嫌婚男子の特徴とは?嫌婚男子と結婚する方法も解説!

世の中には結婚に意欲的な考えの男性だけでなく、嫌婚男子と呼ばれる結婚に対してマイナスなイメージを持っている男性も存在します。

 

せっかく自分と相性の良い彼氏ができたとしても、彼が嫌婚男子であれば一緒に家庭を築くことは難しいです。

 

そこで今回は、嫌婚男子の特徴や嫌婚男子と結婚する方法について解説します。現在、婚活中の女性はぜひご覧ください。

嫌婚男子の特徴

 

嫌婚男子とは、家庭を持つ経済力を兼ね備えているのにも関わらず、結婚をしたがらない男性のことです。嫌婚男子の特徴として、以下の3つが挙げられます。

 

  • 異性と交際することの楽しさを知らない
  • 結婚によいイメージがない
  • 自分のために時間やお金を使いたい

 

嫌婚男子と結婚するためには、彼らがなぜ結婚を嫌がるのかを把握しなければいけません。ここで解説した内容を把握し、嫌婚男子の実態を理解しましょう。

異性と交際することの楽しさを知らない

嫌婚男子の中には、異性と交際したことがなかったり、よい恋愛をしてきてないから結婚の楽しさが理解できなかったりといった理由で結婚を毛嫌いしている場合もあります。

 

交際の楽しさがわからないから、結婚するまでの過程を踏むのが面倒に感じてしまい、恋愛をしないようにしているのです。

 

また、嫌婚男子は女性慣れもしていない場合が多く、女性の何気ない態度に落ち込んでしまいやすいですよ。嫌婚男子は恋愛をしようとしても打たれ弱くてすぐ諦めてしまいやすいため、自分が傷つかないために結婚していない場合も考えられます。

結婚によいイメージがない

周りに不倫や離婚を繰り返ししている人が多くて結婚に悪いイメージを抱いていることも、嫌婚男子になる要因の一つです。

 

周囲に不倫や離婚している人が多いと、「結婚してもどうせ不倫されてしまうのではないか?」と結婚そのものに不安を感じやすくなります。

 

時間もお金もかけて結婚して裏切られるくらいなら、結婚しなくてよいと考えているのが嫌婚男子なのです。

自分のために時間やお金を使いたい

自分のために時間やお金を使える独身生活に満足しているから、嫌婚男子になっている可能性も十分にあり得ます。

 

結婚したらデート費用や結婚式費用など多額のお金がかかるため、趣味にお金を費やしにくくなります。

 

また、異性と結婚して子どもができると子どもの世話もしなければならないので、時間の自由がなくなってしまうのです。

 

このように自分にとって不都合な状態が発生することを嫌婚男子は、嫌っています。

嫌婚男子と結婚する方法

嫌婚男子と結婚するためには、以下の2つの点に気をつけて説得するとよいでしょう。

 

  • 結婚はコストパフォーマンスがよい
  • 精神的に弱った場合も心の支えができる

 

嫌婚男子は、結婚をお金のかかるイベントと認識している場合が多いです。結婚はお金も時間もかかるイベントですが、生活費は2人で分担できるため、1人にかかる金銭的な負担が少なくなります。

 

加えて、結婚して同棲をするのなら家事も2人で分担できるので、家事に使用していた多額な時間を使って趣味に興じることも可能です。

 

このように論理的に嫌婚男子を説得して、結婚に対するメリットを感じてもらえば結婚できる可能性があります。

 

また、結婚をすればお互いに支え合えるので、精神的に弱ったことがあったとしても、看病できるでしょう。

 

独身の場合は、自身が病気で働けなくなった場合は収入が入らなくなり、貯金を切り詰めて生活しなければいけません。

 

しかし、結婚をして共働きならば、一定の収入が得られるため、精神的な負担が軽減されます。嫌婚男子は、結婚に対するデメリットだけを見てしまいがちなので、結婚に対するメリットも伝えるように心がけましょう。

 

もし、嫌婚男子の説得ができて結婚に前向きになったとしても、すぐ結婚手続きを踏むのは控えたほうがよいです。お互いに別居して付き合っているときは彼が誠実に接してくれていたとしても、同居して理想の男性像と違うと感じる可能性もあります。

 

お互い人間同士なので価値観が大きく異なっていれば、同棲するだけでストレスの蓄積につながるかもしれません。なので、まず同棲を開始してお互いに結婚して上手く生活ができるのかを見極めるようにしましょう。

まとめ

嫌婚男子は、異性と交際する楽しさを知らなかったり、自分のためにお金を使いたかったりといった理由で結婚に対してマイナスなイメージを持っています。

 

そのため、彼が嫌婚男子なのであれば、結婚に対するポジティブなイメージを持ってもらうように説得しましょう。

 

たとえば、結婚をすれば2人で生活費や家賃などを折半できるため、1人にかかる負担が少なく済みます。加えて、病気で働けなくなった場合でも共働きであれば、一定の収入を毎月得られるので、精神的な負担軽減にもつながるでしょう。

 

嫌婚男子と付き合っている女性は、ぜひ本記事を参考にしてください。嫌婚男子への説得ができても結婚式など何かとお金が必要になってくるかと思います。

 

結婚資金を貯めるためにも資産形成に興味がある方は、リサーチオンラインへ一度相談してみましょう。リサーチオンラインでは、いつでもお金に関する質問や相談を受け付けています。お金に関して不安があれば、ぜひご相談ください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事