カジノ法案成立によるパチンコ業界への影響

経済/ビジネス

はじめに

2016年12月に統合型リゾート(IR)整備推進法案が成立し、いよいよ日本にもカジノが誕生しようとしています。

しかし、日本には既に、競馬、競輪、競艇、オートレースと言った公営ギャンブルが存在しています。

かつ、おおかた日本のギャンブルといえば、パチンコという認識の仕方をしている方々が多いでしょう。

 

パチンコは、公営ギャンブルという扱いではなく遊戯というジャンルになりますが、カジノが日本に誕生して最も身近な存在であるパチンコの影響はとても気になる問題です。

 

急成長する日本と世界のマスク市場の推移はこちらをチェック。

市場規模12倍!?急成長する日本と世界のマスク市場の推移

タイ移住が熱い!6つのメリットをチェック。

タイ移住6つのメリット!毎月5万円ほどの食費でOKなコスパ楽園

 

カジノ法案で、パチンコ業界はどうなる?

国はカジノを日本に誕生させることで、外国観光客を誘致することができ、インフラ整備による地域活性化、また税収アップなどのメリットがあります。

 

ただし、日本全体に対してカジノのデメリットがない訳ではありません。

それは、カジノの誕生によってギャンブル依存症の人たちが増加してしまう恐れがあることです。

 

そこで国は、カジノ法案と同時にギャンブル依存症対策基本法案も審議しています。

そこではカジノだけでなくパチンコも対象になってしまっているので、パチンコ業界もカジノの誕生で影響を受けてしまっていることは間違いありません。

 

パチンコ業界は既に、ギャンブル依存症対策基本法案の成立を見据えて対策をスタートさせています。

その対策とは、1回の大当たりの出玉を2,500発から1,500発に減少させること、大当たりの回数を最大で16回から10回に減少させる、また4時間の出玉払い出しを発射数の1.5倍未満に抑えることなどです。

 

パチンコ業界の対策は、おおかた射幸性の低減に対してです。

今までパチンコを楽しんでいた方々にとって、とんだとばっちりという感じもしないではありません。

 

日本はカジノを誕生させて、日本国民にギャンブルをもっと楽しみなさいという姿勢ではなく、ギャンブルを規制して依存症を低下させようという魂胆なのです。

そのような見方をすればカジノ誕生で、相当パチンコ業界も被害を受けてしまうことを想定することができます。

 

パチンコ業界の未来はどうなってしまうのか

それ以外の問題として、カジノが誕生してしまうことで今までパチンコのファンだった方々が、カジノに浮気してしまうのではという問題があります。

 

ただし、まだ実際にカジノがスタートしている訳ではありませんので事実はわからないですが、大方の意見としてカジノが誕生してもそれほど影響は受けないという見方が多いようです。

なぜなら、カジノとパチンコの客層には違いがあるからです。

 

カジノにいらっしゃるお客様は、ちょっと富裕層のお客様であり、またターゲットとされているのは外国人です。

一方でパチンコにいらっしゃるお客様は、ごくごく普通の一般的庶民の方々であり、ちょっと側にパチンコ屋があるから行ってみようかと思っている方々が多いでしょう。

 

カジノとパチンコ同じギャンブルという見方をすれば、それ相応に影響を受けてしまうのでしょうけど、ターゲット層に違いが存在しているから並行して考えることができないという考えがあります。

 

カジノに対しては、日本人の方々が利用するために入場料も請求しようとしています。

カジノで楽しむためには、入場料プラスベット料金の支払いも必要です。

まず、パチンコに気軽さを求めている方々にとって、カジノはハードルが高いと思うのではないでしょうか。

 

また、カジノは日本に誕生すると言っても国内数カ所にしか建設される予定はありません。

現在、カジノが誕生しようとしている県は、大阪府、長崎県、和歌山県、北海道、千葉市、東京都、横浜市などです。

 

少なくともカジノがパチンコのように、駅を降りれば必ずあるという感じにはなることはありません。

カジノへ行こうと思えば、交通費を支払いしてはるばる出かけていかなければなりません。

やはり、パチンコは近くにあるからちょっと寄ってみようかなという気軽さのある場所なのです。

 

パチンコ業界はそれでも影響を受けるかも

パチンコ業界は、カジノの誕生によって、このような問題を危惧していると言います。

パチンコ機の製造・開発に携わるパチンコメーカー系の事業者の中には、既にスロットマシーンといったカジノ関係のソフトウェアの開発などに参入している業者もいます。

 

既にそのような業者は、カジノ市場に参入することで大きく収益をアップさせることを狙っている現状があります。

 

日本にカジノが誕生して、そのような業者が、カジノに矛先を向けてしまえば、結果的にやむなくパチンコ業界が縮小してしまうのではないか……ということです。

 

パチンコは、次々と魅力的な機械を設置するため、ギャンブル意欲も促進されるのかもしれません。

新しい魅力的マシーンが出なければ、パチンコへ行くお客様も減少してしまうかもしれません。

 

まとめ

いかがでしょうか。

カジノが日本に誕生してもパチンコ業界はそれほど影響は受けないと言われていますが、絶対とは言い切ることはできないかもしれませんね。

結果的にパチンコ市場が縮小していくことも予想されるため、パチンコ業界の今後の動向には注目が必要です。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。