シン・エヴァの興行収入で救われた?配給会社の業績結果を検証!

経済/ビジネス

はじめに

シン・エヴァの興行収入について、メディアがあちこちで話題にしています。

世界的にも人気な「シン・エヴァンゲリオン」、通称シン・エヴァの劇場版は、ずっと楽しみに待っていたファンにとって最高の出来事になるかもしれません。

 

そこで今回は、シン・エヴァの興行収入でどのような影響があったのか、経済的な視点から検証していきましょう。

 

TOKYO2020!オリンピックの経済効果はこちらをチェック。

オリンピック開催により売れるものと売れないもの!購買意欲への影響は?

 

アニメ二期放送予定の「鬼滅の刃」が起こした経済効果は?こちらをチェック。

映画『鬼滅の刃』の経済効果で救われた業界はどこ?

 

シン・エヴァの興行収入について

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は、2021年3月8日に公開された日本を代表するアニメーション映画。

4部作の最終作にあたり、「シン・エヴァ」の略称で知られています。

 

エヴァンゲリオンは25年間続いているシリーズで、この作品で完結を迎えることから、公開前からかなり話題を集めていました。

当初予定されていた公開日が延期され、前作からは8年以上経過しての公開となっています。

 

「シン・エヴァ」はIMAXや4D版も公開され、6月からは本編映像の細やかなカット単位の修正や、差し替えをした新バージョンも上映。そこで気になるのが、シン・エヴァの興行収入です。

 

公開から133日間の累計で動員は664万人、興行収入は101.5億円を突破。

公開初日から興行収入は8億円を突破するなど、かなり話題性の高い映画であることは間違いないでしょう。

 

歴代興収ランキングでは35位。前作の劇場版と比べても、興収53億円を上回っています。

興収の流れを振り返ると、シン・エヴァが公開されて7日目で33億円、30日目で70億円突破、60日目で83億円となっていますので、この数字は間違いなく右肩上がりといえますね。

 

ロボットアニメでは史上初の100億円超え

シン・エヴァの興行収入はツイッターでもトレンド入りするなど、かなりの盛り上がりを見せていましたが、かつて100億を超えた作品には「鬼滅の刃」が記憶に新しいところではないでしょうか。

 

他にも「千と千尋の神隠し」「タイタニック」「アナと雪の女王」、さらにアバターやジュラシック・パークなども100億円超えした作品。

 

シン・エヴァの100億円超えが凄い理由は、「ニッチなロボットアニメ」というジャンルでこれだけの興行収入を挙げたのは、シン・エヴァが史上初であるためなのです。

7月11日には、フィナーレ舞台挨拶が全国333劇場でライブ中継され、さらに2日間で1.67億円を記録しています。

 

トータルセールスは1500億円以上!

シン・エヴァの興行収入だけでなく、テレビシリーズのビデオ販売や、当時人気があったレーザーディスクの出荷本数、コミックス発行部数など、トータル的に関連商品の売り上げを合わせると、1996年時点で200億円以上といわれています。

 

その後のあらゆる関連商品などを合わせると、1500億円以上もの巨大セールスでかなりの経済効果をもたらしたことは間違いないでしょう。

 

当時注目された旧劇場エヴァは、衝撃作として反響を獲得した背景があり、当時の時代背景やネットの普及による新たなコミュニケーションがエヴァ現象をかなり後押ししたとも考えられています。

 

旧劇場エヴァは、凄惨な描写をもとに精神世界へ導くきっかけを作るなど、その時代からすでに注目度が高く今のシン・エヴァに至っているようですね。

近年アニメが世界的なカルチャーになり、シン・エヴァの注目度はさらに高まったといえるでしょう。

 

配給会社の業績改革になったのか?

このような時代の中、大打撃を受けている映画館。さらにストリーミングサービスが充実し、今は家で映画を観ることが定番になりつつあります。

 

シン・エヴァの興行収入がこれだけ多かったのは、在宅期間が長引き、外出したくなった人が増えたことも関係しているのでしょう。

ストレスが溜まる時期に、この作品が多くの人を幸福にしてくれたことは間違いありません。

 

さらに嬉しい悲鳴を上げているのは、シン・エヴァの配給会社の東宝。

東映などと共同配給という形ではありましたが、東宝はシン・エヴァのおかげで純利益30倍、営業収入はなんと75.1%増の578億円となり、業績改善にシン・エヴァが貢献してくれたようです。

 

他にも「名探偵コナン 緋色の弾丸」もヒットしたことが好成績の理由。

低迷した売り上げは、前年同期から大幅に回復しています。しかし一部の地域では、映画館の時短営業により、未だに時代背景が及ぼす影響を引きずるところもある様子。

 

すぐに業績がよくなる確約はありませんが、シン・エヴァの公開で映画配給会社も活気づいていることは間違いないですね。

 

Amazonプライムビデオで配信も!

シン・エヴァは8月13日より、Amazonプライムビデオで独占配信されますので、映画館だけでなくAmazonにも経済効果が期待されています。

 

プライムビデオはプライムメンバーだけのサービスで、作品を観るためにはメンバーになる必要がありますので、Amazonの収入増は想像されるところ。

映画館で見逃した人は、Amazonプライムメンバーを今検討しているところかもしれません。

 

まとめ

シン・エヴァの興行収入から、人々の行動範囲や世の中の変化など、あらゆることがわかります。

ヒット映画は、配給会社以外にも関連グッズのメーカーなど、あらゆる業界にメリットをもたらしてくれるため、シン・エヴァの活躍も今後しばらく注目していきたいですね。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。