情報格差(デジタル・デバイド)とは一体何?世界中で問題に!?

経済/ビジネス

はじめに

インターネット全盛の時代を迎え情報をどのように収集、分析するのかということが注目されるようになりました。

 

現在、このような情報を収集する能力に個人差があることを情報格差(デジタル・デバイド)と呼ばれるようになり、格差が発生していることが注目されました。

2020年を迎え、この問題が世界的にどのように注目されているのか解説していきます。

 

暗号資産(仮想通貨)をわかりやすく解説!こちらをチェック。

話題の暗号資産(仮装通貨)とは?わかりやすく解説します!

伸び続けている仮想通貨。ICOのメリットやリスクはこちらをチェック。

【仮想通貨】ICOってなに?IPOとの違いやメリット、リスクなどをご紹介

 

情報格差とは 

情報格差は今の時代において大きな問題にとなっています。

インターネット全盛の時代において、情報格差が広がることによって使える人とそうでない人の格差はどんどん広がっていくものです。

 

情報収集が今後さらに重要となっていくからこそ、仕事においてもプライベートにおいてもプラスに作用するために情報収集力を身につけることが重要となっていきます。

簡単に考える問題ではなく、自分の人生を左右する問題と考えた方がよいでしょう。

 

デジタル・デバイドとも言われる

情報格差のことをデジタル・デバイドといわれることもあります。

これは言葉の意味としてはまったく同じであるため、どちらを使ったとしても問題はありません。異なる意味と認識してしまうことが最も大きな問題になります。

国際間デジタル・デバイド 

国際間デジタル・デバイドとはそれぞれの国で見た情報格差を意味します。

発展途上国とそうでない国では大きな情報格差が生じており、今後予算の関係もあってインフラ整備ができないといった問題が生じるかもしれません。

 

情報格差が広がっていくことによってそれぞれの国が豊かになったりさらに貧困が広がっていったりと、将来性が大きく変わるのは間違いなく、各企業においても情報収集力によってどういったデメリットがあるのかを考えないといけません。

個人間、集団間デジタル・デバイド

個人や集団での情報格差は「個人間・集団間デジタル・デバイド」と表現されます。

数多くの情報を持っているだけで儲けを多くできたり損失を少なくできたりとプラスに作用することがたくさんあります。

 

何も情報を持たないことによって大きな問題に発展することも少なくありません。

個人の年齢や所得による所有する情報端末の違いといった情報格差が生じるのはいうまでもありません。

 

情報格差を利用した大きな事件

情報格差を利用した大きな事件があります。

 

パソコンを購入した方が自分で設定できるようにサポートを実施したものの、サポート代が15000円ほどと高額でした。

 

そしてサービスの解除を要求すると、解除料として20万円を請求されたという事件でした。

普段からパソコンを使っていて自分で設定ができるのなら何もサポートを頼ることはないものの、知識がないのが理由でサービスに頼らないといけないといった問題がありました。

 

そしてこれらのサポートに頼らないといけない方を利用してお金を儲けるといった動きも活発化していったものです。

 

情報格差を利用した事件のひとつであり、事前に情報を入手していれば防ぐことができていたのは間違いありません。

 

サポート代が高額であるのはもちろん、解除料がさらに高額であるのは本来事前に調べておかないといけないものです。

貧富の差が生まれる

情報格差が広がることによって貧富の差はどんどん広がっていきます。

ITスキルに長けている方ほど成長中の企業に入社しやすくなり、収入の差が生まれてしまうのは予想できます。

 

今後インターネットで副業や起業をする方も多くなっており、より多くの情報をインターネットで集めることが重要となっていきます。

 

日本でも今後貧富の差がさらに広がっていく可能性があり、ITに関する技術と情報端末を持っているかどうかが重要になっていきます。

 

情報格差はなぜ生まれるのか?

情報格差が生まれる理由は至極単純です。

情報技術の開発及び対応する人材が不足していることです。

 

技術の進歩に合わせて最新の技術を身に付けていないと情報格差が広がっていく一方で、現在のIT人材だけで解決するのは困難となります。

IT人材の不足  

IT人材の不足は深刻化しています。

今後IT人材の不足をいかに解消していくかが大きなポイントになっていきます。

 

IT分野は業界全体を見ても深刻な人材不足が問題となっており、他国に人材や技術が流出してしまう可能性もないわけではありません。

 

自国以上の技術レベルに達してしまうという懸念もないわけではありません。

海外からのニーズが下がってしまう理由になる可能性もあります。

 

IT人材の不足は深刻化している問題を解決しないことには、今後の明るい未来は想像しにくいといえるでしょう。考えないといけない問題であるのは確実です。

学歴や所得による格差

学歴や所得による格差は明確にあるものです。

学歴が高いほど有名企業や大手企業に就職しやすいのは周知の事実です。

そしてこれらの企業に入社した方が所得が高くなる傾向にあります。

 

最新のスマートフォンやパソコンなどを操作する機会も多くなり、そして情報に触れる機会の増加につながっていきます。

 

所得の差によっても情報格差が生まれてしまうもので、学歴や所得によって情報収集力に差が生まれてしまうことを意識した方がよいでしょう。

 

この情報格差を埋めていくためにはいかに幅広い情報に触れていくかが重要であり、自分の置かれている状況もしっかり考えた方がよいでしょう。

 

情報格差はどうすれば埋まるのか?

情報格差を埋めるためにはスマートフォンやパソコンを操作する機会を多くしていくのが重要です。

先進国の技術に触れる機会がないとどうしても情報格差は広がってしまうものです。

いかに自分と関係するものであるのかも認識しないといけません。

IT人材の増加  

IT人材の増加については今後それぞれの国が発展するかの大きなポイントになっていくでしょう。

今までただ娯楽のために使っていた時間を情報収集の時間に活用したり、Webサービス開発の勉強にしたりと自分と関係することであるのをしっかり意識した方がよいでしょう。

インターネットの使い方を見直す     

インターネットの使い方を見直すのは絶対に必要です。

エンジニアやプログラマーといったコーティングの作業はパソコンがあれば自宅で対応することができます。

テレワークやメディアの記事作成に関しても同様となります。

 

自宅にいながらも学ぶことができて作業においても可能であるのは間違いありません。

地方部の雇用創出につなげるために、IT技術に触れる機会をしっかりつくることを考えないといけないものです。

 

それぞれの企業が在宅勤務可能な求人を増加させたり、雇用を支援したりとまだ行っていないことも少なくないのが現実です。

 

情報格差(デジタル・デバイド)とは一体何?2020年世界中で問題に!?まとめ

情報格差とは情報収集力に差が生まれることにより、貧富の差が広がることが肝となります。

いちがいに情報収集力に差が生まれたからといっても収入が少なくなるということではないものの、大きな差になる可能性があるものです。

 

情報に触れる機会が多いか少ないか、さらに自分に関係のある事柄であることを理解したうえで今後何をすべきかを考えていかないといけません。

 

今後さらに世の中全体で情報格差は広がっていき、先進国の技術に触れる機会が少ないことによっての問題も生まれるものです。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。