【投資信託VS不動産投資】メリット・デメリットは?人気の投資方法を比較!

はじめに

投資にはさまざまな種類があります。
不動産投資や株式投資、投資信託など、投資と一言で言っても種類が多すぎて迷ってしまいますよね?
 
今回の記事ではそのような方に向けて、投資の中でも代表的な方法である、「不動産投資」と「投資信託」の二つに焦点を絞り、どちらの投資方法がおすすめなのかをご紹介します。
 
今回の記事での重要ポイントは以下の通りです。

  • 不動産投資と投資信託の特徴について
  • 不動産投資と投資信託のメリット・デメリット
  • おすすめな投資方法は〇〇であること

ぜひ最後までご覧ください。
 

投資開始におすすめの投資サービスはこちらをチェック。

 

株式投資のおすすめ勉強方法はこちらをチェック。

 

不動産投資と投資信託の特徴とは?


まずはそれぞれ、不動産投資と投資信託がどのような投資方法であるかをご紹介します。

不動産投資について

不動産投資とは、マンションやアパートなどの不動産を購入し、運用することで発生する運用益を得る投資方法です。
 
一般的には株やFXとは異なり、一度入居者が決まってしまえば、長期的に収益が発生しますので、リスクの少ない投資方法として知られています。
 
さらに手間のかからないことから、日々の業務で忙しいサラリーマンの方の資産運用方法としても近年では人気です。
 
不動産投資と言っても経営方法はさまざまです。
そのため、あなたの資金やライフスタイルに合わせて運用方法を選べます。
不動産投資の主な運用法は以下の通りです。
 

  • マンション・アパート1棟経営…マンションやアパートを1棟丸ごと購入して、家賃収入を得る方法です。初期費用は高額になりますが、一度入居してしまえば長期にわたって利益が獲得できます
  • 駐車場経営…持っている土地などを駐車場として経営する方法です。比較的初期費用が少なく始められます。
  • ワンルームなどの区分マンション経営…マンションの一室を購入することで、家賃収入を得る投資手法です。不動産投資初心者の方に人気な方法として知られています。

投資信託について

投資信託とは、投資家から集めた資金を証券会社によって運用する金融商品のことです。
一般的に投資信託という金融商品は、複数の銘柄から構成される金融商品ですので、1つの商品を購入するだけで、複数の商品を購入したことになり、資産のリスクヘッジにつながります。
 
しかし投資信託の運用成績は、市場の変化によって左右されますので、利益を得られることもありますが、損失にもつながる可能性があることには注意が必要です。
 

不動産投資と投資信託のメリット・デメリットを紹介

それぞれの投資方法の特徴を確認したところで、次はその特徴を踏まえて、メリット・デメリットをご紹介します。

不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資での収入源は、家賃収入がほとんどですので、一度入居者が安定すれば利益も安定しやすい傾向にあります。
 
さらに、インフレ対策としても不動産投資は優秀です。
一般的にインフレ傾向にあると、物の価値が上昇するため現金や預金の価値が下がりますが、不動産で得られる家賃収入はインフレの物価指数の上昇とともに上昇する傾向があります。
そのためインフレへのリスクヘッジに強いという点は、メリットのうちのひとつです。
 
その一方で、空室リスクによる家賃収入の低下や、建物を維持するための維持管理費がかかることは頭に入れておいてください。
これらのリスクを避けるためにも、どの地域で不動産投資をするかは重要になります。

サブリース契約で空室リスクは軽減できる

​​空室リスクによる家賃収入の低下をデメリットとして挙げましたが、空室リスクを軽減する一つの手段として、サブリース契約という仕組みがあります。
 
サブリース契約とはアパート丸ごと一棟をサブリース会社(不動産会社)が借り上げるサービスのことで、借り上げたアパートはサブリース会社から入居者へ「転貸」される形です。
 
オーナーは空室の有無に関わらず、一定の家賃収入(サブリース賃料)を受け取ります。
サブリース賃料の料率の相場は、満室賃料の8~9割程度です。
たとえば稼働率が70%となっても8~9割の家賃がもらえるため、あまり空室リスクを心配せずに済む訳ですね。
 
この料率は立地が良いと高く、不利な立地だと低くなる傾向にあります。
不動産投資をする地域の特性を踏まえながら、サブリース契約をすべきか否か決めていきましょう。

投資信託のメリット・デメリット

投資信託はプロに資産の運用を任せていますので、自分で個別の銘柄などを購入して投資するよりもリスクが少ないという点はメリットです。
 
しかし、投資信託の中でも高リスクな商品はありますので、どのような銘柄が商品に組み込まれているのかは把握しなければなりません。
 
そのため株式投資全般の知識が必要になることは、念頭においてください。
また運用がうまくいかなければ、元本割れする可能性があることには注意が必要です。
 

結局不動産投資と投資信託ではどちらがおすすめなのか?


安定した収入を得たいという方は、不動産投資をおすすめします。
投資信託で安定した収入を得るためには、一定の資金が必要になりますので、初期費用がかかりがちです。
 
しかし不動産投資であれば、初期費用はローンなどを活用して支払えますので、初期費用のみでリターンが狙えます。
 
また一度入居してしまえば、安定して収入が入り続けるのが不動産投資の強みです。
つまり、それほど手間をかけずに運用益を得られますので、資産運用に対してのストレスがかかりにくいです。
 

まとめ

ここまで不動産投資と投資信託の情報を中心にお伝えしました。
今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。
 

  • 不動産投資は一度入居者が決まってしまえば、安定した収入が確保できること
  • 投資信託は複数の銘柄から構成される商品であるため、一つ商品を購入するだけで分散投資になること
  • 不動産投資はインフレに強い一方で、建物を維持するための管理費や修繕費の問題がつきまとうこと
  • 投資信託はプロが運用しているため、リスクが少ないことがメリットですが、運用がうまくいかなければ元本割れする可能性があること
  • 安定した収入を得たい方は、不動産投資がおすすめであること

 
これらの情報があなたのお役に立てると幸いです。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。
 

    個人情報保護方針と個人情報取扱い同意書をご覧いただき、ご同意のうえフォームをご送信ください。

    [cf7sr-simple-recaptcha]

     

    Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事