企業の賃金戦略が生む格差:若手シフトと子育て世代の苦悩

この記事のポイント

特に、次のような方に読んでいただきたいです
  1. 子育てをしながら働いている30代〜40代の方 子育てにかかる費用や教育費が増大する中で、賃金の伸び悩みに苦しむ30代〜40代の働く親たち。家計のやりくりに悩む方に有益な情報を提供します。
  2. 給与が低く、生活費のやりくりに悩んでいる方 日々の生活費や住宅ローンの支払いに苦しんでいる方に向けて、賃金改善の現状や対策について分かりやすく解説し、家計管理のヒントをお伝えします。
  3. 新卒や若手社員の賃金優遇に不満を感じている方 自分よりも高い初任給を得る新卒社員や若手社員に不満を感じている中堅社員やベテラン社員に対し、企業の賃金政策の背景やその影響について詳しく解説します。

この記事は、初任給バブルと賃金格差について解説した記事です。

  1. 初任給バブルの背景と企業の人材確保競争
    企業が新卒者の初任給を大幅に引き上げる背景には、人材不足と若手社員の獲得競争があります。2024年の春闘では、初任給が平均22万6341円となり、多くの企業が新卒者に高い賃金を提示しています。
  2. 若手シフトの実態と賃金カーブの変化
    企業が初任給を引き上げることで、賃金カーブが変化し、30歳程度までの若手層に賃金が重点配分される一方で、子育て世代の給与が上がりにくい現状が生まれています。これにより、子育て世代が生活費の圧迫に苦しむケースが増えています。
  3. 初任給の内訳と注意点
    初任給には固定残業代や年俸制が含まれていることが多く、実際の給与が見かけほど高くない場合があります。新卒者や求職者が企業の初任給を正確に評価するためには、内訳や実際の給与額を詳しく確認し、誤解やトラブルを避けることが重要です。

はじめに

2024年の春闘では、32年ぶりとなる高い賃上げ率が記録され、多くの企業が新卒社員や若手社員の初任給を大幅に引き上げる動きが見られました。

この「初任給バブル」は、企業間の人材獲得競争の激化を背景にしています。

しかし、その一方で、教育費や住宅費などがかかる子育て世代の給与配分が減少し、不満の声が上がっています。

特に、子育てをしながら働く40代の労働者は、若手社員よりも低い給料に悩んでいることが多く、生活費の負担が重くのしかかっています。

本記事では、企業の賃金戦略がどのように変化しているのか、そしてその影響について詳しく解説します。

また、世論の声や今後の展望についても考察し、読者の皆さんに役立つ情報を提供します。

初任給の引き上げが一見すると魅力的に見える一方で、その裏には子育て世代の苦悩が隠れています。

賃金の若手シフトがどのような背景で進んでいるのか、そして子育て世代にどのような影響を与えているのかを見ていきましょう。

初任給バブルの背景

企業の人材確保競争

2024年の春闘では、企業が新卒者の初任給を大幅に引き上げる動きが顕著となりました。

背景にあるのは、深刻な人手不足と若手人材の獲得競争です。

民間シンクタンクの産労総合研究所が2024年4月に公表した調査によると、大卒新入社員の初任給は平均で22万6341円と、前年から4.01%増加しました。

この増加率は1991年以来の高水準です。

リクルートワークス研究所の調査でも、24年4月入社の初任給が「前年より増える」と回答した企業が49.1%に上り、特に製造業や金融業、大企業での増加傾向が強まりました。

これにより、「初任給30万円」という金額が新卒市場で一つの目安として意識されるようになっています。

企業が初任給を引き上げる理由として最も多く挙げられるのは「人材確保のため」です。

特にサイバーエージェントやファーストリテイリングといった企業は、他社との競争を意識して初任給を大幅に引き上げてきました。

この動きは伝統的な企業にも波及し、NTTグループや第一生命ホールディングス、長谷工コーポレーションなども初任給を30万円以上に設定しました。

賃上げ率の推移

賃上げ率の推移を見ると、ここ30年間、初任給は20万~21万円程度で推移してきました。

しかし、2022年以降はサイバーエージェントやファーストリテイリングが初任給を大幅に引き上げたことが話題となり、他の企業も追随する形で初任給の引き上げが進んでいます。

厚生労働省の調査によると、24年春闘での賃上げ率は、正社員の賃上げ率(ベア+昇給)が平均5.08%に達し、1991年の5.66%以来の水準となりました。

連合の調査では、中小企業を含めた多くの企業が高い賃上げ率を示していますが、その配分は一律ではありません。

特に、若手社員や新卒者に対する賃金シフトが顕著であり、賃上げの原資が新卒者や若手社員に重点配分される傾向が強まっています。

一方で、教育や住宅にお金がかかる40代の子育て世代への配分は細る傾向にあり、このことが子育て世代の不満を増幅させています。

若手シフトの実態

初任給の引き上げ事例

初任給の引き上げが顕著になったのは、特に2022年以降のことです。

サイバーエージェントやファーストリテイリングが初任給を大幅に引き上げたことで、多くの注目を集めました。

これにより、他の企業も追随する形で初任給の引き上げを行い、2024年4月入社の大卒新入社員の初任給は平均で22万6341円に達しました。

特にNTTグループ、第一生命ホールディングス、長谷工コーポレーションなどの伝統的な企業が初任給を30万円以上に設定したことは大きな話題となりました。

さらに、リクルートワークス研究所の調査によると、24年4月入社の初任給が前年より増えると回答した企業は49.1%に上り、製造業や金融業、大企業での初任給引き上げが顕著です。

これらの企業は、若手人材を確保するための競争を背景に、初任給を大幅に引き上げることで新卒者の獲得を狙っています。

賃金カーブの変化

日本の賃金体系は、伝統的に年功序列型が主流でした。勤続年数に応じて給与が上がる「賃金カーブ」は、50代を頂点とする山形のカーブを描いていました。

しかし、ここ30年間でこの賃金カーブは変化を見せています。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、2022年と1995年を比較すると、賃金カーブの山はなだらかになりつつあります。

この変化の背景には、企業の賃金政策の変化があります。経団連の調査によると、30歳程度までの若手層に重点配分する企業が増加し、2023年には30.2%に達しました。

一方、45歳程度までの子育て世代への重点配分は減少し、2023年には0.4%にとどまりました。

これにより、若手社員の賃金が大幅に上がる一方で、子育て世代の賃金が上がりにくい状況が生まれています。

特に、若手社員に対する賃金シフトは、初任給の引き上げだけでなく、全体的な賃金配分にも影響を与えています。

企業は限られた賃上げ原資を効果的に使うために、若手社員への重点配分を進めていますが、これが子育て世代にとっては大きな負担となっています。

賃金カーブの変化は、若手優遇の賃金シフトが進む中で、子育て世代が苦しむ現実を反映しています。

子育て世代の苦悩

賃金配分の変化

経団連の調査によると、30歳程度までの若手層に賃金を重点配分する企業が増加し、2023年には30.2%に達しました。

一方で、45歳程度までの子育て世代への重点配分は減少し、2023年にはわずか0.4%にとどまりました。

この変化は、企業が限られた賃上げ原資をどのように配分するかに直結しており、若手社員への配分が増える一方で、子育て世代への配分が減少していることを示しています。

さらに、賃金カーブの変化により、年功序列型の賃金体系が崩れつつあります。

これにより、勤続年数に応じて賃金が上がるという従来の期待が薄れ、特に教育費や住宅費などの出費がかさむ40代の子育て世代には大きな打撃となっています。

企業が若手社員を優遇する一方で、子育て世代の給与が上がりにくい現状は、多くの家庭にとって大きな不安要素となっています。

家計への影響

子育て世代の家計は、教育費、住宅ローン、生活費など多くの出費で圧迫されています。賃金配分の変化により、これらの負担がさらに増大しています。

特に、物価上昇が続く中で賃金が思うように上がらないことは、家計に大きな影響を与えています。

連合総研の「勤労者短観」によると、1年前と比べて「賃金の増加が物価上昇より小さい」と感じる人の割合は、40代で59.6%、50代で71.2%に上っています。

この調査結果は、子育て世代が賃金の低迷と物価上昇による生活費の圧迫に苦しんでいる現状を反映しています。

また、教育費の負担が特に大きいことも問題です。

子供の教育費は年々増加しており、私立学校の学費や習い事の費用などが家計を圧迫しています。

これに加えて、住宅ローンの支払いも大きな負担となっており、多くの家庭が月々の収支を見直す必要に迫られています。

このような状況下で、企業が若手社員の賃金を優遇する一方で、子育て世代の給与が上がりにくいという現実は、多くの家庭にとって深刻な問題です。

家計の圧迫により、家族の生活水準が下がることを懸念する声も多く、将来への不安が募っています。

※「リサーチオンライン」インターネットリサーチ

若手社員の賃金に対する声

世間の声1:

「若手社員の給与や待遇が急に良くなっているけど、その反面40代以上の世代にはあまり恩恵がないみたい。少子化が進む中で、全世代を大切にすることが今後の雇用確保に必要だと思う。」

世間の声2:

「初任給が高く見えるけど、固定残業代が含まれている場合が多い。実際の残業が少ないと期待したほどの給与にならないこともあるから、求人情報をよく確認するのが大事だね。」

世間の声3:

「欧米では年齢による賃金変動が少なく、初任給が高くてもその後はあまり上がらない。日本もこの形に近づいているから、初任給が高くてもその後の賃金上昇に注意しないとね。」

世間の声4:

「年俸制だと初任給に賞与が含まれていることがあって、実際の月給が期待よりも低いことがある。新卒者は年俸の内訳をしっかり確認して、自分の生活費に見合った給与を見極めることが重要だよ。

若手社員の賃金に対する意見:まとめ

若手社員の給与や待遇が急に良くなっていますが、40代以上の世代にはあまり恩恵がありません。少子化が進む中で、全世代を大切にすることが重要です。また、初任給が高く見えても、固定残業代が含まれている場合が多く、実際の給与が期待ほど高くないことがあります。さらに、欧米では年齢による賃金変動が少なく、日本もこの形に近づいているため、初任給が高くてもその後の賃金上昇には注意が必要です。年俸制では初任給に賞与が含まれていることがあり、実際の月給が低くなることもあるため、内訳を確認することが大切です。

※参考:yahooニュース

子育てしながら働く人の声

世間の声1:

「子育てや住宅ローンの支出が多い40代の子育て世代は、若手の賃金優遇のせいで賃金が上がりにくくなってて、家計が厳しいよね。もっと公平にしてほしい。」

世間の声2:

物価が上がっているのに賃金が上がらないのは本当にきつい。教育費や生活費が増えている中で、賃金が上がらないのは大問題だよ。もっと子育て世代に配慮してほしいな。

世間の声3:

「若手の賃金が上がる一方で、子育て世代の賃金が上がらない現状は本当に厳しい。家計が圧迫されて生活水準が下がるのが心配だよ。もっとバランスの取れた配分をお願いしたい。」

世間の声4:

「企業は若手だけでなく、子育て世代にも賃金をしっかり配分してほしい。政府も子育て支援策を強化して、もっとバランスの取れた賃金体系を推進してほしいな。」

子育てしながら働く人の意見:まとめ

40代の子育て世代は、子育てや住宅ローンの支出が多く、若手の賃金優遇のために自分たちの賃金が上がりにくい状況に直面しています。物価が上がる中で賃金が上がらないのは厳しく、教育費や生活費が増加する中で大問題です。若手の賃金が上がる一方で、子育て世代の賃金が上がらないのは家計に大きな影響を与えます。企業は若手だけでなく子育て世代にも賃金を配分し、政府も子育て支援策を強化する必要があります。

※参考:yahooニュース


若手社員の給与や待遇が急速に良くなっていますが、40代以上の世代には恩恵が少ないです。

少子化が進む中、全世代を大切にすることが重要です。また、初任給が高く見えても、固定残業代が含まれるため、実際の給与が期待より低いことがあります。

欧米では年齢による賃金変動が少なく、日本もこの傾向に近づいているため、初任給後の賃金上昇には注意が必要です。

子育て世代は支出が多く、若手優遇で賃金が上がりにくくなっており、家計に大きな影響を与えています。

企業は若手だけでなく、子育て世代にも賃金を配分し、政府も支援策を強化する必要があります。

 固定残業代と年俸制の問題点

初任給の内訳と注意点

初任給が高く見える場合でも、その内訳を確認することが大切です。

多くの企業では、固定残業代が含まれていることが多く、これにより初任給が高く見えることがあります。

固定残業代とは、実際の残業時間に関係なく、一定の残業代を支払う制度です。

例えば、月20時間分の固定残業代が設定されている場合、実際の残業が10時間でも20時間分の残業代が支払われます。

求人票に示される初任給には、この固定残業代が含まれているため、見かけ上の給与が高く見えることがありますが、実際の給与が期待ほど高くないこともあります。

若者雇用促進法により、企業は固定残業代を除く基本給や残業時間数を明示する義務がありますが、これを正確に理解するのは難しいことがあります。

さらに、年俸制を採用する企業もあり、年俸制では年間の給与総額を月ごとに分配して支払います。

例えば、年俸360万円の場合、月額にすると30万円ですが、ボーナスが含まれていることがあります。

そのため、実際の月給が期待よりも低くなることもあります。

新卒者や求職者は、固定残業代や年俸制の詳細を確認し、内訳や実際の給与額を正確に理解することが重要です。

まとめ:企業と政府の役割

初任給バブルの中で、企業の賃金戦略が若手社員にシフトする一方で、子育て世代の給与が低迷している現実があります。

このような状況において、企業と政府にはどのような役割が求められるのでしょうか。

企業の役割

企業は、人材確保のために初任給を引き上げることが重要ですが、同時に全世代にバランスの取れた賃金配分を行う必要があります。

特に、子育て世代に対する給与配分を見直し、教育費や住宅費などの負担を軽減する施策を検討することが求められます。

例えば、勤続年数や職位に応じた適切な昇給を実施し、全社員が公平に待遇されるようにすることが重要です。

政府の役割

政府は、子育て世代を支援するための政策を強化する必要があります。

例えば、育児休業制度の充実や、子育て支援金の増額などが挙げられます。

また、企業がバランスの取れた賃金配分を行うためのガイドラインを提供し、適切な労働環境を整備することも重要です。

さらに、物価上昇に対する対策として、インフレ対策や生活費の負担軽減策を講じることが求められます。

子育て世代が直面する賃金の問題に対して、以下のアドバイスを参考にしてください。

  1. 家計の見直し: 定期的に家計を見直し、無駄な支出を削減することが重要です。特に、教育費や住宅費の見直しを行い、効果的な節約方法を検討しましょう。
  2. 副業の検討: 収入を増やすために、副業を検討することも一つの方法です。自分のスキルや興味に合った副業を見つけ、収入源を多様化することで、家計の安定を図りましょう。
  3. 投資の活用: 資産運用を始めることで、長期的な資産形成を目指すことができます。リスクを分散しながら、安全な投資方法を選び、将来のために積極的に資産を増やす努力をしましょう。
  4. 情報収集: 賃金や労働条件についての最新情報を常に収集し、自分の状況に応じた最適な行動を取るよう心がけましょう。労働組合や専門家のアドバイスを活用することも有益です。

企業と政府が連携してバランスの取れた賃金配分を実現し、子育て世代が安心して働ける環境を整備することが期待されます。一方で、個々の家庭でも適切な対応策を講じることで、より良い生活を実現することが可能です。


リサーチオンラインは、働く女性を応援しています!

リサーチオンラインを運営するリサーチバンク株式会社では、iDeCo (イデコ)、NISA(ニーサ)、新NISA(ニーサ)を基本とした年金対策、税金対策のご相談をお受けし、様々な悩みを解決してきました。実際、政府は個人の資産を増やすには「貯金から投資へ」シフトする必要があるというスローガンを長らく掲げています。

しかしながら、実際に投資を行っている人の割合は、全国20代〜70代の男女1,000人に調査した結果、約3割しかいませんでした。長年根付いてきた「お金をためるなら貯金」という概念を変えるには、正直高齢者では難しいかもしれません。若いうちから「お金をためる」ことを意識すれば、暮らしや気持ちにも余裕が持てるようになります。

リサーチバンクでは、日々頑張っている女性のために"相談のしやすさ"に特化した「アセット・デザイン・ラボ」を立ち上げ不安解消のお手伝いを行っています。

アセット・デザイン・ラボお約束する5箇条
  1. 専門家によるカスタマイズされたサポート:
    女性の資産運用における独自のニーズを理解し、それに合わせたパーソナライズされたアドバイスを提供します。
  2. 柔軟な相談オプション:
    忙しい日常の中でも、オンラインや対面での柔軟な相談オプションを通じて、利便性とアクセス性を高めます。
  3. プライバシーとセキュリティの確保:
    オンライン相談では顔出し不要なオプションを提供し、プライバシーを尊重します。また、個人情報の厳格な保護を約束します。
  4. ストレスフリーな相談環境:
    リラックスした雰囲気の中で、資産運用に関する疑問や懸念に応えます。
  5. エンパワーメントと教育:
    投資に関する知識を高め、自信を持って資産運用を行えるよう支援します。

「アセット・デザイン・ラボ」は、女性が資産運用を行う際に直面する独自の課題を理解し、それらに対応することで、女性が自信を持って投資を行うことができる環境を提供します。

将来を明るく過ごすために、まずは資産形成を考えましょう。相談はLINEから24時間いつでも無料で受け付けておりますのでお気軽にご相談ください♪

「アセット・デザイン・ラボ」詳細記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事