PMSを改善する方法。生理前・生理中は「無理をしない」でリラックスしよう

ライフスタイル

はじめに

生理前になるとヒステリックになったり落ち込んだりと、心のバランスが不安定になることはありませんか?

生理前に起こる精神的なストレスなどはPMSの一種であり、生理を迎えるためのホルモンの影響で起こっています。

PMSの精神的なつらさは解決するには、生理前・生理中に頑張ることをセーブしてみましょう。

 

耳にするけど詳しく知らない。LGBTQ +とは?こちらをチェック。

LGBTQ+層の日本の市場規模は5.42兆円?!ストレート層の意識も分析

 

スウェーデンの性教育事情。早くに学んだほうが良い理由。こちらをチェック。

スウェーデンでは性教育を5歳から学ぶ!?その深い理由を解説

 

PMSによるストレスは「頑張る」でなりやすい

生理前に体調不良が起きるPMSは、精神的なストレスも症状に含まれます。

PMSで心が落ち着かなくなる人は責任感から何事も頑張ってしまうために、精神的なストレスを感じやすいです。

 

心が不安定になる人は努力家が多い

生理が来る前の女性の体はホルモンなどの影響で、とてもデリケートな状態になっています。

生理本番の時期も体に無理をするのは良くないですが、生理直前の期間も無理をしてはいけません。

真面目で努力家の人は生理本番でも直前でもいつもと同じように頑張ってしまい、心身を酷使してしまう傾向があります。

 

無理をしてはいけない時に無理をするのは、もちろん体にとって大きな負担です。

精神手にも疲れがたまるので、生理前の心の状態が不安定気味になります。

PMSでストレスの症状がある場合は、自分が体に無理をさせていないかチェックしてみましょう。

 

生理前は心身を休める

PMSによるストレスの症状をどうにかするには、生理前は無理をしないことが有効な解決策となります。

体がデリケートな状態の時でも頑張ってしまうことがストレスの原因なので、生理前の心と体は休めませてあげてください。

生理本番の期間も心身を休めることが望ましく、無理をすることは避けた方が良いです。

 

無理をしないようにといっても、家のことや仕事で思うように休めないという人もいます。

そういった場合でも家事は料理や洗濯を手抜きしたり、仕事は残業をしないようにするなどして可能な範囲で心身への負担を減らしてみましょう。

 

ライフスタイルの見直しもPMSの改善になる

PMSで起こる様々な症状は、ホルモンバランスの崩れも一因にあるのです。

ライフスタイルの仕方はホルモンバランスに関係するので、生活習慣を見直すこともPMSの改善に役立ちます。

 

日々の生活は女性ホルモンにも影響する

忙しい現代人の生活は睡眠不足や栄養不足になりやすいとされていますが、体の状態は女性ホルモンの分泌にも影響します。

女性ホルモンは脳から分泌されていて、睡眠不足になると正常に分泌されにくいです。

栄養不足でビタミン類がしっかり摂取できていない場合も、女性ホルモンの分泌量の低下を招くことになります。

 

夜更かしが多く食事もジャンクフードやコンビニ弁当が多いという生活を送っている方は、PMSの改善のために日々の生活を改めることがオススメです。

 

睡眠・食事・運動について心がける

PMSを改善するためのライフスタイルの見直しとして、睡眠をきちん摂る・栄養バランスの良い食事を摂る・適度な運動をするようにしましょう。

 

睡眠時間は7時間前後を理想として、最低でも6時間は寝ることです。

良い眠りをもたらすホルモンの分泌が深夜あたりに活発になるので、午前0時前に就寝するとタイミングが合います。

携帯やパソコンのブルーライトは睡眠の質を悪くするため、寝る前は使わないようにしましょう。

 

食事は野菜多めのメニューにして、脂質が多い肉類やバターなどの動物性タンパク質は控えめにすることが必要です。

食事の味つけは健康のことも考え、塩分と糖分を抑えた薄味がオススメとなります。

 

筋肉をつけると血行が促進されてホルモンバランスの働きが良くなるので、毎日の習慣に運動も加えていきましょう。

ハードな運動よりもヨガやウォーキングなど、体に負荷がかからない運動の方が続けやすいです。

 

良い睡眠と食事、適度な運動を心がけると、PMSの状態もだんだん良くなっていくでしょう。

 

身体を冷やさないことも大切

生理痛は身体の冷えと密接に関係しています。

シャワーで済まさずゆっくり入浴して身体を芯から温めたり、冷たい飲み物を飲まずに白湯やノンカフェインの温かいお茶を飲むように心掛けましょう。

 

腹巻きやカイロ、レッグウォーマーを活用することもオススメです。

貼るタイプの使い捨てカイロを用意して、インナーの背中部分と下腹部分にひとつずつ貼ると、痛みが和らいで感じられますよ。

腹巻きは最近ではボディウォーマーといわれ、可愛いデザインのものも多く販売されています。

 

また、コーディネートは下半身を冷やさないように組み立てましょう。

生理前・生理中はミニスカートやショートパンツを避けてください。

下にタイツを履いてからロング丈のパンツを履くことで、お腹周りが冷えにくくなります。

 

症状の重い場合はピルなどの薬を併用する方法がオススメ

PMSは人によって日常生活に支障が出るなど、重い症状に悩まされることがあります。

症状が重い人の解決策として、PMSに効く薬も併用を検討してみましょう。

 

薬によるホルモンコントロールの効果

PMSに効果がある薬は、ピルなどのホルモン剤や漢方薬となります。

ホルモン剤と漢方薬はホルモンバランスをコントロールする効果があるので、生理前のホルモンの状態で起こる不調を予防・緩和させることが可能です。

 

ピルなどのホルモン剤は薬の中に卵巣の動きを抑える成分が配合され、ホルモンバランスの状態を安定させる作用があります。

卵巣に働きかける薬はPMSにも効果があり、症状が重い人は服用すると調子が変わってくるでしょう。

 

漢方薬も卵巣や子宮に作用する成分が含まれた種類があるので、それを服用すれば改善が期待できます。

漢方薬は自然の植物が原材料となり、ホルモン剤よりも体に優しい薬です。

体に安全な方法を好まれる場合は、漢方薬によるホルモンコントロールが適しています。

 

栄養サプリメントも効果がある

メディカルハーブといわれるチェストツリーの栄養サプリメントも、PMSの症状を緩和させる効果があります。

チェストツリーはホルモンバランスの安定を促すので、PMSに対しても使用が可能です。

 

チェストツリーのサプリメントは毎日摂っても良いですが、生理予定日の2週間前から14日間摂るだけでも大丈夫です。

排卵する時期に合わせて摂るようにすれば、毎日摂らなくてもホルモンに働きかけてくれます。

 

薬が苦手という人はチェストツリーのサプリメントを、PMSの改善のために試してみてはいかがでしょうか。

 

PMSの精神的不調を乗り切るにはゆっくり過ごすこと

生理直前の体はいつもより力が出ない状態なので、基本的に無理をするべきではありません。

PMSを乗り切るには頑張りすぎないで心身のリラックスを第一に、ゆっくりと過ごすようにしてください。

規則正しいライフスタイルの実践や、重い場合は薬などの力も借りる方法も合わせて行い、生理前でも快適な生活を目指しましょう。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。