ネット証券の口座開設はしたほうがいいか?手順やメリットについて!

年金対策/資産運用

はじめに

ネット証券の口座開設はたった数分でできることから、近年投資に関心を持つ人に注目されています。

銀行の口座とは違い、証券会社の口座は普段頻繁に使うものではないかもしれませんが、株式取引をするためには口座開設が必要です。

 

数ある証券会社。

それぞれサービス内容や手数料が違いますので、用途に合わせてぴったり合う証券会社を選ぶことが安心ですね。

 

では近年人気があるネット証券の口座開設について、注意点や手順など、大切なポイントをご説明していきましょう。

 

PERとは何か知ってますか?株式収益率についてはこちらをチェック。

【株式投資】 今さら聞けないPER(株価収益率)とは?

 

話題の暗号資産について解説。こちらをチェック。

話題の暗号資産(仮装通貨)とは?わかりやすく解説します!

 

ネット証券のメリットとは?

株取引をする場合、以前は証券会社の店頭に行くことが一般的でしたが、オンラインでなんでもできる今の時代、証券会社も「店舗証券」と「ネット証券」の二つの選択肢があります。

 

対面型による営業がメインの老舗の証券会社は知名度があり、多くの人がご存知のところもたくさんあるでしょう。

 

ネット証券はネットだけの取引になりますので、ネット環境があればスマホでも株の取引が可能。

ネット証券の口座開設もオンラインで済むため、気軽に株取引を始める人も増えています。

 

ネット証券のメリットは、実店舗を持たないため人件費が節約でき、取引手数料が安いことがまず挙げられます。

 

株は売買するたび、もしくは一日の取引額により手数料が必要。

さらにネット上での取引になりますので、好きなタイミングで売買できることもネット証券の魅力になりますね。

 

各証券会社ではアプリを使い、手軽にアクセスできる環境があります。

移動時間や仕事の休憩時間に、株の売買も可能になるというわけです。

 

またネット証券は、人気ランキングや会社四季報など、かなり情報が豊富。

近年ネット証券が増え始め、企業間の競争も激しくなっていますので、無料で提供するサービスや情報量は顧客獲得にも必須なのです。

 

ネット証券のデメリットとは?

ネット証券は、口座開設する際にも注意したいことがいくつかあります。

たとえば入力ミス。

 

本人確認書類と違う内容を登録してしまうリスクや、入出金の口座情報を間違えてしまうこともあるかもしれません。

 

さらにウイルス感染で個人情報を盗まれる危険性があることも忘れないようにしたいですね。

またネット証券は、銘柄探しから売買まで全て自分で行うため、株式に詳しくない人は失敗するリスクもあるでしょう。

 

その点店頭なら、担当者が丁寧にアドバイスしてくれるので、初めて株売買をする人なら多少手数料が高くても店頭証券のほうが安心かもしれません。

 

またネット証券はパソコンやスマホのトラブルにより、肝心な売買タイミングを逃してしまう可能性も無きにしも非ず。

利便性が高いネット証券ですが、リスクがあることは理解しておきたいですね。

 

ネット証券の口座開設の手順について

証券会社により若干手順は異なりますが、一般的なネット証券の口座開設の手順についてご説明します。

口座開設に必要なものは、「マイナンバー確認書類・本確認書類・印鑑・金融機関口座」の4点。

 

マイナンバー確認書類については、通知カードなどを準備しておきましょう。

そして申し込むネット証券会社のホームページにアクセスして、口座開設ボタンをタップ。

 

メールアドレスを入力すると認証コードが送られてきますので、ホームページに戻り入力してください。

その次は住所などの個人情報を入力、各種の規定を確認して送信します。

 

証券会社によっては、最短即日で口座開設できる場合もあり、本人確認はAIが行うこともあるでしょう。

ネット証券の口座開設は一か所に限らず、同時に複数解説することも可能。

 

それぞれのサービスが受けられ、情報も有益なものが入手しやすくなります。

証券会社のシステムトラブルの際も、他社の口座があれば迅速な対応ができるため、メリットやデメリットをチェックして判断してみましょう。

 

ネット証券の選び方のコツについて

ネット証券の口座開設で一番難しいのは、どの証券会社にするかという点。

人気の楽天証券、松井証券、SBI証券など、色々と魅力的な証券会社がありますが、知名度だけでなく事前にチェックしておきたいことがいくつかあります。

 

今はネット証券の口座開設から取引まで、スマホでも楽にできる時代。

そのためデバイスの紛失や盗難には充分注意しましょう。

 

証券会社側のセキリュティ対策も選ぶ際に重視したいところで、スマホの株売買が危険というわけではありませんが、不正アクセスなどを防ぐためにもリスクへの対策について確認しておくことが大切です。

 

たとえばログイン後、一定時間何も操作がないと自動的にログアウトされる仕組みや、各種操作をする際に暗証番号の認証が必要など。

 

またネットだけの取引とはいえ、24時間メールやチャットでのサポートがあるかどうかなども、初心者にとっては必要なポイントになります。

独自の取引ツールなど、ビギナーにもわかりやすいサービスがあるとなお安心ですね。

 

まとめ

ネット証券の口座開設はとても簡単ですが、株の取引はリスクがありますし、大きなお金を動かす場合もあり、セキュリティ面は特に重視したい部分。

 

ネット特有のメリットやデメリットがありますので、事前に自分でできる対策はしっかり行い、快適な株取引に役立ててくださいね。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。