女性への顔採用の多い業界は?企業側の第一印象をよくする方法

ライフスタイル

はじめに

顔採用は女性にもあるの?と思うと、不安を感じる時も。

でも実際にイメージする顔採用と、企業の言う顔採用は意味が違う可能性もあるのです。

今回は顔採用が女性にもあるのか、そして面接や入社後に印象をよくする方法についてお伝えしていきましょう。

 

第一印象はかなり重要

初対面の相手に対して、何を一番に見るのかと言えば、やはり相手の顔や印象ですよね。

これについて理解をしたうえで、面接を受ける必要があるのです。

顔に目が行くことが多い

人が相手の顔を見るのは、相手の顔のつくりが気になる場合もありますが、これは「どのような雰囲気の人だろう?」と思う気持ちが強いからでしょう。

挨拶だけをした間柄では、相手のことが分からないと思うケースも。

 

このため相手の顔を見て、表情について興味を持つことが多いのです。

つまりは面接で顔をじっと見る面接官がいるとしても、顔採用をしようとして見ているわけではなく、雰囲気を見ているだけの可能性が高いでしょう。

ヘアスタイルについて

ヘアスタイルについても、面接では意識する女性は多いですよね。

面接を受ける企業に合うヘアスタイルを選ぶことが理想的です。

 

派手すぎず地味すぎず、雰囲気のよいヘアスタイルとはどういうものなのか、事前にリサーチをしておくとよいですね。

少し意識をするだけで、かなりイメージが変わるものです。

 

ヘアサロンにて「今度このような企業で面接を受ける予定です」と相談をすれば、合うヘアスタイルをスタッフが提案してくれるでしょう。

自分で似合っていると思うスタイルと、プロから見る似合うものは違う場合があるのです。プロのアドバイスを参考にする柔軟性を持つようにしてみましょう。

メイクについて

顔採用が気になる人にとっては、メイクもどうしたらよいのか悩んでしまうものです。

メイクが派手なものになると、採用されないような気持ちになることも。

 

でも実際にはそのメイクが合うものであり、感じがよいと思われたのなら特に問題はないのです。

実際にどのような職業に就きたいかにより、メイクについても研究をしてみるとよいですね。

 

このうえで履歴書用に写真を撮影するのも大切でしょう。

自分に合うメイクだと思っても、実はそうではないケースもあるのです。

 

これについても美容部員に相談をすると、合うメイクを教えてくれるでしょう。

このうえで理想的なメイクで面接に向かえば、自信につながりやすいのです。

 

清潔感が求められる理由

顔採用をする際は、清潔感があるかどうかも関係しているといわれています。

逆にいうと清潔感があれば、ほとんどのことは問題がないケースもあるでしょう。

なぜ清潔感が求められるのか、その理由について見ていきます。

同じ職場で働きやすいから

職場で働く時に、やはり清潔感のある人の方が接しやすさを感じる人は多いですよね。

オフィスで不潔な雰囲気のする人を見ると、モチベーションが下がってしまうかもしれません。

 

でも清潔感のある人を見ると爽やかな気持ちになり、一緒に仕事をしていきたいという気持ちになりやすいのです。

面接時の見た目について、どこまでこだわればよいのか悩む時もあるでしょう。

でも実際に鏡を見て、面接に行く前にスタイルをチェックすると、足らない部分などが分かってくるはずです。

細かいところもチェックが必要

靴の先などが汚れていたり、ネイルがとても派手で清潔感がなかったりすると、マイナスイメージを与えることになりかねないでしょう。

ネイルについては、例えば美容関連やアパレル系の仕事に就きたい場合は、センスの良さを評価されるケースもあります。

 

でもこれについても、やはり清潔感があることは大切でしょう。

面接を受けて入社した後に、オフィスにてどのようにしてその人が行動をするのか、それを面接官はイメージしているのです。

この時にオフィスの中で問題なく、周りが違和感を覚えずにいられる人かどうかを、面接官は見ていると思って間違いないでしょう。

清潔感のある人をお手本にする

周りに清潔感があると感じる人物がいるのなら、お手本にさせてもらうとよいですね。

自分だけではなく、自分と接する相手のためにも雰囲気をよくする努力をしている人もいます。

 

このようなタイプの人は、顔採用がある企業でも採用されやすいでしょう。

自己満足ではなく、相手がどう思うのか、どう感じるのかを意識する自分になろうと考えると、清潔感が必要不可欠だと気付くことができるのです。

 

写真撮影をする時のポイント

履歴書に貼る写真については、書類選考においてもとても重要なものといえるでしょう。

写真撮影をする時のポイントについて、いくつかのものをお伝えしていきます。

笑顔を意識する

あまり固まった雰囲気ではなく、柔和なイメージの方が印象がよいでしょう。

そして笑顔でいることも必要になります。

この時には歯を見せて笑わずに、口角を上げることを意識しましょう。

 

誠実な性格であることをアピールするためには、あまり笑顔になりすぎずに適度に穏やかな表情で撮影をすることが理想的です。

面接の時にも同じように言えますが、笑顔を見せればそれでいいと思い笑顔を見せすぎることにより、不真面目に思われてしまうリスクがあるのです。

身なりを整える

写真を撮影する時には、女性もスーツ姿が多いですよね。

この時に首元などをきちんとして、身なりを整えましょう。

 

表情にだけ気を取られてしまい、つい身なりにまで気が回らない人もいます。

でもこの写真が自分の人生を左右するものになると思うと、身なりについてもしっかり整えようと思えてくるもの。

身なりがきちんとしている人だと写真を見て判断をされると、書類選考に通りやすくなるでしょう。

 

こういう面でも「顔採用」と呼ばれるものが関係してくるのです。

つまりは企業側は「顔」を見ているのではなく、清潔感及びマナーやルールが守れる人物かを、写真や雰囲気により判断するのでしょう。

 

特に顔採用の多い業種について

顔採用の多い業種を理解しておくと、例えば自分の容姿に自信がある人は、面接を受ける気持ちになりやすいでしょう。

顔採用が多いのは、どのような企業なのでしょうか。

アパレル業界

アパレル業界といえば、煌びやかで華やかなイメージがありますよね。

実際に美しい人がアクセサリーをつけていると、とても高級に見える可能性もあるでしょう。

このためアパレル業界や宝飾品業界に興味のある人なら、今よりも美しくなる努力をして、印象や雰囲気を良くしておくとよいでしょう。

テレビ業界

テレビ業界に興味のある人なら、やはり自分を今以上に高めようと思う気持ちが強いものでしょう。

見た目の良し悪しにより、仕事の与え方が変わってくる可能性もあります。

 

実際にテレビを見ていて「雰囲気のよいアナウンサーだな」と思う瞬間もありますよね。

こういう理由もあり、顔立ちを重視するケースがあるのです。

美容業界

元々「美」を販売しているような業界であれば、美しい人が採用されやすくなることは想定できます。

美しい肌の人からメイク用品を購入したいと思うのは、消費者なら当然の気持ちかもしれません。

でもこの場合は顔立ちというよりも、肌の美しさの方を重視するケースが多いでしょう。

 

まとめ

顔採用は女性に対して、完全にないとは言えないのが現状でしょう。

でも顔立ちの良し悪しというよりも、雰囲気がよいかどうかの方が大切な場合が多いのです。

 

このため顔立ちに自信がないと思っても、雰囲気や印象を良くする方法は多くあると思うようにしてみましょう。

このためにはメイクであれば美容部員に、ヘアスタイルであればヘアサロンのスタッフに、そしてファッションであればショップの店員に相談をしてみると、自信を持って面接に行くことができるようになれるのです。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。