高級食パン市場の変化:『乃が美』事例分析と今後の展望

この記事のポイント

読者さん
最近、「乃が美」の高級食パンが注目されているのを見かけますね。
彼らは成功したのでしょうか?
また、フランチャイズビジネスモデルの利点とリスクについてもっと知りたいです。

RiSA

こんにちは、リサーチオンライン編集部のリサ子です!
今回の記事では、高級食パン市場で一世を風靡した「乃が美」に焦点を当てます。
「乃が美」が市場に与えた影響、フランチャイズビジネスモデルの光と影、そしてこのケーススタディから学べるビジネスの持続可能性と適応戦略について掘り下げます。ビジネスの成功と挑戦に興味のある方々にとって、有益な情報を提供することを目指しています。
それでは、一緒にこの興味深いトピックについて学んでいきましょう!

特に、次のような方に読んでいただきたいです:
  1. これからフランチャイズを開始しようと考えている起業家
  2. 高級食パン市場や食品業界の最新トレンドに興味がある業界関係者
  3.  ビジネスモデルや市場動向に関心のある方
TAP or Click

この記事は「高級食パンフランチャイズ」である「乃が美」について解説した記事です。

  1. 高級食パン市場とフランチャイズビジネスモデルのケーススタディについて
  2. フランチャイズシステムの強みと弱点: 「乃が美」の事例を通して、フランチャイズモデルの成功の要因と、経済環境の変化に対する脆弱性、特にコロナ禍での売上減少がもたらした経営上の課題に焦点を当てています。
  3. ビジネスの持続可能性と適応戦略: 「乃が美」の経験から学ぶビジネスの持続可能性、経営の柔軟性、リスク管理の重要性、そして外部環境の変化に対する迅速な対応の必要性について説明しています。

はじめに:高級食パンブランド『乃が美』の成功と挑戦

高級食パン市場の台頭と「乃が美」

2013年に創業した「乃が美」は、高級食パンブームの火付け役として、日本の食文化に新たなトレンドをもたらしました。その革新的な「生食パン」のコンセプトは、食パンを日常の朝食から特別な日の贈り物や自分へのご褒美に昇華させ、市場に大きな影響を与えました。しかし、この輝かしい成功の裏側には、コロナ禍による業績の下降とフランチャイズシステム内の問題が潜んでいました。特に、フランチャイズ店舗の経営難は深刻で、この状況は「乃が美」ブランドだけでなく、高級食パン市場全体に影響を及ぼしています。

ブームのピークを過ぎた現在、市場は新たなフェーズへと移行しています。過当競争や市場の飽和が進む中で、高級食パンに対する消費者の関心は依然として高く、「乃が美」を含む多くのブランドが独自の食感や味わいで差別化された選択肢を提供し続けています。これらのブランドの特色は市場での持続的な成功につながっており、今後も人気を保ち続けると見込まれています。

「乃が美」のケースは、フランチャイズビジネスの持続可能性、経営の柔軟性、リスク管理の重要性を浮き彫りにし、フランチャイズビジネスにおける重要な教訓を提供しています。市場の流動性や経営の複雑さを理解し、柔軟に対応することの重要性を示しています。これは、フランチャイズビジネスに携わる企業や個人にとって重要な学びを提供し、ビジネスの成功は単に利益の追求を超えたものであることを教えています。

経営の潮流:「乃が美」の挑戦と困難

成長期の躍進とコロナ禍の影響とフランチャイズモデルによる経営難の連鎖

「生食パン」という革新的なアイデアで市場に登場した「乃が美」は、創業から短期間で全国的な人気を博し、一部店舗では一日に5万本を売り上げるほどの高級食パンブームを牽引しました。これらの成果は、「乃が美」を高級食パンの代名詞として確立させ、業界の急成長を牽引しました。

しかし、この成功はコロナ禍によって急ブレーキがかかります。外出自粛の影響で、店舗販売を中心としたビジネスモデルが大きな打撃を受け、売上は急減しました。この状況は、全国に広がる「乃が美」のフランチャイズ店舗にも波及し、売上の低迷により多くのフランチャイズオーナーが経営困難に陥りました。この危機は、フランチャイズオーナーと本部の間にも亀裂を生じさせ、※FC契約解除や法的紛争へと発展し、業界全体に大きな影響を与えました。

※4項:「乃が美」FCオーナーと本部の確執にて詳細を解説します。

フランチャイズ経営の光と影

成功の鍵:フランチャイズシステムの強み

フランチャイズモデルで高級食パン市場に革命をもたらした「乃が美」の強みは、個々の店舗が少ない初期投資で事業を始められることでした。強力なブランド力と効果的なマーケティング戦略により、新しい店舗は迅速に市場に浸透しました。また、本部が行う一貫した商品開発とブランディングにより、消費者には全国どこでも一定の品質とサービスが提供されました。

このシステムは、特に「乃が美」の急激な全国展開において重要な役割を果たし、新たな市場への素早い進出と地域のニーズへの適応を可能にしました。

 

フランチャイズ開業の成功イメージに疑問を抱く方もいる中で、実際の廃業率についての情報が重要です。日本商業学会の研究によると、2001年にフランチャイズで開業した企業の14.4%が2年後に廃業しており、これは個人開業の7.8%よりも高い確率です。また、日本フランチャイズチェーン協会の統計によれば、フランチャイズの店舗数は2021年度で250,288店舗となっており、過去10年間で最大だった2018年度から14,000店舗以上の減少が見られ、減少傾向が続いています。これらのデータから、フランチャイズ開業は存続が難しい側面があることが分かります。しかし、フランチャイズには多くのメリットもあり、成功事例も存在しているので、一概にやめた方が良いとは言い切れません。開業を考える際は、これらの情報を総合的に考慮することが重要です。

経営課題:「乃が美」FCオーナーと本部の確執

ロイヤリティ制度の矛盾と対立の根源

「乃が美」のフランチャイズオーナーたちは、売上の10%をロイヤリティとして本部に支払う契約に基づいて運営していました。
しかし、コロナ禍の影響で売上が大幅に落ち込む中、この固定的なロイヤリティ制度はオーナーたちにとって大きな負担となりました。
経営難に直面したオーナーたちは本部にロイヤリティの引き下げを要求しましたが、本部はこれに応じませんでした。

法的紛争とその背後にある問題

本部とフランチャイズオーナー間の対立は、最終的に法的紛争へと発展しました。一部のオーナーは、「乃が美ホールディングス」と資本提携する投資ファンドからFC契約を勧められ、実際の運営が示された資料と大きく異なることに直面しました。

ピーク時には毎月1000万円の赤字を抱え、オーナーたちは本部に支援を訴えましたが、適切な支援は受けられず、ロスの買取りやCM費用の負担などが続きました。この状況は、ロイヤリティの不均衡な負担と本部の支援不足が原因であり、オーナーたちは裁判所に“契約をしたのだから悪い”という杓子定規な判断ではなく、FC加盟店がまっとうなビジネスができるような判断を求めて提訴しました。この訴訟は、FCオーナーへの見せしめとしても機能し、加盟店と本部間の確執をより深刻化させました​​​​。

2024年現在の「乃が美」フランチャイズ問題の現状

2024年の「乃が美」のフランチャイズ問題は依然として厳しい状況にあります。多くの店舗が赤字経営に苦しみ、全国にある「乃が美」の店舗数は116店舗にまで減少しました。直営店を除くと100店舗以下に落ち込んでいます​​。この厳しい経営環境の中で、元フランチャイズオーナーが起こした「1円訴訟」が話題となりました。この訴訟では、乃が美と資本提携する投資会社からの勧誘資料に虚偽があったと主張し、異常なフランチャイズ契約の実態を明らかにすることを目指していました。

しかし、2023年12月に大阪地裁での判決でこの訴えは棄却され、元オーナーは敗訴となりました​​。

一方、「乃が美」本部は更に強硬な手段に打って出ており、2023年5月には複数のオーナーに対し、「1週間以内に遅滞したロイヤリティを支払わなければ契約解除も辞さない」という通知を送付しました。これにより、100店舗近くが閉店の危機に瀕しています。仮にこれらの店舗が閉店すれば、残る店舗はわずか40店舗程度となり、乃が美のフランチャイズシステム全体が崩壊する可能性が高まっています​​。

このように現在も、多くの店舗が経営難に陥り、ロイヤリティの分割払いを打診しているオーナーもいますが、本部が応じる見込みは低いとされています。本部自体も直営店を含めて大きな経営の赤字を抱えており、ロイヤリティ回収はその死活問題となっています​​。このような厳しい状況の中で、フランチャイズシステムに依存するビジネスモデルの持続可能性に疑問が呈されています。

高級食パン業界の未来予想図

コロナ禍を乗り越えた今の市場のトレンドと可能性

「乃が美」を含む高級食パン市場は、確かにフランチャイズシステムに関する問題を抱えていましたが、製品自体の味や品質は引き続き消費者に高く評価されています。2024年現在の市場動向と将来の展望を考慮すると、以下の点が注目されます。市場は新たなフェーズに入り、以下のようなトレンドが観察されています。

市場は新たなフェーズへ
  1. ブームの落ち着きと市場の安定化
    2018年頃から始まった高級食パンブームは、その後の数年間でピークを迎え、2021年頃からは閉店する店舗が増加するなど、市場が安定化し始めました。これは、過当競争や市場の飽和が背景にあると考えられます。
  2. 高級食パンの継続的な人気
    一方で、高級食パンへの関心は依然として高く、消費者の間で「今後も食べたい」という意向が強いことがアンケート調査から明らかになっています。独特の食感や品質の高さが、消費者にとっての魅力となっています​。
  3. 高級食パン専門店の多様化
    今回の主題であった「乃が美」を含む、HARE/PAN、銀座に志かわ、嵜本、やその他「ユニークな名前」の高級パンブランドは、それぞれ独自の食感や味わいを提供し、消費者に差別化された選択肢を提供しています。これらのブランドの特色が、市場での持続的な成功につながっています。

以上の点から、「乃が美」を含む高級食パン市場は、今後も人気を保ち続けると見込まれます。
市場の安定化に伴い、質の高い製品を提供するブランドは引き続き支持を受ける可能性が高いです。

まとめ:市場動向と適応戦略

「乃が美」のケーススタディから学ぶ教訓

「乃が美」の経験は、フランチャイズビジネスのリスクと可能性を深く理解する上で、貴重な教訓を提供します。このケーススタディは、ビジネスモデルの持続可能性、経営の柔軟性、リスク管理の重要性を浮き彫りにし、特にフランチャイズビジネスにおいて重要な視点を提供します。

今回の「乃が美」の事例は、ビジネスの成功や失敗を超え、市場の流動性や経営の複雑さを理解し、柔軟に対応することの重要性を示しています。
このケーススタディは、フランチャイズビジネスに携わる企業だけでなく、これから参入を考えている個人にとっても重要な学びを提供します。ビジネスの成功とは、単に利益の追求を超え、倫理性、持続可能性、市場への適応能力を含む複雑な要素の組み合わせであることを「乃が美」の事例は教えています。


 

リサーチオンラインを運営するリサーチバンク株式会社では、最新ニュースや、資産管理や投資についてのニュースを発信しています。また、NISA、iDeCo、投資などの資産運用の個別相談も行っています。゙LINEで簡単に無料でお申込みできますので、お気軽にお問い合わせください。

また、「女性の相談しやすさ」に特化した資産運用相談サービス「アセット デザイン ラボ」もございますのでお気軽にお問い合わせください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事