お金を使わず趣味に時間を使いたい!人気な趣味TOP3

好きなことに没頭して日々のストレスを発散させる手段として、趣味を持ちたいと考える人は多いです。

 

しかし、趣味は「お金がかかる」というイメージが強く、なかなか手が出せないでいませんか?

実は、お金をかけなくてもすぐに始められる趣味はたくさんあります。スキマ時間にもできるので、仕事で忙しい人もわざわざ休日をつぶす心配はありません。

 

今回は、お金を使わない人気の趣味を3つご紹介します。本記事を読んだその日に始められるので、ぜひご覧いただき実行してみてください。

 

資産形成をしてみたい人はこちらから!

お金がかからない趣味TOP3

お金のかからない趣味としておすすめなのが以下のような趣味です。

 

・読書

・手芸

・ジョギング

 

これらの趣味は自分1人で十分楽しめるほか、趣味としてはメジャーな部類なので、ふとした時に趣味仲間ができる可能性もあります。

また、始める敷居が低く好きな時に辞められるのも、趣味の入口としてはぴったりです。

 

以下でそれぞれの趣味について、詳しく解説していきます。

読書

 

読書はインドア趣味としてはかなりメジャーな部類に入るので、思いつく人も多いのではないでしょうか。

 

読書が趣味としておすすめできるポイントは、敷居の低さです。読書をしたことがないという人はほとんどいませんし、普段から読書を習慣にしている人もいます。

費用も本を買う数百円で済み、1冊買うだけで数時間は費やせるのも魅力です。また、読まなくなった本は、売れば次の本を買う資金にもなります。

 

読書の習慣があり、読書を趣味にすることに目新しさを感じない人は、読書する環境も考えてみましょう。自宅に読書スペースを確保するもよし、公園やカフェに行ったりと外に出てみるのもいいかもしれません。

 

また、最近は書店とカフェが一体化した「ブックカフェ」も増えてきており、より読書に特化した環境で読書が楽しめます。

手芸

 

手芸は、スキマ時間に手を動かすのにはぴったりの趣味です。手芸には次のような種類があります。

 

・フェルト手芸

・編み物

・刺繡

・裁縫

・パッチワーク

 

フェルト手芸はフェルト布を使用して、可愛らしい人形や小物を作ります。必要なものは針糸・布だけなので気軽に始めやすいのが魅力です。

 

編み物で作れるものはセーターやニット帽などで、必要なものは毛糸とかぎ針だけです。こちらは針も使わないので、怪我の心配もほとんどありません。

 

刺繡は、細かい作業が好きな人におすすめの手芸で、使うものは針・糸・布のみと準備も簡単なのが魅力です。いきなり刺繡はハードルが高く感じるかもしれないので、初心者の方は刺繡キットを購入しましょう。

 

裁縫はミシンを使えば日用品など自作できる幅が広いので、作りたいものがある人に特におすすめです。

 

パッチワークはいらなくなった布や古着を再利用できるので、家計に優しいのが嬉しいといえます。

ジョギング

 

ジョギングは多くの人がたしなむ趣味で、ランニングウェアとシューズがあれば始められる敷居の低さも魅力です。

 

また、敷居の低さに対して得られるメリットが多いのもおすすめできる点です。ジョギングで得られる主なメリットには以下のようなものがあります。

 

・健康になれる(肉体面・精神面)

・充実感・達成感を味わえる

 

ジョギングの主なメリットとして健康面が挙げられますが、一言で健康と言ってもジョギングで得られるのは肉体的な健康と精神的な健康の2つです。

 

肉体的には血行の改善や脂肪燃焼によるダイエット効果、基礎体力の向上、老化防止などがあり、さまざまな面で健康的な肉体が維持できます。精神的にはストレスの解消やうつ病の抑制が主に挙げられます。

 

さらに、目標やコースを設定すれば充実感や達成感を味わえるため、なかには大会への出場などより大きな目標を設定するランナーもいるほどです。

 

また、上記以外に四季を楽しめるのもジョギングの魅力と言っていいでしょう。

 

資産形成をしてみたい人はこちらから!

趣味にお金をかけないメリット・デメリット

趣味にお金をかけない場合、次のようなメリットがあります。

 

・刺激を得られる、成長できる

・ストレス解消になる

・生活のメリハリがつけやすくなる

 

お金のかからない趣味は生活習慣の一貫にもなりやすく長く続けられるため、生活のメリハリがつけやすくなったり、日々のストレスを軽減できたりといったメリットがあるのが魅力です。

 

一方、趣味にお金をかけない場合は次のようなデメリットもあるので注意しましょう。

 

・できることが限られる

・やめてしまう原因が多い

 

お金がかからない範囲でできる趣味はどうしても限られます。カメラなど初期投資の高いものや、旅行のように都度お金のかかる趣味はできません。

 

また、お金がかからない趣味は始める敷居が低い反面、やめる敷居も低いです。始めるに当たって苦労がほとんどないため、飽きっぽい人には向いていないと言えます。

まとめ

社会人になってから趣味を辞めてしまった人や、時間・お金がなくてなかなか趣味に手を出せない人は、まずはお金をかけずに簡単に始められる趣味をしてみてはいかがでしょうか。

 

お金のかからない趣味なら始めるのもやめるのも簡単なので、すぐできそうなものから実行してみましょう。リサーチオンラインでは、節約術のほかにも、投資や資産運用について相談を受け付けています。何か気になることがありましたら、ぜひお問い合わせください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事