結婚相談所は結婚しやすい?おすすめの選び方と活用法について

ライフスタイル

出典:ブライダルサロン・ビリーブ

はじめに

結婚相談所は結婚しやすい場所だと、婚活方法の中では思われやすいですよね。

重要なのは結婚相談所の選び方、そして活用法なのです。

 

これらについて理解をすれば、婚活の成功率はかなり高くなるでしょう。

今回は結婚相談所をどう選ぶべきか、そして活用の仕方についても詳しくお伝えしていきますね。

 

結婚相談所の種類について理解することが必要

結婚相談所には大きく分けて3つのタイプがあります。

これらについて把握をしたうえで、一番自分に合うスタイルの結婚相談所を選ぶようにしましょう。

 

仲人型

専任のカウンセラーやコンシェルジュが、会員のサポートをしてくれるのが仲人型の結婚相談所です。

こちらが希望する相手の条件を伝えたうえで、合う相手を紹介してもらうことになるでしょう。

このうえでお見合いの申し込みをして、相手が申し込みに応じたのならお見合いが成立します。

 

お見合いの日程調整についても、結婚相談所のカウンセラーがしてくれますので安心して任せることができるでしょう。

婚活経験がない人や、異性とのやりとりについて不安を感じる人なら、仲人型の結婚相談所は婚活がしやすいのでおすすめです。

 

データマッチング型

希望の条件を設定して、自分で合う異性を捜していくのがこのタイプの結婚相談所です。

担当者による差異が生じにくいというメリットがあるでしょう。

 

でも専任のカウンセラーがいないので、これにより不安感を覚える時もあるのです。

自分のペースで、好きな時間に婚活をしていきたいと思う人にはおすすめですね。

 

データ上でお見合いの申し込みができて、相手から申し込みをOKされたかを見ることができるので、とても便利といえるでしょう。

気軽で楽な婚活をしたいと思う人なら、データマッチング型の結婚相談所を選びたいですね。

 

ハイブリッド型

仲人型とデータマッチングの両方を活用できるのが、ハイブリッド型の結婚相談所です。

つまりは専任のカウンセラーに相談をすることができたり、自分でデータから検索をしたりするのも可能になるでしょう。

 

柔軟性のある婚活をしたいと思う人なら、ハイブリッド型の結婚相談所を選ぶとよいですね。

婚活をしっかりと真剣に行いたいと思う人なら、できれば仲人型とデータマッチング型の良い所を取りたいと思うもの。

この願いを叶えてくれるのが、ハイブリッド型の結婚相談所なのです。

 

大手の結婚相談所と個人経営の結婚相談所について

大手の結婚相談所と個人経営の結婚相談所が存在しますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

この内容についても、知っておくようにしましょう。

 

大手の結婚相談所について

大手の結婚相談所は、全国規模で展開をしている場合が多いです。

このため名前を聞いたことがある人も多いでしょう。テレビのCMなどで、その存在を知った人もいるはずです。

 

大手の結婚相談所を選ぶメリット

自宅や職場から近い場所に店舗がある可能性が高いので、すぐに入会ができるでしょう。

大手と聞くと、安心感を持つ人もいますよね。

会員数についても、個人経営より多いイメージを持つかもしれません。

 

実際に結婚相談所を選ぶのなら、大手にしておけば大丈夫だろうと考える人もいます。

例えば自分自身が転勤や引っ越しの必要があった時などに、引っ越し先の地域にも店舗があるので引き続きサポートを受けることができるでしょう。

 

大手の結婚相談所のデメリット

大手の場合は一人のカウンセラーが数名の会員を担当するケースが多いです。

こうなるとどうしてもサポートが手厚くできない可能性も。

 

このためサポートをもっとしてほしいと思う人にとっては、物足りなさを感じるかもしれません。

親身になって相談に乗ってくれるというイメージよりも、事務的な扱いを受けるケースもあるので、婚活や結婚についての不安があっても相談できない場合もあるでしょう。

 

個人経営の結婚相談所について

個人経営の場合は、規模にかなり違いがあります。

でもある程度大きな規模で経営している結婚相談所なら、信頼できる場合が多いでしょう。

結婚相談所の実績などもよくリサーチをしたうえで、候補として考えてみることが大切です。

 

個人経営の結婚相談所のメリット

一人の会員に対して一人のカウンセラーが付くケースが多いので、手厚いサポートをしてくれると期待できます。

親身になってくれる姿を見て、相談がしやすいと思う時もあるでしょう。

 

二人三脚で婚活をして、結婚に対して進んでいけるような一体感があります。

相談や悩みについても一人で抱えずに、カウンセラーに相談がしやすいでしょう。

 

店舗の雰囲気も様々ですので、豪華な雰囲気が好きな人やアットホームな感じが好きな人など。

自分の好みに合う居心地のよい結婚相談所を、選ぶことができるでしょう。

 

個人経営の結婚相談所のデメリット

大手の結婚相談所よりも、月会費が高いケースもあります。

このため大手の結婚相談所の方が、全体の料金が安いと感じる人もいるでしょう。

 

これについては、サポート費が関係していると思うようにしたいですね。

個人経営の場合は、引っ越しなどをした際は退会せざるを得ないケースもあります。

 

自分の家や職場に近い場所にある結婚相談所で、魅力を感じる個人経営の場所がちょうどあればよいのですが無い可能性もあるでしょう。

 

結婚相談所の活用法について

結婚相談所については、年代によってプランやコースが分かれている場合があります。

そしてキャンペーン期間なら、入会金が半額になるかもしれません。

このためどの時期に入会をするのか、タイミングを見極めるようにしましょう。

 

無料カウンセリングに行ってみる

いくつかの結婚相談所の候補を探して、無料カウンセリングに行ったうえで比較検討をするようにしたいですね。

こうすると自分に一番合う結婚相談所を、選ぶことができるのです。

 

比較対象があると、自分が本当の意味で求めているものが分かりやすいでしょう。

自分の性格に合うのはこの場所だと、見つけられる可能性も高くなります。

 

連盟について

結婚相談所には連盟がありますので、できれば多くの連盟に加盟をしている結婚相談所を選んだ方が、会員数が多くなるため理想の相手と出会いやすくなるでしょう。

でも会員数だけではなく、会員の質や層についても事前に結婚相談所に問い合わせをして確認をしておく必要があります。

ハイスペックな男性と出会いたいと思うのなら、こういった男性がどのくらい会員として在籍しているのかを知っておく必要があるでしょう。

 

お見合いについて

生まれて初めてのお見合いの時にはかなり緊張をしますが、普段出会うことが出来ない職業の人や、年収の高い相手に出会えるのが結婚相談所の魅力でもあるのです。

お見合いについては、できれば申し込みを女性からもして経験を積んでいくようにしたいですね。

 

お見合いが成功をした場合でも、他の男性とお見合いをして仮交際という期間を設けている結婚相談所は多いです。

そして「この男性と将来を考えてお付き合いしたい」と思う男性を見つけた時には、真剣交際をすることになるため、それまでは様々な男性を見ておくようにしたいですね。

 

まとめ

結婚相談所は自分に合う場所を選び、上手に活用をすると成婚率を上げるのが可能になる場所です。

自分が結婚相手や結婚生活に何を望むのかを、一度じっくり考える時間を持つようにしましょう。

 

このうえで最もその理想に近い結婚ができる、結婚相談所を選ぶことが大切です。

焦ったり勢いだけで決めたりせずに、よくリサーチをして冷静な気持ちになり、充実した婚活の出来る結婚相談所を見つけるようにしましょう。

 

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。