【ハワイ移住】失敗しないためのポイント5つ。知らなきゃ損します!

経済/ビジネス

はじめに

ハワイといえば楽園のようなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。観光地として各地から多くの人が訪れるためハワイにとても良いイメージを持って憧れている人も少なくありません。


しかし何も知らず憧れだけで移住を決めてしまうと、後々こんなはずではなかったと後悔してしまう恐れもあります。


そうならないためには、いくつか知っておくべきポイントを理解した上で移住するかどうかの決断をするようにしましょう。

 

ハワイ移住を失敗しないためのポイント5つ

ハワイへの移住を考えているのであれば、まずは移住を決断する前に知っておくべきポイントが5つあります。1つ1つを確認して、それでも移住後に生活をできるという人が移住を決断しましょう。

 

でなければ、移住後に大変な思いをしてしまう可能性があります。では、気になる5つのポイントを1つ1つ確認して今一度移住ができるかを考えてみましょう。  

 

1.物価が高いことを知っておく 

 ハワイの生活の特徴として、物価がとても高いという点があります。実際に憧れを抱いてハワイに移住してみると、生活がつらくなってきてしまう人も少なくありません。

 

それは物価の高さによって生活が苦しくなってしまうためという理由があるためです。ハワイは物価が高いですが、給与レベル自体は日本よりも少ない傾向にあります。

 

生活に出ていくお金は多いのに、入ってくる収入が少ないことによって少しずつ生活がひっ迫されて行ってしまうケースが後を絶ちません。

 

実際生活をしようとすると、家賃や各種ローンなど毎月かかるお金もあるので、働いていて収入がしっかり入っていればなんとか生活することが出来たとしても、ちょっとした病気やケガをすることで働けない期間が発生してしまった時に生活がきつくなってしまうという難点があるので注意しましょう。

 

理想と現実が違うことも

ハワイに対して楽園のようなイメージを抱いていると、ハワイ暮らしをしている著名人などの姿を見てハワイに行けば夢のような優雅な生活ができると想像してしまっている人も多いのが現状です。

 

しかし今一度考えてみてほしいのが、ハワイに移住しているような著名人は仕事によってしっかりとした財産を築いているということです。一般的な人と稼いでいる金額が桁違いなんです。

 

だからこそ、物価が高いハワイに移住しても難なく生活をするということが実現できています。知らず知らず理想が高くなってしまっていると理想と現実のギャップに悩まされてしまうことになります。

 

実際ハワイに移住して仕事もせずに専業主婦としてのんびり生活なんていうのは裕福な家庭でなければ難しいことです。一般的な家庭であれば、共働きでないと生活が成り立たないという可能性もあるので注意が必要です。

 

2.ハワイは思っているよりも田舎 

ハワイはリゾート地として有名な場所です。そのため遊びに行く場所などもある都会を想像している人も居るかもしれません。

 

しかしそこで注意しておいてほしいのがハワイという場所は多くの人が想像しているイメージよりもずっと田舎感のある場所であるという点です。確かにハワイはリゾート地としては規模が大きな場所ではあります。

 

しかし買い物や食事をするとなった時に行けるような場所というのは数える程度というのがハワイの現状です。お店や遊べる場所などがいっぱいあるというイメージを持っている人にとっては向かない場所です。

 

しかしハワイには都会にはない自然が感じられる場所があるので、自然豊かな場所で生活をしたいという人にであれば向いている場所かもしれません。

 

3.英語は必須 

ハワイでは主に英語を使って会話をします。ハワイは比較的リゾート地のため日本語が通じる場所であると言われています。しかしそれは観光目的でハワイに来ているからこそなんとかなっているという部分があります。

 

実際にハワイで済むとなれば日常生活の中で英語を喋らなければいけないシーンが多く、英語が分からないと生活で苦労する点が増えていきます。

 

実際ハワイに移住して仕事をするとなった場合はTOEICの点数を求められるというケースも多くあります。

 

実際ハワイで生活をすることを考えると、TOEICで高い点数を出せる状態にしていないと不安を感じるかもしれません。英語が話せない人の場合は、まず移住の準備をする前に英語の勉強から始めなければいけなくなってしまいます。

 

4.医療費が高い

 ハワイで気を付けておかなければいけないのがその医療費の高さです。人の身体はいつ病気になってしまったりケガをしてしまうかというのは予測ができません。

 

実際ハワイだと簡単な検査を行うだけでも100ドル単位の請求がきてしまうというのが当たり前になっています。さらにちょっとした施術であっても数百万円の請求がきてしまうというのもハワイの医療の特徴です。

 

日本では国民健康保険のように医療費の負担を減らすような仕組みがあります。しかしハワイでは日本のような仕組みは存在していません。

 

基本的にハワイでは保険に加入するのが一般的なので、保険料は日本よりも比較的安めだとは言われています。


しかし保険自体の構造も日本のものよりも複雑化しているとも言われているので分からない部分も多々出てきてしまう可能性があります。保険の加入にしても専門家への相談などが必要になってくるでしょう。


健康面は生活の中で重要な部分なので、特に医療費の問題はしっかりと考えなければいけません。

 

約束を破られることもよくある

日本人というのは比較的真面目で礼儀正しい人が多い傾向にあります。そのため長く日本で生活をしていればその真面目さや礼儀正しさが普通のことだと知らず知らずのうちに思ってしまっている可能性があります。

 

しかし国民性というのは国によって大きくことなるため、日本の国民性が普通だと思っているとハワイに行ったときにしんどくなってしまうかもしれません。

 

ハワイの人々はのんびりとした気質を持っており、約束をしていても約束の時間に遅れるなんてことも多いです。さらに電話をすると相手にいわれてもかかってこないことも日常ではよくあることです。

 

そのためそのハワイの人々の気質を許せないとハワイで生活をしていくのはストレスが溜まってしまうおそれがあります。 

 

ハワイ移住にはビザも必要  

ハワイに移住するとなった場合はビザが必要です。ハワイに永住を考えているという人の場合はグリーンカードの取得が必要になってきます。

 

グリーンカードの取得自体はなかなかハードルが高く、一般的には雇用を通じた移民か雇用を生み出す投資を通じた移民で取得を目指す人が多い傾向にあります。

 

雇用を通じた移民の場合は、グリーンカードが認められるような日系のハワイ法人企業に就職するというのが望ましい形です。さらに雇用を生み出す投資を通じた移民の場合は設立してすぐには認められません。

 

現地の人々を雇いまとまった金額の売り上げを数年間維持して実績を積まなければいけません。その間は観光ビザでその期間を上手く乗り切る必要があります。

 

ハワイに移住する際は資金の準備を 

ハワイに移住するという場合はどうしてもお金がかかってしまいます。賃貸に住むにしても1000ドルくらいかかってしまいます。

 

普通に生活をするだけでどうしても毎月2000ドルから3000ドルはかかってしまうので、お金に余裕がないと節約をした窮屈な生活を強いられてしまうことになるかもしれません。

 

働きながら生活をしていくのか、貯金を切り崩して生活をしていくのかにもよって生活のスタイルは変わってきます。しかし日々お金がかかるという事実は変わらないので資金の余裕はあるに越したことはありません。

 

もしもハワイに移住をしようと思っているのであれば、毎月かかる生活費のことやいざ病気やケガをしてしまった時のことも考えてまとまった額の資金を用意しておきましょう。

 

ハワイ移住を失敗させないためにポイントを理解しておこう 

実際にハワイの現状を知ると、イメージも変わってくる人も居るでしょう。しかし本来のハワイとはどのようなものか真実を知っておくのはハワイ移住をする前に重要なことです。

 

なにも考えず理想だけでハワイに移住して生活が厳しくなってすぐに日本に戻ってきてしまってはただただお金を無駄にしてしまうことにもなってしまいます。

 

そうならないためには今回ご紹介したポイントを理解し、本当に生活ができると確信しハワイに移住したい気持ちが変わらなかった時に行動に移すようにすると安心です。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。