しようという気持ちに、自然になれる可能性が高いでしょう。

 

休憩時間を決めておく

何時から休憩をするので、何時まで作業を続けると最初に決めておくようにしましょう。

「○○が出来るまで作業を続ける」と決めてしまうことにより、だんだんと飽きてきてしまうのです。

もう少ししたら休憩時間だからと思うようにすると、頑張っていくことができる場合が多いでしょう。

 

休憩時間をこまめにとるようにするというのも良い方法です。

集中力が続かなくなると飽きやすいケースが多いため、こまめに休憩時間をとるように最初から考えておくのも、単純作業に飽きないためには必要でしょう。

 

自分にご褒美を与えるようにする

休憩時間に食べ物や飲み物を口にするというだけではなく、この作業を終えたら自分に何かご褒美をあげようと決めておくのも、単純作業に飽きないためには良いかもしれません。

どのようなご褒美の内容があるのでしょうか。

 

欲しいものを購入する

自分の好きなものを購入するのを、自分にとってのご褒美にする人もいます。

買い物に行かなくても、ネットで購入することによって簡単に手に入れられますよね。

前から欲しいと思っていたものに対して、この作業を終えることによって購入できる、手に入ると思うことでモチベーションアップにつながるのです。

 

でも欲しいと思うものに対しては、優先順位をつけておくと良いですね。

あまり豪華なものをいつも自分のご褒美として考えておくと、なかなか手に入らない場合もあるでしょう。

ある程度簡単に手に入るような金額のものを、ご褒美にしておいた方が良いかもしれません。

 

話したい相手と話す時間を持つ

この作業を終えた後には、話したいと思う相手と話をしよう、LINEをしてみようというようにするのも自分へのご褒美になるでしょう。

作業しているうちは作業のことしか考えないため、自分へのご褒美について忘れてしまうケースが多いのです。

でも作業に対して頑張った自分に、自分の求めることを与えてあげるようにすると、単純作業に飽きない工夫になるでしょう。

 

質を極めるようにする

作業を終えて仕上がったものに対して満足感を得られたとしたら、それはとても嬉しいことですよね。

例えば量がとても多いような作業だとしても、質を極めるようにすることによって飽きずに楽しんで取り組んでいけるのです。

 

量だけにこだわらないようにする

実際に量を求められるような作業もあるかもしれません。

でもたとえ量は満たされたとしても、質が足らないということになるとやり直しになってしまうケースもあるのです。

そして量をこなせばよいと考えることによって、作業自体が楽しいものではなくなってしまうでしょう。

 

量も大切ですが、それと同じぐらいに質を大切にするように意識をしてみましょう。

自分にとって満足できる質のものを作れると感じると、自信に繋がってくるのです。

そして質の高いものを作り出せるようになってくると、今後は今までの量よりも多くのもの生み出せるようになるかもしれません。

 

納得のいく質のものを追求する

自分にとってこのような質のものを仕上げたい、作りたいというようにしてイメージしてみましょう。

どのぐらいの質であれば納得できるのかを考えてみるのも必要です。

 

ただ表面的には出来上がっているけれど、あまり質が良くないものもありますよね。

もしくは表面的にはあまり美しくなくても頑丈だったり、使い勝手が良かったりするものもあるでしょう。

 

自分の求めている質とはどういうものなのかを追求していくうえで、作業していることが楽しくなってくるのです。

そしていつの間にか「こんなに集中できるなんて…」と、自分でも不思議な思いをする場面もあるでしょう。

 

質の良いものが出来た時には報告をする

自分にとって質が良いものが出来たと思った時には、信頼できる人に報告をするようにしてみましょう。

自分のしてきた作業に対して誰も認めてくれないと、この作業に意味があるのだろうかと悩んでしまうケースが多いのです。

 

でも自分のしてきたことを認めてもらえれば、これから先もこの作業をしていけると思える可能性が高いでしょう。

実際に質の高いものが出来た時には「〇〇さんに伝えるようにして、見てもらおう」と思うことによってやる気が出てくるのです。

 

それを見て相手が褒めてくれたり、自分の努力を認めてくれたりすると、今後も単純作業であっても飽きずに楽しんでいけるでしょう。

 

まとめ

単純作業に飽きないためには、様々な工夫を試してみるのが必要になります。

すぐに飽きてしまうと自分で感じるのなら、飽きる理由についても考えてみるようにしたいですね。

飽きない工夫を知るようにすると、今後単純作業が苦ではなくなり、自分から進んで行うようになることもあり得るのです。

 

今までは苦手だったけれど、楽しいと思うことが増えたというように感じて、他の作業や仕事に対しても前向きになることができるかもしれません。

コツコツと単純作業ができる人を見習うというのもひとつの方法です。

どのような思いで作業に取り組んでいるのかを聞いてみると、新しい発見もあるでしょう。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。