無理せず働きながらできるダイエット6選!

ダイエットをするのなら摂取カロリーより消費カロリーが上回る必要がありますが、日常生活が忙しくてカロリーを消費できずにいると悩んでいる方も多いでしょう。

カロリーを消費するために時間を設けなくても、通勤や仕事中など日常生活の中にある行動を取り入れることで消費カロリーを上回ることは十分に可能です。

そこで今回は、通勤編・食事編・仕事編・おまけの4つに分類してカロリーを消費する方法を紹介します。ぜひ本記事を最後までお読みいただき、ダイエットの参考になれば幸いです。

通勤編

通勤途中にカロリー消費する方法がないと思い込んでいる方が多いかもしれません。しかし、通勤する際に以下の2つの方法を実施することで、カロリー消費につながります。

  • 一駅前で降りて30分間早歩きをする
  • 30分間立って電車に乗車する

一駅前で降りて30分間早歩きをする

体重や早歩きの速度によって消費カロリーが大きく異なるため一概には言えませんが、体重50kgの人物が時速5.6kgで30分間早歩きをした場合、113キロカロリーを消費できます。(※1)ちなみに113キロカロリーは、魚肉ソーセージ1本分の消費カロリーです。

早歩きをする際に腕をしっかり振ると、上腕二頭筋や三頭筋などの上半身の筋肉が鍛えられるのでより痩せやすい体作りにつながりますよ。

30分間立って電車に乗車する

電車通勤をする際、立って通勤した場合と座って通勤した場合とでは大きく消費カロリーが異なります。

体重50kgの方が30分電車に座って乗車した場合の消費カロリーが22.6キロカロリーなのに対し、30分たって乗車した場合は45.2キロカロリーを消費していますよ。(※2)つまり、立って電車に乗車することで2倍近いカロリーが消費できることがわかります。

食事編

自身の食事内容を見直すことでカロリーの消費につながるでしょう。ここでは、食事の面でカロリーを消費しやすくする方法として、以下の2つを紹介します。

  • オートファジーダイエットを実践する
  • ダイエット中のお酒は蒸留酒がおすすめ

オートファジーダイエットを実践する

オートファジーダイエットとは、1日の中で8時間は好きなものを食べて残りの16時間は断食するダイエットのことです。

最後の食事から12時間以降に、細胞内の悪玉たんぱく質をエネルギー源に変えて新しいたんぱく質が取り入れられるため、脂肪の燃焼が促されてカロリーの消費につながります。

無理な食事制限をする必要がないダイエット方法であるため、おすすめです。今までダイエットに挫折した経験がある方は、特にオートファジーダイエットを実践してみてください。

ダイエット中のお酒は蒸留酒がおすすめ

本記事を読んでいる方の中には、ダイエット中だけどお酒を飲みたい方もいるかもしれません。どうしてもダイエット中にお酒を飲みたい方は、蒸留酒の摂取がおすすめですよ。蒸留酒とは、ウイスキー・ブランデー・焼酎などのお酒です。

蒸留酒は糖質が少ないので摂取しても血糖値が上がりにくく体脂肪もつきにくいですよ。特にウイスキーを炭酸で割ったハイボールは、おなかを適度に膨らませられるので暴飲暴食の防止にもつながります。

仕事編

仕事編では、以下の2つが挙げられます。

  • 立ち仕事を1時間実施した場合は105キロカロリー消費する
  • デスクワークでは座る姿勢を意識してカロリーを消費する

立ち仕事を1時間実施した場合は105キロカロリー消費する

1時間立ち仕事を実施した場合は約105キロカロリー消費するといわれています。(※3)しかし、1時間105キロカロリーというのはただ立って仕事をしている時の消費カロリーであり、歩いている場合や重い荷物を持った場合は含まれていません。

接客業で立ち仕事をしている方は、歩き回ったり重い荷物を持ったりする機会が多いでしょう。接客業で1時間立ち仕事を実施したのなら、105キロカロリー以上を消費できます。

デスクワークでは座る姿勢を意識してカロリーを消費する

デスクワークをしていると座っている時間が多いので運動量が少なくなり、太りやすくなる恐れがあります。しかし、デスクワーク中に背もたれを使わず姿勢を正して仕事をすれば、自然に腹筋へ力が入るため、消費カロリーを向上させることが可能です。

デスクワークをする際は、以下の4つの点に気を付けたうえで仕事へ取り組みましょう。

  • パソコンの画面と目の高さが同じぐらいになるように調節する
  • デスクに手を置いた際に肘が自然と90度になることを確認する
  • 足の付け根やひざも90度になっているかを確認する
  • 背筋を伸ばしておなかに力を入れる

座る姿勢を意識してデスクワークを実施することでカロリーを消費するだけでなく、ウエスト周りの筋トレにもつながります。デスクワークの仕事に就いている方は、ぜひ取り入れてみてください。

おまけ

おまけでは、本業以外のプライベートな時間でカロリー消費につなげる以下の2つを紹介します。

  • 土日に引っ越しバイトを実施する
  • 半身浴で体を温めて血流を促進する

土日に引っ越しバイトを実施する

本業が休みの土日に引っ越しバイトを実施することで、お金も稼ぎつつダイエットにつながります。引っ越しバイトは重い荷物を運ぶ仕事なので大きくカロリーを消費でき、筋肉量を増加させて基礎代謝を向上させることも可能ですよ。

アパートやマンションの引っ越し作業では階段を昇り降りしなければいけない機会が多く、より大幅にカロリーを消費できるでしょう。

半身浴で身体を温めて血流を促進する

半身浴で身体を温めて血流を促進することで、むくみ解消や基礎代謝の向上につながります。半身浴は全身浴と異なり熱を感じにくいので長時間湯船につかることができるので、たくさん汗をかいてむくみを解消できますよ。

半身浴で基礎代謝を向上させることで大きく体重は落とせなくても、痩せやすい身体づくりをすることは可能です。半身浴を毎日実施することで痩せやすい身体を作りましょう。

https://research-online.jp/all/save/2873/
https://research-online.jp/all/life/4351/

まとめ

日常生活で忙しい方でも、通勤や仕事中に工夫することでカロリーを大きく消費できます。毎日運動することが体力的に難しくても、デスクワーク中の姿勢を正して基礎代謝を向上させることはできるでしょう。

本記事で紹介したカロリー消費方法を自身のライフスタイルに導入することで、ダイエットが成功できる可能性が高まります。なかなか他のダイエット方法で痩せられない方は、本記事で紹介したカロリー消費方法を取り入れてみてください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事