金融資産1億円のサラリーマンが行っていた3つの習慣を暴露

年金対策/資産運用

はじめに

 映画にもなった、伝説の相場師や山師の話しをご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、一獲千金と聞くと何やら心躍らされてしまう気持ちになってしまいます。

もちろん、こうした話題は、決して劇画の中だけではなく、実際にそうした人物をモデルに描いています。しかし、現実を見ると、投資には興味はあるが、同時にばくちのようであさも感じてしまいます。

今回の話題はそうした一獲千金のような話ではなく、堅実な投資も可能だという話題を紹介していきましょう。 

 

金融資産1億円をサラリーマンが作ることは可能

 就職し、社会に出て中堅どころとなると、年齢も三十路を過ぎ、そろそろ先のことを考えるようになってきます。結婚して家庭をもつこともそうですが、すでに家庭をお持ちの方であれば、持ち家が欲しいあるいは、子供の教育に力を入れたいといったところが常です。

 

さらにその先を考えてみると、日本では深刻化しつつある高齢化問題と、ご自分の老後の問題なのではないでしょうか。日本には、働いた時に納めた税金による年金制度が存在していますが、高齢化と同時に少子化の問題もあり、年々減少する年金額により老後の年金があてにならなくなりました。 

 

そこで、安定した老後を迎える為にも、貯蓄高がどのくらいあるのかが重要な課題となってきます。簡単に考えれば、貯蓄が1億円あれば十分なような気がしますが、1億円といえばかなりの大金。現実的にサラリーマンとして働き続けた場合、そうした金額を作り出すことは可能なのかを解説していきましょう。

 

金融資産1億円のサラリーマン3つの習慣 

現実的に、中堅のサラリーマンの平均年収が400万円以下といわれる昨今では、1億円はかなり厳しい数値のような気がします。

 

もちろん、年収のすべてを貯蓄できるのであれば、可能な数値と言えなくもありませんが、それは現実的ではありません。しかし、実際に同じ条件のサラリーマンたちでも、資産1億円を作り出した方は存在しました。

そして、いずれも共通しているのが、三つの習慣といったキーワードです。

 

金融資産1億円のサラリーマン習慣1.朝が早い

 サラリーマンで、金融資産1億円貯める事ができれば、ある意味人生での成功者とも言えます。こうした成功者の多くが、習慣として行っている行動が朝起きるのがとても早いということです。昔のことわざにも、「早起きは三文の得」といいますが、これは「先んずれば人を制す」といったことわざにも通じるものです。

 

 成功者の特徴として、一般的なサラリーマンと比べてみても、とてもエネルギッシュでいつも朗らかといった特徴を持っています。

最近は、一般のサラリーマンでも、目的駅の一駅前から降りて、歩いて通勤するという方も多くなりました。しかし、その中でもつわものは、早朝朝が明けるとともに起床し、毎日愛犬とランニングするという方もいらっしゃいます。

 

 また、通勤にはロードバイクを使い、電車やバスなどは一切使わないといった方もいらっしゃいます。こうした生活習慣は、会社に着く前から、頭も体もすっきりと整っているため、業務にもスムーズに入りやすく、ミスをする事も少ないと言われます。

 

金融資産1億円のサラリーマン習慣2.体を起こしている

 成功するサラリーマンの行動の一つに、早起きといったものがありますが、早起きが体に良いことは、科学的にも証明されており、新陳代謝の向上や体内時計の正常化による活発な新陳代謝にもつながると言われています。

 

このよく聞き慣れた「早起きは三文の得」ということわざは、中国の古い散文「早起三朝當一工」がその語源とされています。意味は、3日続けて早起きすれば、一人分の働きに匹敵するというもので、農家では陽が高くなる前に起き出して働けば、仕事がより一層はかどるという意味です。

 

逆に、「夜なべは十文の損」や「長寝は三百の損」といったことわざもあり、以外に的を射ていると感じる方も多いのではないでしょうか。ではなぜ、早起きが良いとされているのか。それは、現代社会にも通じる事で、心と体を早くから起しておけば、交感神経を活性させ、頭脳や体のキレを高める事ができるからです。

 

キャンプが好きな人も多い 

サラリーマンで、成功する人の特徴として、体を動かすのが大好きというものがあります。サラリーマンといった職業柄、事務職は運動不足になりやすく、かといって営業マンは単調な動きになりやすいといった特徴があります。

よくサラリーマンは、運動不足になりやすいと言いますが、激しい運動が極端に少ないため、また付き合いの関係で飲み会が多いということもあり、生活習慣病になりやすいといった危険性もあります。

 

社会の成功者の特徴として多いのは、日ごろからスポーツなどの運動を行う方も多いようです。これは、単に体を鍛えるだけではなく、体力づくりによって心身をリフレッシュさせるといった効果があります。

 

同様に、アウトドアも同様で、海や山へと出かけ、キャンプを行うといった方も少なくありません。キャンプのよいところは、自然の中で心身のリフレッシュが図れるということと、テントづくりや調理・釣りなど趣味に没頭でき、家族サービスとともに脳のリセットしやすいことが、大きな利点として挙げられます。

 

金融資産1億円のサラリーマン習慣3.投資をする 

一般の方で、投資と聞くと、何やら一獲千金や博打といったイメージが強いのではないでしょうか。確かに、冒頭にあるように、山師や相場師のように、投資によって莫大な資産を築き上げる方も存在します。

 

映画の世界ではありませんが、そうした有名な相場師であっても、数年後にはすべての財産を失い、安いアパートで独り暮らしでひっそりと暮らしていたといった人物も多いといいます。

 

しかし、実際にそうした中、サラリーマンで資産を1億円作り出したといった人物も、少なからず存在しています。では、どうやって、危険性が危ぐされる投資によって、1億円といった資産を築き上げたのでしょう。現在のように、金利の低い状況では、通常の貯金は資産を増やすことにはあまりつながりません。

 

そこで投資の話しとなりますが、前述のように投資と聞くと、危険なもの言われますが決してそうではありません。なぜなら、インデックスファンドのように、比較的安全性の高い投資信託が利用できるからです。実際に、金融資産1億円を達成したサラリーマンは、33歳で月収が22万円程度でした。

世界の人口は増え続ける

比較的、安全とされるインデックスファンドですが、本当に安全性の高い投資信託なのでしょうか。その安全性を確認するうえでも、インデックスファンドがどのようなサービスであるのかを確認しておきましょう。インデックスファンドとは、少額から始められる投資信託で、大手のメガバンクや郵貯銀行、証券会社などで購入することができます。

 

投資信託そのものは種類も豊富で、現在国内で売られている投資信託は、およそ6000本以上ともいわれており、その中でもインデックスファンドは初めての方が投資を行いやすい投資信託の一つです。

 

インデックスファンドは、日経225などの「市場平均」に投資を行うもので、日経平均株価などの株価指数に、値動きが連動することを目指した投資信託のことを指して言います。利点としては、経済に詳しくなくとも、日々のニュースで、日経平均株価の値動きを把握しておくだけで、チェックしやすいということが挙げられます。

 

 もちろん、平均株価の下落といったデメリットもありますが、世界の人口は増え続ける一方ですので、一時低迷しても将来的には経済成長が見込めることから、比較的リスクが少ないとされています。

 

金融資産1億円のサラリーマンはコツコツ行動  

インデックスファンドは、株式取引きのように急激な下落がないことから、比較的安全な投資方法と言われています。FXや株式のように、頻繁に値動きを見なくても良いことから、長期的な投資方法に向いています。

 

実際に、こうしたインデックスファンドを行っている投資家は、数日単位や1カ月ごとに確認しているという方も少なくありません。

 

インデックスファンドのメリットは、一つのファンドで複数の分散投資が可能で、コストがあまりかからないということが挙げられます。投資にあまり集中し過ぎ、仕事をおろそかにしては身もふたもありません。高い年収を必要とせず、積立貯蓄感覚で行えるインデックスファンドは、仕事をこつこつ行いながら、着実に金融資産を生み出してくれる有り難い投資方法と言えるでしょう。

 

実際に、サラリーマンで金融資産1億円を達成した人物は、こうしたインデックスファンドの投資により、財産を築き上げることに成功しました。あなたも、いろんな趣味や習慣にフォーカスしながら、将来的にリッチな人生を歩んでいませんか。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。