【不動産投資VS仮想通貨】税金や手数料って?人気の投資方法を比較!

年金対策/資産運用

はじめに

近年での仮想通貨は、決済手段としての便利さや今後の将来性の観点から盛り上がりを見せました。

一方で、安定した投資商品として不動産投資も根強い人気を持っています。

今回の記事では仮想通貨と不動産投資のどちらの方が優れているのかを、税金や手数料の観点から以下の3点を中心に探っていきます。

 

・不動産投資の税金や手数料について

・仮想通貨の税金や手数料について

・仮想通貨と不動産投資で優れているのは〇〇の方であること

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

不動産投資の税金や手数料について

まずは安定した人気を誇る不動産投資の税金や手数料について触れていきます。

 

不動産投資について

不動産投資とは自分で購入した物件を、第三者に貸すことで得られる利益(インカムゲイン)と、物件を売却することによって得られる利益(キャピタルゲイン)の2種類の利益を得られます。

一般的に不動産投資といえばインカムゲインでの収入がメインといわれています。

サラリーマンや公務員など社会的立場を確立している人は、銀行から融資受けられるため、実は資金が少ない人でも不動産投資は始められます。

 

不動産投資の税金

一年で得た家賃収入に対して税金が課せられます。

 

家賃収入−経費=不動産所得

 

上記の式で不動産所得になるところが課税対象になります。

不動産での所得は、所得が高い人に応じて納税額が高くなる累進課税を採用しています。

 

したがって、不動産所得が高ければ高いほど納税の割合は高くなります。

この際経費をしっかり計上することで、納める税金額が小さくなりますので、経費を把握して計上することが節税へのカギです。

 

不動産投資の手数料

物件購入の際に仲介会社が入ると、手数料がかかります。

ただし、仲介手数料は物件を購入した際の一度きりです。

そのためそれほど手数料はかかりません。

 

不動産投資の詳細をお知りになりたい方は、以下お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせフォーム

男性女性

電話メール

個人情報保護方針と個人情報取扱い同意書をご覧いただき、ご同意のうえフォームをご送信ください。

 

仮想通貨の税金や手数料について

次に、近年では国家が仮想通貨を購入するなど、いまだに盛り上がりを見せている仮想通貨市場についてご紹介します。

 

仮想通貨について

そもそも仮想通貨とは、インターネット上でやりとりできる決済手段のことです。

仮想通貨では銀行などの中央集権的な存在が介入することがなく、取引したい者同士が取引できるため、非中央集権的な通貨といえます。

一般的に交換所や取引所と呼ばれる事業者によって、送金や入金を可能とします。

 

仮想通貨は銀行や国家のような中央集権的な存在が存在しないため、通貨の価値に裏付けがありません。

つまり通貨の価値に裏付けがないため、通貨の価格の変動が激しくなりがちです。

そのため仮想通貨はボラティリティ(値動き)が高く、ハイリスク・ハイリターンの投資商品であるといえます。

 

仮想通貨の税金

仮想通貨の取引で年間20万円以上の利益が発生した場合、税金が発生します。

株式投資にかかる税金は一律20.315%とされる中、仮想通貨の税金は利益の額によって納税額が変わる累進課税です。

 

仮想通貨での利益が多額になると最大で45%もの税金が課されます。

そのため「仮想通貨にかかる税金が高い」との意見もあがっているようです。

 

仮想通貨の手数料

仮想通貨には、売却した際や購入した際に手数料がかかります。

仮想通貨にかかる手数料は、販売所や取引上によって異なります。

業者によっては手数料が無料の場合もありますし、0.1%程度の手数料がかかる場合もあります。

 

0.1%の手数料であっても100万円の取引を10回おこなったら、手数料で1万円かかることになります。

低い割合の手数料であっても、短期で何度もトレードしていると利益が手数料に相殺されて、手数料負けしてしまう恐れがあります。

仮想通貨で取引する際は、手数料にいくらかかるのかも頭に入れておいてください。

 

仮想通貨と不動産投資どちらが優れているのか?

上記の特徴を踏まえた上で、仮想通貨と不動産投資どちらが優れているのかをご紹介します。

 

不動産投資は年金対策になる

仮想通貨とは異なり、不動産投資により得られる家賃収入は、将来の年金代わりにもなります。

金融庁が「人生100年の時代、仮に夫婦で95歳まで生きていくには、2,000万円の資産の切り崩しが必要」との報告を発信したことは、広く知れ渡っていますよね。

 

老後には、定期的に振り込まれる不労所得の存在が大変ありがたく感じられることでしょう。

仮想通貨で一時的に財産を築いたとしても、老後にまでそれを持ち越すには自分を強く律する心がなければ難しいといえます。

 

長期的に見れば不動産投資

税金や手数料の観点から見て、不動産投資の方に分があります。

上述しましたが、仮想通貨の取引では手数料負けのリスクがありますので、よほど取引がうまくなければ利益が出しにくいといえます。

 

一方で不動産投資は、一度入居者が決まってしまえば利益が安定しますし、手数料に対する心配もありません。

そのため長期的に収入を得るのであれば、不動産投資のほうがおすすめです。

 

不動産投資の詳細をお知りになりたい方は、以下お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせフォーム

男性女性

電話メール

個人情報保護方針と個人情報取扱い同意書をご覧いただき、ご同意のうえフォームをご送信ください。

 

まとめ

今回の記事では仮想通貨と不動産投資のどちらが優れているのかについて、

 

・仮想通貨は手数料負けのリスクがあること

・不動産投資には手数料がほとんどないこと

・長期的に見れば不動産投資のほうが優れていること

 

などを記載しました。

株式投資以外の投資の手段を検討している方は、安定した収入が手に入る不動産投資を視野に入れてみてください。

 

これらの情報があなたのお役に立てると幸いです。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。