仕事後のリラックスと成長の時間:帰宅後の充実した過ごし方10選

仕事で疲れて帰ってくると、ついついソファでゆっくりしたくなりませんか?

しかし、そうするとあっという間に時間が過ぎていって、もうこんな時間!と急いで眠りにつく毎日で疲れの取れない朝を迎えるという方も多いと思います。

 

もう少し充実した時間の使い方をしたいと考えている人に、仕事の疲れを癒すリラックス方法や、成長のための効率のいい時間の使い方を紹介します。

 

この記事を読んで、ぜひ有意義な時間を過ごしてくださいね。

資産形成に関心がある人はこちらから!

リラックスして疲れを癒す方法

仕事から帰宅すると、リラックスして仕事の疲れを癒し、明日に向けてリフレッシュしたいものですよね。

とはいえ、どのようにして仕事の疲れをリセットしていいかわからない方のために、有効なアプローチ方法を紹介します。

 

健康的な入浴習慣

時間がない方は特に、入浴時間を削る方も多いのではないでしょうか?

しかし、疲れている時や時間がない時こそ、入浴時にしっかり体を温めて体も心もリフレッシュさせる必要があります。

入浴して体を温めることは、老廃物や疲労物質を体外に排出させやすくする効果があります。また、血流がよくなり、酸素や栄養が体中に運ばれるため、爽快感やリラックス効果が得られるのです。(※1)

そのため、時間がないからとシャワーだけで済まさずに、しっかりと入浴することをおすすめします。

心と体を整えるヨガとストレッチ

仕事で体を動かす機会が少ないという方にはぜひ積極的に取り入れてほしい時間の使い方です。

ヨガは、教室に通うイメージがありますが、今はオンラインレッスンや動画配信サービスなどで動画を視聴しながら自宅で体を動かせる手軽な運動方法です。

ゆっくりと体を動かしたり、呼吸に注目して精神を整えることで、リラックス効果を得られるだけでなく心のバランスも取れるのです。(※2)

疲れた精神状態や、凝り固まった体をほぐすためには、ヨガやストレッチなどのゆっくりした運動方法が最適ですよ。

資産形成に関心がある人はこちらから!

自己成長と学びの時間

仕事で疲れて帰宅する一方で、仕事で成果を出すために、自宅でも自己啓発に時間を使いたいという方もいますよね。

そのような方には、以下の方法がおすすめです。

読書

普段から読書をするという方も少なくないですが、仕事に行き詰まった時やヒントを得たい時には非常に有効な手段です。

経験したことがある方もいるかもしれませんが、就寝前の読書は非常に効率的です。

ドイツのリューベック大学が発表した研究によれば、学習後に時間を置かずにすぐ眠りにつくことは、学習内容を定着させやすくする効果があるのです。(※3)

とはいえ、睡眠前のため、ブルーライトを発するスマートフォンやタブレットなどではなく、紙の本での読書をおすすめします。

日記をつける

帰宅後の時間を充実したものにするためには、一日の出来事を思い返し、明日の活力を見出すことが重要です。

そのためには、日記を活用するといいでしょう。

日記は、一日の出来事を振り返らせるだけでなく、考察させる効果があります。

書きながら、一日の反省を行動に結びつけることで明日の目標にも繋げられるのです。

前に進むためには、振り返り反省点を見つけ出し、行動を改めることが重要です。

それを繰り返すことで、日々の考える癖づけにより自身の行動も改良されていき、自己成長に繋がるというわけです。(※4)

資産形成に関心がある人はこちらから!

家事を効率的にこなす方法

一日仕事で疲れて、家事や自分のことは後回しになってしまう人も多いと思いますが、身の回りを整えることは結果的に自分の気持ちも整えてくれます。

役目すましに行うのではなく、自分の気持ちが落ち着くのを感じながら取り組むといいでしょう。

プライベートタスクの管理

特に、家庭を持っている方に関しては、食事を人数分準備したり、子どもたちの翌日の支度を行ったりと忙しく過ごす方も多いでしょう。

確かに翌日のことを考えると、子どもに早く寝て欲しかったり、食事は簡単に済ませ掃除は週末にまとめて行う、というルーティンにしている方も少なくないと思います。

しかし、毎日すべきことを丁寧にこなしていくことで、身の回りが整っていき、自身の気持ちを落ち着けることに繋がるのです。

リビングが物で溢れかえっていたり、シンクが食器でいっぱいだったりすると、朝起床した際にも「今日も片付けからか......」と気分が上がりませんよね。

毎日を夜にリセットすることで、朝を新鮮な気持ちで迎えられますよ。

明日のための準備と計画

帰宅後の時間を充実したものにするためには、帰宅後は仕事のことを忘れて脳を休めることが重要です。

仕事でのミスや、翌日の仕事が気になっていては帰宅後も全くリフレッシュできませんよね。

帰宅後に切り替えてリラックスしたおうち時間を過ごすためには、明日の予定を書くことを習慣づけるのがおすすめです。

明日の予定や、プレゼンの内容をずっと考えていると、脳はその間緊張状態になります。その緊張状態を解くためにも、ノートなどに明日の予定を書き込むことは「今日の仕事はもう終わり」と脳へ教え込むことに繋がり、自然とオフモードに切り替えられるのです。(※5)

まとめ:リラックスと成長のための夜の習慣

この記事では、帰宅後の充実した時間の過ごし方について紹介しました。

仕事で疲れているとどうしても動きたくなく、無駄に時間を過ごしているということもあるかもしれませんが、気持ちをリフレッシュさせて明日を気持ちよく迎えるためには、今日の一日を気持ちよく終えることが重要です。

 

リサーチオンラインでは、金融情報や経済ニュースなど、働く人に有益な情報をお届けしています。将来の資産について、誰に相談すべきか悩んでいる方は、ぜひ公式LINEにてお問合せください。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事