アマゾンプライムデーはいつ?経済効果が期待されるアマゾンの底力とは?

経済/ビジネス

出典:GADGET SHOT

はじめに

アマゾンプライムデーはいつか、毎年気になる情報です。オンラインマーケット市場で断トツの売り上げを誇る「Amazon(アマゾン)」は、何を買うにも種類が豊富で、しかも安いですよね。

さらにお得なアマゾンプライムデーは、一年間欲しかったものを一気に購入するチャンスにもなります。そこで今回は経済的な効果を含め、アマゾンプライムデーはいつか、仕組みや市場に与える影響についてご説明しましょう。

 

Amazon Go「Just walk out」システムとは?こちらをチェック。

日本にも?Amazon Go「Just walk out」の特徴・仕組みを解説!

 

サブスクで節約生活?仕組みについては、こちらをチェック。

サブスクで節約生活?仕組みや選び方を徹底解説いたします!

アマゾンプライムデーとは何か?

出典:Amazon

 

アマゾンプライムデーはいつか、毎年開催日は異なるものの、過去の実施日を見ると毎年7月に開催されている傾向があります。しかし2020年は10月にずれ込んだ背景がありますので、2021年のアマゾンプライムデーはいつになるか、はっきりとした予定はまだ発表されていません。

アメリカでは6月に開催するという噂もありますが、プライムデーはアマゾンの利益だけでなく市場を活性化するメリットもあり、各業界が注目しているイベントでもあります。

 

そもそもアマゾンプライムデーとは何かというと、アマゾンプライムメンバー向けの年に一度のセールのこと。セールでは日替わりの目玉商品や期間限定商品が登場したり、人気商品が格安で販売されたり、魅力満載のビックイベントです。

このセールで買い物ができるのはプライム会員のみ。会員特典は無料配送、プライムビデオ、プライムミュージックなどのサービスが受けられ、さらにタイムセールの商品が一般よりも30分早くオーダーできるメリットなどもあります。

 

アマゾンは大幅増収!

2020~2021年は、世界中がステイホーム生活となり、買い物をオンラインに頼るのが当たり前になっていましたよね。そんな特殊な背景の中、米アマゾンは2021年の1~3月第一四半期の売上が大幅増収であることを発表。

 

さらに消費者動向が通常に戻りつつありながらも、アマゾンは高成長を続けると強気の発言をしているようです。日本でも同様に、人との距離感を考慮するライフスタイルの中、アマゾンは最も恩恵を受けている企業ともいえるでしょう。

 

プライム会員数は1年間で5,000万人という伸びを記録し、有料の会員サービスも興味を持つ人が世界的に増えていることがわかります。

 

日本はなぜ安いのか?

アマゾンプライムデーはいつ開催されるか、メンバーの人は首を長くして待っているかもしれません。このビッグセールで買い物をするためには、まずメンバーになる必要があるのですが、中には料金の高さで躊躇する人もいる様子。

 

現在アマゾンプライムのメンバー料金は年間4,900円、もしくは月額500円です。この費用はアメリカやイギリスと比べると、日本はなんと半額ほどの安さ。

その理由は、日本のデフレが20年以上続き、経済成長していないことが関係していると見る専門家もいるようです。しかし為替レートなども関係し、低価格化が進んでいることは、日本の経済において全体的にいえることかもしれません。

 

アマゾンが経済に影響与える理由とは?

アマゾンジャパンの売り上げは、アマゾンのグローバル的な数字の中で全体の5%前後といわれています。圧倒的に多い本国のアメリカは、半数以上の売り上げを占めていますが、日本市場はアジアの中でも重要な位置づけになっているため、アマゾンプライムデーなどでも積極的な戦略を行っています。

 

アマゾンの独り勝ちが理由で、中小企業の存続が危機を迎えている反面、ショップを展開してオンライン市場に参戦する中小企業も少なくありません。

アマゾンを販路のプラットフォームとして使うことで、自社の利益にもなりますし、業界を活性化させることにもつながるというわけです。

 

アマゾンが世界的に経済的な影響力があるのは、創業者のジェフ・ベゾス氏が金融システムの思想を活かしたためといわれています。

リアルタイムで市場を分析し、リスク管理を行う自動売買。あらゆる情報収集がオンラインマーケットにも活かされているのです。

 

アマゾンプライムデーの節約額はいくら?

 

アマゾンプライムデーはいつ開催されるか、世界が注目する中、出店業者にとっては売れ筋商品にターゲットを置くことが成功の秘訣になっているようです。

2020年のアマゾンプライムデーに売れたものは、アメリカでは浄水フィルターやルンバ、ガレージドアの開閉がWi-Fiで操作できるツール、カードゲームなどがトップに。

 

日本では照明のコントロールができるスマートスイッチ、洗剤、ミネラルウォーターなどがトップセラーになったといわれています。アマゾンプライムデーでお得な買い物をするために会員になる人も多く、昨年のプライムデーのセールでは世界的に1470億円もの節約ができた計算になるとのこと。

買い物で節約した分は貯蓄に回す、美味しいものを食べるなど、結果的にアマゾンプライムデーは各市場を潤す起爆剤になっているのでしょう。

 

まとめ

アマゾンで買った、アマゾンで探してみよう、そんな言葉があちこちで聞かれる今の時代。経済的な影響力が多いネット通販は、選択肢が多いからこそ、購入者も賢く買い物をするスキルを身につけておきたいですね。

 

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。