【仮想通貨】ICOってなに?IPOとの違いやメリット、リスクなどをご紹介

年金対策/資産運用

はじめに

NFTやDeFiの流行によって、とどまることのない人気を見せる仮想通貨業界。

その仮想通貨を利用した、スタートアップの資金調達手段があることはご存知ですか?

 

仮想通貨を使った資金調達のことを「ICO」といいます。

今回の記事ではその「ICO」についての内容を、以下のポイントを中心に紹介いたします。

  • ICOとは一体どのようなものなのか?
  • ICOをおこなうメリットについて
  • ICOが抱えているリスクとは〇〇であること

ぜひ最後までご覧ください。

 

今話題の暗号資産DEXとは?仮想通貨取引所の仕組みや特徴を解説します!こちらをチェック。

【暗号資産】今話題のDEXとは?仮想通貨取引所の仕組みや特徴を解説

 

仮想通貨で失敗しないように気をつけるポイントはこちらをチェック。

仮想通貨で失敗しないために気をつけるべきポイントを5つご紹介!

 

ICOとは?

仮想通貨投資をしている方であれば、ICOという単語は聞いたことがあるかもしれません。

しかし、まだまだICOという単語は馴染みがないのが一般的です。

そのため、まずはICOがどのようなものであるかを紹介いたします。

ICOについて

ICOとは「Initial Coin Offering」の略称で、日本語で訳すと「新規仮想通貨公開」という意味です。

一般的に企業や、事業のプロジェクトを立ち上げたいときの、資金調達手段として「ICO」がおこなわれます。

 

新規仮想通貨公開と言うくらいですので、企業が新たな仮想通貨を発行し、それを購入してもらうことで資金を調達します。

IPOとの違いは?

これまでは資金を調達する手段として、IPO(株式の新規上場)という手段が一般的でした。

しかし、IPOするためには多くの審査に加えて、多額なコストをかけざるを得ないため、起業するためには高いハードルをクリアする必要がありました。

 

そこの問題を解決したのがICOです。

ICOであれば、これらの問題をクリアする必要なく資金調達できるため、法人としての信用が築けていない企業であっても資金調達を可能にします。

 

ただしICOには手続きが簡単であるがゆえに、投資家を守るための法が整備されていません。

そのため投資家は、ICOに投資する際には自己責任で投資する必要があります。

 

ICOのメリットとは?

ここまでICOとはどのようなものかを紹介いたしました。

今まで記載してきた内容を踏まえて、ICOのメリットを二つの視点から紹介いたします。

企業のメリット

ICOするための一連の手続きは、インターネットで完結します。

そのため資金調達をする際に、場所や時間に囚われないというのが一番のメリットです。

 

さらにインターネットで資金を調達するということは、世界中から資金が調達できるということですので、国内で資金調達するより資金が集まりやすくなります。

 

この際、第三者の介入が必要なく資金調達できますので、コストがかかりにくい点もメリットのうちの一つになります。

さらにIPOに比べて煩雑な手順を踏む必要がありませんので、簡単に資金調達できることもメリットです。

投資家のメリット

IPOの際にはまとまった資金があることは前提で、さらに抽選にも当たらなければ参加できないため、個人投資家がIPOに参入することはハードルが高くなりがちです。

 

しかし、ICOの場合には比較的少額から参戦できます。

さらに、ICOに参加した際に受け取った仮想通貨が値上がりすれば利益を受けられます。

 

もし利益が出なかったとしても、購入した仮想通貨は企業のサービスや商品購入に利用できますので、役に立たないということはあまりないはずです。

 

ICOが抱えるリスクとは?

ICOで受け取った仮想通貨が値上がりする可能性があると前述しましたが、その逆のパターンもあり得ます。

もしかしたら多額な損失を被る可能性があります。

 

さらにICOをおこなう際には特別な審査がないことが特徴ですので、誰でもICOできます。

そのため無数に実施されるICOの中から、値上がりする仮想通貨を探すことは至難の技です。

 

最悪の場合には、ICOで購入した仮想通貨の価値が、0円になってしまうことは念頭に置いて投資するようにしてください。

 

また誰でもできるICOですので、ICOを名乗った詐欺も流行しています。

どの企業もあの手この手で、魅力的なICO内容を伝えてきますので、ICOに参加する際には精査した上で参加することをおすすめします。

 

そして、もしICOを通じて投資した企業の事業が成功したとしても、仮想通貨の値上がりにつながらない可能性があることも覚えておいてください。

 

まとめ

ここまでICOの情報を中心に紹介いたしました。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

 

  • ICOは、一般的に企業や、事業のプロジェクトを立ち上げたいときの、資金調達手段であること
  • IPOに比べるとICOは、複雑な審査がないため、簡単に資金調達ができること
  • ICOはインターネットでできるため、場所や時間に縛られないこと
  • 投資家としてはICOによって莫大な利益を得られる可能性があること
  • ICOを名乗った詐欺が流行しているため、ICOに参加する際には細心の注意が必要であること

 

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。