株式投資の勉強って何をすればいの?おすすめの勉強方法を解説

年金対策/資産運用

はじめに

学ぶべきことが豊富にある株式投資。

利益を出すためには、常に新しい情報をインプットし続けなければなりません。

 

しかし実際のところ、どのような勉強をすればいいのかわからないところです。

今回の記事ではそのような方に向けて、株式投資で勉強するべき内容について以下の内容を中心にご紹介します。

 

  • 株式投資の勉強で大切なこと
  • どのようなことを勉強すればいいのか
  • 株式投資の勉強方法

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

株式投資で失敗した時はどうしたらいい?立ち直り方法はこちらをチェック。

損して得取れ精神が大事!投資で失敗したときの立ち直り方法

 

株式投資で勝つためには?テクニカル分析の種類やメリットを解説!こちらをチェック。

株式投資で勝つために重要!テクニカル分析の種類やメリットを知ろう

 

株式投資で勉強するべき内容

まずは株式投資をするにあたって、必要な勉強内容についてご紹介します。

そもそも株式投資とは

株式投資とは、上場している企業の株式を購入することにより、利益を出すための投資手法です。

簡単にいえば、安い値段で株式を購入して、高い値段で売却すれば利益がでます。

 

言葉にするには簡単ですが、実際にやってみることは大変難しい世界です。

少しでも利益を出す確率を上げるために、さまざまなことを勉強する必要があります。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、金融市場の動きや景気動向がどのように株式市場に影響を与えるかを予測して、株価を分析する手法です。

PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)などの指標を使うのが一般的とされています。

 

ファンダメンタルズ分析は、情報量が多く初心者はくじけがちな分析手法として知られています。

しかしファンダメンタルズ分析を正確に扱えるようになれば、より正確な分析が可能になります。

そのため最初は難しく感じますが、ぜひ理解を深めておきたい分析手法です。

テクニカル分析

テクニカル分析とは、現在や過去のチャートから今後の株価の値動きを予測する分析方法です。

多くの投資家は、株価のチャートをもとに株式投資をしています。

 

そのため株式投資といえば、折れ線グラフのようなチャートを使っておこなうと考えている方もいるはずです。

 

実際のところグラフ化されていますので、分析が比較的しやすいです。

テクニカル分析の手法を学べば学ぶほど、精度の高い分析ができるようになります。

NISAなどについて

株式投資する上で欠かせないのが、NISAやiDeCoの存在です。

NISAとは毎年設定されている投資額のもと、配当金や利益額が非課税になる精度のことを意味します。

 

iDeCoとは、任意に加入できる私的年金のことを意味します。

iDeCoは税制上さまざまな優遇を受けた制度です。

 

NISAとiDeCoを知らずに株式投資をすることは、無知であるといっているようなものです。

まずは株式投資をおこなう前に、NISAやiDeCoの勉強から始めるようにしてください。

 

株式投資の勉強方法

次は株式投資をどのように勉強すればいいのかご紹介します。

会社四季報などで業績をチェックする

会社四季報には、上場企業のあらゆる数値が載っています。

この数値を読み取れるようになれば、ファンダメンタルズ分析もできるようになります。

 

最初はどの数値が何を表しているか全くわからないでしょう。

しかし会社四季報を読みながら、数値について勉強しているうちに次第に読めるようになっていきます。

 

会社四季報を読めるようになれば、ファンダメンタルズ分析の精度が高まり、あなたの株式投資への利益は最大化されます。

書籍から学ぶ

株式投資の勉強に役立つ書籍は数多く存在します。

初心者向けのものから、上級者向けのものまでさまざまです。

自分の知識に合わせた勉強をしたい方には、書籍から勉強を始めることをおすすめします。

インターネットから学ぶ

株式投資への知識はインターネットにも転がっています。

証券会社が株式投資について解説しているものから、個人ブログや動画などで知識を発信しているものまでさまざまです。

 

ただしインターネットに転がっている情報の中には、虚偽の情報が含まれている可能性もあります。

そのためインターネットを利用して学ぶ場合には、最新の情報かつ正しい情報を利用して勉強するようにしてください。

 

まずは実際に株式投資を始めてみる

なにはともあれ、まずは実際に株式投資をおこなってみるのも手です。

最近ではアプリを利用して、少額から株式投資を始められるようになっています。

 

1株から取引を始められることも珍しくありません。

そのため株式投資を実践をしていく上で、何かわからないことがあれば、その答えを勉強するというような勉強方法も考えらえます。

 

まとめ

今回の記事では、株式投資の勉強についての情報を中心に記載してきました。

今回の記事で重要だったポイントは以下の通りです。

 

  • 株式投資の勉強は、常に最新の情報を取得することが大切であること
  • 分析方法に加えて、NISAやiDeCoなどの制度に対しても勉強するべきであること
  • 書籍やインターネットを通じて学ぶ方法があること

 

などをご紹介しました。

これらの情報があなたのお役に立てると幸いです。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。