【2023年版】看護師の平均年収は?年収アップのポイントや手取り、ボーナスを徹底解説

病院勤務や介護施設、保育園などの多様な働き方がある看護師ですが、平均年収やボーナスなど、どの程度支給されているのかご存じでしょうか。

 

本記事では看護師の平均年収やボーナス、また年収UPの具体的な方法についてお伝えしていきます。

看護師を目指している方はもちろん、現在も現場で勤務されている方にも役立つ情報になっているので、ぜひ参考にしてご覧ください。

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

看護師の働き方ごとの平均年収について

看護師というと病院勤務をイメージする方が多いと思いますが、保育園や介護施設、診療所や企業の健康管理部などさまざまな勤め先があります。平均年収は施設ごとによって異なり、仕事内容も少しずつ違う場合がほとんどです。

 

なお、看護師の平均年収は508万1,300円です。月収は35万1,600円、賞与は86万2,1​​00円となっています。

 

看護師の年代別の年収や月収は以下の通りです。

年齢 平均年収 平均月収
20~24歳 ¥4,003,500 ¥295,100
25~29歳 ¥4,770,400 ¥333,600
30~34歳 ¥4,788,700 ¥333,800
35~39歳 ¥5,058,300 ¥346,000
40~44歳 ¥5,297,400 ¥361,000
45~49歳 ¥5,653,600 ¥384,800
50~54歳 ¥5,663,800 ¥383,800
55~59歳 ¥5,784,500 ¥391,200
60~64歳 ¥4,831,100 ¥344,000
65~69歳 ¥3,939,400 ¥291,200
70歳~ ¥3,955,300 ¥306,900

 

上記の表は給与の額面であり、手取りは表記されている額の8割程度となります。

経験年数を積んでいけば、500万円を超える年収を見込むことができるでしょう。

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

年齢と勤務地での違いは?

看護師の収入は勤務地によって異なります。地方よりも都市部のほうが年収は高い傾向です。

 

一部都道府県を抜粋して地域別の平均年収及び平均月収をお伝えします。

平均年収 平均月収
全国平均 ¥5,081,300 ¥351,600
北海道 ¥5,044,600 ¥346,100
新潟県 ¥5,297,000 ¥360,300
東京都 ¥5,640,500 ¥396,400
大阪府 ¥5,295,500 ¥370,800
宮崎県 ¥4,272,600 ¥296,300
沖縄県 ¥4,775,100 ¥330,700

 

最も年収の高いのは東京都の564万円です。

 

反対に、最も平均年収が低かったのは宮崎県で約381.5万円です。関東に比べると九州や四国地方の方が低めの傾向になります。

 

もちろん所属する医院や規模によって違いがあるので、平均年収の高い地域の看護師になれば多く収入が見込めるわけではありません。ぜひ参考にしてご覧ください。

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

看護師の給料の内訳について

看護師の給与の内訳は、「所定内給与」と「所定外給与」に分かれています。

大まかな意味は以下の通りです。

 

  • 所定内給与…基本給や各種手当
  • 所定外手当…夜勤手当超過勤務手当

 

なお、所定ない給与は以下のような項目のことをさします。

 

  • 基本給
  • 住居手当
  • 交通費
  • 家族手当
  • 資格手当
  • 交代勤手当
  • 特殊勤務手当

 

所定内の労働時間に勤務した場合に支給される通常の給与です。なお基本給は勤め先によって規定が異なり、年功給や職務給、またはその両方です。

 

所定外給与は、決められた勤務時間を超過した場合や休日出勤、深夜の労働に対し、支給されるものです。以下のような手当がつきます。

 

  • 超過勤務手当
  • 休日勤務手当
  • 深夜手当
  • 呼び出し手当
  • 宿日直手当
  • 拘束手当

 

また、看護師はボーナスが支給されることがほとんどです。20代前半の平均賞与はおよそ年間で40万円程度ですが、40代〜50代では100万円程度になる場合もあります。

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

年収アップする方法について

看護師として働く上で給与を上げる方法は大きく分けて3つです。順に解説します。

 

転職をする

一番スピーディーに、大きく年収を上げたいのであれば、やはり転職するのが良いです。看護師の経験やスキルさえあれば、転職で年収を上げることは十分可能になります。

 

大規模の病院や自由診療などをおこなっている美容整形外科、婦人科なども給与の水準が高いです。

資格をとる

「認定看護師」や「専門看護師」などの手当を取得すると、病院にもよりますが資格手当がつく場合があります。

転職ほど大きく年収をあげる手段ではありませんが、確実に収入を増やせることに加えて、看護師としてのスキルも身につけることが可能です。

 

管理職になる

主任や師長などの管理職になれば、当然給与はあがり、年収は大きくUPします。また役職手当等がつくので、確実に収入を増やすことができるでしょう。

勤続年数は若い内は厳しいですが、年数を重ねれば最も有効な手段の一つです。

まとめ

看護師の平均年収は約508万円でしたが、前述したように地域によっても大きく異なります。

また、病院の規模や看護師として働く施設によっても収入は違うので、本記事の内容を一つの参考としてください。

 

給与のみの収入に加えて、投資や資産運用なども自身の生涯年収をあげる上でも有効な手段の一つです。リサーチオンラインでは、投資や資産運用の相談を受け付けています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事