Z世代が注目するタイパ重視の時代:タイムパフォーマンスとは?

最近、コストパフォーマンスを重視する方よりもタイパを重視する方々が増加傾向にあります。タイパとは、タイムパフォーマンスの略です。

タイパを高めたくても、タイパの高め方を把握していなければ高められません。そこで今回は、タイパの高め方について詳しく解説します。本記事を参考にして、効率的に仕事へ取り組めるようにしましょう。

資産形成に関心がある人はこちらから!

タイムパフォーマンス(タイパ)とは何か?

タイパとはタイムパフォーマンスの略称で、業務にかけた時間から得られる成果のことをいいます。一見、タイパとコスパを混同してしまいそうになりますが、タイパとコスパの意味合いは全く異なっています。

コスパは費用対効果を表す言葉であるのに対し、タイパは時間対効果を表す言葉であるからです。例えば、1万円の商品を価格したのに1万円以上の価値を感じた場合にコスパが良いと表現します。

一方で、5時間漫画を見るのに時間を費やした場合、その漫画を見た時間に5時間以上の価値を見出したら、タイパが良いとなります。

つまり、タイパは時間主体で損得を決める考え方ということです。タイパを重視すると、無駄な時間を省けたり、余った時間を有意義に使えたりとさまざまなメリットが得られます。

効率的に時間を使いたいのであれば、タイパ重視に考え方を切り替えるとよいでしょう。

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

タイパを高めるために必要な5つの方法

タイパを高める方法として、以下の5つを解説します。

  • 業務の無駄を取り除くように心がける
  • 適切な報連相を行う
  • 自社に適した情報共有ツールを使用する
  • 業務内容に優先順位を決める
  • 完璧を求めすぎてはいけない

ここで解説した内容を参考にし、タイパをさらに高められるように努めましょう。

業務の無駄を取り除くためのポイント

タイパを高める方法として、業務の無駄を取り除くように心がけることが挙げられます。タイパは時間対効果を表す言葉であるため、業務の無駄を取り除くことは必ず行わなければなりません。

例えば、判子での承認業務やメールの返信業務など自社の業務の中で無駄だと思われる作業が多々見受けられるでしょう。

その業務の無駄を電子化にしたり、新たなツールを導入したりして適切な対策をすれば、業務の無駄を取り除けます。

業務の無駄を取り除くことを心がけ、仕事の生産性をさらに向上させられるように努めましょう。

効率的な報連相の実践方法

タイパを高めたいのであれば、適切な報連相を行うことが大切です。事細かに上司へ報告・連絡・相談をしておくことで、トラブル発生を防げるので、結果的に業務効率化につながります。

ただ、報連相を行うことに多大な時間を割いてしまっては、生産性低下に陥ってしまいかねません。

そのため、素早く報連相が行える社内SNSやビジネスチャットを導入するとよいでしょう。社内SNSやビジネスチャットでは過剰な敬語や定型的挨拶をせずに本題から入れるため、効率的に報連相を行うことが可能です。

社内SNSやビジネスチャットを用いて適切な報連相を行い、時間対効率を高められるようにしてください。

情報共有ツールの選び方と活用法

タイパを高める方法として、自社に適した情報共有ツールを使用することが挙げられます。情報共有ツールを使用すれば、手っ取り早くチームのメンバーに伝えたい内容を共有できるので、業務を進めやすくなります。

しかし、情報共有ツールを使用することで、ITツールに疎い社員が使いこなせなかったり、大人数での共有ができなかったりと、生産性を低くしてしまう可能性もあるのです。

そのため、情報共有ツールを自社に導入する際は使用方法を記したマニュアルを作成したり、大人数での共有が可能なツールを選んだりしましょう。

業務に優先順位をつける重要性

タイパを高めたいのであれば、それぞれの業務内容に優先順位を決めて仕事へ取り組む必要があります。

優先順位を決めて業務へ取り組むことで、効率的に仕事を進められたり、時間に追われずに質の高い仕事を行えたりとさまざまなメリットが得られます。

タイパを高めるためにも業務へ取り組む際は優先順位を決めたうえで、仕事に取り組みましょう。

完璧主義を避けてタイパを向上させる方法

タイパを高めたいのであれば、仕事の質に完璧を求めないようにしてください。仕事の質に完璧を求めすぎてしまうと、予想以上に時間がかかってしまい、タイパを低下させることにつながりかねません。

そのため、タイパを高めたいのであれば、8割ほどに収めておく必要があります。仕事の成果を出すためには、程よく仕事へ取り組むことも大切です。タイパ重視の方は、仕事の完成度8割を目指し、生産性効率を高められるようにしましょう。

関連記事:

まとめ:タイパ重視で効率的な働き方を実現しよう

タイパとは、業務に賭けた時間から得られる成果のことです。タイパを導入すれば、余った時間を有意義に使えたり、無駄な時間を省けたりとさまざまなメリットが得られます

また、タイパを高めたい場合は、適切な報連相を行ったり、自社に適した情報共有ツールを使用したりと業務への取り組み方を工夫するとよいでしょう。タイパを高めて効率的にお金を増やせるように、お金に働いてもらうという事もこれからは覚えていきましょう。

リサーチオンラインでは、資産運用に関する情報発信を公式LINEにて行っています。効率的に資産形成を行いたい方は、リサーチオンラインの公式LINEからお問い合わせください

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事