30代女性向けお年玉ガイド:年代別相場と渡し方の全知識

RiSA

こんにちは、リサーチオンライン編集部のリサ子です!今回の記事では、新年の始まりを彩る日本の伝統行事「お年玉」にスポットを当ててみたいと思います。この記事を通じて、お年玉を渡す適切な時期、相場、注意点から、最新のキャッシュレストレンド、そしてお年玉の由来と歴史に至るまで、幅広く掘り下げます。お年玉を渡すことが年末の大仕事となる多くの家庭にとって、このガイドがお年玉に関する疑問を解消し、新年をより楽しく迎えるためのヒントになることでしょう。それでは、一緒にこのトピックについて学んでいきましょう!

特に、次のような方に読んでいただきたいです:
  • お正月を迎える若い親御さん
  • 親戚関係の広い方
  • 子どもたちにお年玉を渡す予定のある方
TAP or Click

この記事はお年玉に関する総合ガイドについて解説したものです。

  1. お年玉の金額は、受け取る子どもの年齢や親戚との関係性、さらには家庭の経済状況や地域の慣習によって異なります。また、新札を使用し、封筒に入れて渡すなど、お年玉のマナーについても触れています。
  2. 現代の非接触のニーズに応じて、キャッシュレスでのお年玉のやりとりが注目されています。LINE Pay、PayPay、d払い、メルペイなどのキャッシュレス決済手段が紹介され、それぞれの特徴や利用方法について説明しています。
  3. お年玉の起源は日本の古い伝統に根ざしており、新年を祝い、子どもたちの健康や幸福を願う風習として受け継がれています。この文化的背景を理解することで、お年玉の真の価値と意義を再認識することができます。

はじめに:お年玉の基本知識

新年を迎えると、子どもたちにとっての大きな喜びの一つがお年玉です。元々は、新年に年神様を迎える神事の一環として、家族間で健康や長寿を祈願しながら餅などの贈り物を交換する習慣でした。時が経つにつれ、この風習は進化し、現代のようにお金を贈る形に変わってきました。また、最近ではキャッシュレス化に伴うデジタルお年玉など形を変え、進化しています。今日でも、お年玉は子どもたちにとって新年を祝う重要な伝統であり、日本文化の象徴として受け継がれています。

しかしながら、大人になると、お年玉の金額や対象年齢に関する疑問が生じがちです。

親戚が多かったり、自分の子どもがいる場合、お年玉の準備は年末の重要なタスクの一つになります。この記事では、これらの疑問に答えて、新年の楽しい瞬間を最大限に楽しむためのアドバイスを提供します。

お年玉贈り始めと終わりのタイミング

お年玉の贈り始めと贈り終わりのタイミングは家庭や親戚により異なりますが、多くは0歳から小学生までに始め、18歳から22歳まで続けることが一般的です。調査によると、0歳の子供にお年玉を渡す割合が26%、小学生から始めると答えた人が39.5%です。また、18歳までにお年玉を渡す割合が31.2%、22歳までが32.6%となっています。これらのデータから、お年玉の習慣は家庭ごとの特定の状況に基づいていることがわかります。

親族別お年玉相場ガイド

親から子へ:年齢別お年玉相場

親からのお年玉の金額は、0〜2歳では500円〜2,000円、3〜5歳では1,000円〜3,000円、小学生では3,000円〜5,000円、中学生以上では5,000円〜10,000円が一般的です。家族方針によって変わり、子どもの成長や自立を促すための教育的な考慮も含まれます。貯蓄やお金の管理を教える目的でお年玉の額を決める家庭もあります。

叔父叔母からのお年玉:甥・姪への相場案内

叔父叔母からのお年玉の相場は、乳幼児には1,000円〜3,000円、小学生には1,000円〜5,000円、中学生以上では3,000円〜10,000円となります。これらは参考値で、各家庭の経済状況や地域の慣習に合わせて調整されるべきです。親戚間で事前に相場を話し合うことで、子どもたちに平等な扱いを保証することが大切です。

祖父母から孫へのお年玉:心を込めた贈り物

祖父母から孫へのお年玉相場は、0〜2歳では1,000円〜5,000円、3〜5歳で1,000円〜5,000円、小学生では1,000円〜5,000円(高学年は最大10,000円)、中学生では5,000円〜10,000円、高校生では5,000円〜30,000円です。祖父母は、孫の成長や将来へのサポートを考慮し、金額を選ぶ傾向にあります。特に高学年や中学生以上の孫には、教育や将来的な支援を意識した額が考慮されます。

キャッシュレスお年玉の時代:2025年のトレンド予測

最近のキャッシュレス化の波は、お年玉の伝統にも影響を与えています。2021年のコロナ禍で、多くの人々が帰省を控える中、「キャッシュレスお年玉」が注目を集め、2023年現在でも新しいお年玉の形態として普及しています。

キャッシュレスお年玉への賛否両論

賛成派の理由

・便利さ(支払いがスムーズ、現金不要): 72%が選択。キャッシュレス決済の利便性が最大の理由。

・時代に合っている: 12%が支持。テクノロジーの進展に対応した方法。

・コロナ対策(衛生的な理由): 10%が指摘。感染リスクの低減。

・ポイント還元: 7%が評価。経済的メリットの追求。

・その他: キャッシュレスに慣れている、現金より管理しやすい、選択肢の広がりなど。

反対派の理由

・お金の価値がわからない: 49%が懸念。金銭感覚の理解に影響。

・現金の方が実感がわく、嬉しい: 23%が感じる。直接的な喜びの提供。

・伝統を重視、情緒的な要素欠如: 13%が指摘。古くからの習慣の重要性。

・セキュリティへの懸念: 6%が不安視。情報漏洩や不正使用のリスク。

・その他: キャッシュレスに慣れていない、子供がスマホを持っていない、使い過ぎる可能性など。

上記の賛否を参考に、リサーチオンラインでは、「バランスのとれたアプローチ」を用いて、キャッシュレスお年玉を利用することを提唱します。便利さと伝統のバランスを取りながら、子供の年齢や理解度に応じて適用すべきです。

小さな子供には現金を通じた金銭教育を行い、大きくなった子供やデジタルに慣れた青少年にはキャッシュレスの利用を考慮するなど、柔軟かつ慎重な取り組みが求められます。キャッシュレスの便利さを享受しつつも、お年玉の伝統的な価値を大切にし、新旧の良さを融合させることが、今後のお年玉のあり方を形成する上で重要になります。

キャッシュレス化の波:中国の動向と日本への影響

中国では、電子決済の急速な普及と政府及び大手テクノロジー企業の推進により、伝統的な「紅包」(お年玉)がデジタル化へと大きく変化しています。特にアリババ・グループの「Alipay(支付宝)」やテンセントの「WeChat Pay(微信支付)」のようなモバイル決済サービスが、広く受け入れられています。2020年第1四半期には、7億6500万人以上の中国人がモバイル決済を利用し、これは人口の半分以上に相当します。

この動きは、お年玉の伝統にも影響を及ぼしており、2018年の大晦日には約7億人がWeChat Payを通じて「紅包」(お年玉)を配布しました。このようなデジタル化の波は、中国のキャッシュレス市場が主にQRコード決済に基づいていること、銀行口座の普及が遅れた背景、モバイルインターネットの広範囲な普及、デジタル経済への全面的な移行などに支えられています。

中国のキャッシュレス決済の普及は、日本におけるお年玉の在り方にも影響を与えている可能性があります。中国と同じく、日本でもキャッシュレス化が進展しており、これは特に若い世代において顕著です。中国でのキャッシュレスお年玉の成功事例は、日本における伝統的なお年玉文化のデジタル化にもヒントを与えるかもしれません。

キャッシュレスで送る新たなお年玉:実用ガイド

PayPayでのお年玉の送り方

1.PayPayアプリのホームで「送る」をタッチ

2.画面下にある「送る」から「ポチ袋を送る」を選択

3.送金する金額を入力し「次へ」をタッチ

4.「○○円のリンクを作成する」をタッチ

5.SNSやリンクを通じて送信。

※ 注意:受け取りは48時間以内。PayPayマネー間の送金には本人確認が必要。出金には手数料がかかる場合あり。

LINE Payでのお年玉の送り方

1.お年玉をあげる相手を「友だち」として登録する

2.ホーム画面から「ウォレット」→「送金」をタップ

3.「友だちを選択」の画面で、お年玉をあげる相手を選択

4.送金額の欄に、あげるお年玉の額を入力し、「次へ」をタップ

5.メッセージとカードを設定して、「次へ」をタップ

6.パスワード認証もしくは生体認証を行う

7.「送信が完了しました。変更が反映されるまでしばらく時間がかかることがあります。」の確認画面で「確認」をタップ

8.送金完了

Amazonギフトカードでのお年玉の贈り方

1.Amazonウェブサイトで「ギフト券 eメール」を選択。

2.お好みのデザインを選び、金額や送り先、メッセージを入力。

3.購入を完了し、メールまたはSNSやリンクを通じて送信。

※ ギフトカードEメールタイプ以外にも様々なデザインや金額が選べます。

封筒タイプ、ボックスタイプ、商品券タイプ、カタログタイプ、印刷タイプ

まとめ:お年玉のマナーと楽しみ方の再確認

お年玉は子どもたちにとって新年の大きな喜びですが、大人になるとそのマナーや金額設定が悩みの種になることもあります。重要なのは、受け取る子どもの年齢や親子の関係、地域の風習を考慮しながら適切な金額を選ぶことです。また、キャッシュレスのトレンドを取り入れつつ、伝統的なお年玉の価値を大切にすることも忘れてはいけません。お年玉を通じて家族の絆を深め、新年の幸せを分かち合うことで、楽しいお年玉の習慣をこれからも引き継いでいきましょう。

リサーチオンラインは、働く女性を応援しています!

リサーチオンラインを運営するリサーチバンク株式会社では、iDeCo (イデコ)、NISA(ニーサ)、新NISA(ニーサ)を基本とした年金対策、税金対策のご相談をお受けし、様々な悩みを解決してきました。実際、政府は個人の資産を増やすには「貯金から投資へ」シフトする必要があるというスローガンを長らく掲げています。

しかしながら、実際に投資を行っている人の割合は、全国20代〜70代の男女1,000人に調査した結果、約3割しかいませんでした。長年根付いてきた「お金をためるなら貯金」という概念を変えるには、正直高齢者では難しいかもしれません。若いうちから「お金をためる」ことを意識すれば、暮らしや気持ちにも余裕が持てるようになります。

リサーチバンクでは、日々頑張っている女性のために"相談のしやすさ"に特化した「アセット・デザイン・ラボ」を立ち上げ不安解消のお手伝いを行っています。

アセット・デザイン・ラボお約束する5箇条
  1. 専門家によるカスタマイズされたサポート:
    女性の資産運用における独自のニーズを理解し、それに合わせたパーソナライズされたアドバイスを提供します。
  2. 柔軟な相談オプション:
    忙しい日常の中でも、オンラインや対面での柔軟な相談オプションを通じて、利便性とアクセス性を高めます。
  3. プライバシーとセキュリティの確保:
    オンライン相談では顔出し不要なオプションを提供し、プライバシーを尊重します。また、個人情報の厳格な保護を約束します。
  4. ストレスフリーな相談環境:
    リラックスした雰囲気の中で、資産運用に関する疑問や懸念に応えます。
  5. エンパワーメントと教育:
    投資に関する知識を高め、自信を持って資産運用を行えるよう支援します。

「アセット・デザイン・ラボ」は、女性が資産運用を行う際に直面する独自の課題を理解し、それらに対応することで、女性が自信を持って投資を行うことができる環境を提供します。

将来を明るく過ごすために、まずは資産形成を考えましょう。相談はLINEから24時間いつでも無料で受け付けておりますのでお気軽にご相談ください♪

「アセット・デザイン・ラボ」詳細記事

 

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事