実家暮らしは女性は何歳までOK?一人暮らし前の貯金技と必要予算について

はじめに

実家暮らしは女性は何歳まで一般的には許されるのでしょうか。たとえ一人暮らしするお金があっても、実家暮らしのほうがお金を貯めやすいのは事実。

将来のためにしっかり貯蓄するなら、実家でお世話になり資金運用したほうが楽です。しかし収入がある大人がいつまでも親と暮らすのはどうなのか、と考える人も世の中にはいるでしょう。

そこで今回は、実家暮らしは女性は何歳までOKか、また一人暮らしに必要な予算などお金に関する情報をご紹介していきますね。

実家暮らしなのに貯金できない理由はこれ!コツを掴んで貯金しよう。こちらからチェック。

実家暮らしのメリットとデメリットについて徹底分析!詳しくはこちら。

女性の実家暮らしは何歳までならいいか?


実家暮らしが悪いということではありませんが、一人の生活環境がないとデメリットがあることも事実。実家を出るタイミングとして多いのは、大学に入る前がまずひとつ。そして社会人になった22~24歳も、独立するタイミングとして多くなっています。

このタイミングは男女供に共通していますが、一人暮らし女性の統計によると1/4の人が18歳に一人暮らしを始めたと最も多い結果になっています。

では実家暮らしは女性の場合、何歳までならOKなのでしょうか。この判断は人によって異なりますので正解はありません。しかし30歳以降になったら一人暮らしを考えるべきタイミングと考える人が現実的には多いようですね。

30歳になったら一人暮らしするべき?

なぜ実家暮らしは「30歳」までなのかというと、女性の場合は結婚がライフスタイルにも関係しているため。30歳以降に実家暮らしをしてももちろん結婚はできますが、30歳という年齢になると家事のスキルも問われることが多くなります。

一人暮らしだと親が掃除や洗濯、料理まで手伝ってくれるのは想定内のこと。一人暮らしの女性は全てこなすため、男性から見た場合に結婚相手としてイメージしやすいのでしょう。

また30歳以降でも実家暮らしを続ける女性は、経済的に独り立ちできないイメージを世間に与えることもあるようです。効率的に貯蓄するために実家暮らしを選ぶ人は多いのですが、お金の事情については他人にはわからないこともあります。

親元から離れられないのは精神的に自立できないからなど、30歳以降に実家暮らしを続ける女性にはマイナス的な印象を受ける人がいることも事実です。

田舎よりも都会の人が実家暮らしする?

実家暮らしは何歳までならいいという決まりはありませんが、結婚や仕事など、自分のライフスタイルを自由に考えるためには一人暮らしは魅力的です。

実際に一人暮らしをしている人を全体的に見ると、田舎から上京して都心部で暮らすという人の割合が多くなっています。逆に都会生まれの人がそのまま実家暮らしが続くというパターンになるのは、一人暮らしをする必要性がないため。

仕事も通勤圏内、友人も近くにいますし、さらに都会の生活費を考えると実家にいたほうが楽。都会に実家がある人は自立するメリットがあまりないという声も聞かれますので、30歳過ぎても実家暮らしする都会生まれの女性はかなり多いでしょう。

一人暮らしに必要な予算について

実家暮らしだと不都合を感じることももちろんあります。一人暮らしをしたいけど、いくらあればいいのかがまず気になるところ。メインになる費用は、賃貸物件の準備で目安としては55~80万円ほど一人暮らしに必要に。

賃貸契約は敷金や礼金などの初期費用が家賃4~5か月分。引っ越し費用が7~10万円、さらに家電などの日用品なども10万円ほどかかるでしょう。

さらに一人暮らしは住む場所があるだけでは心配なので、生活費も2か月分ほどは準備しておきたいところ。実家暮らしが長くなると、現実的な生活費の感覚がない人もいますので、2か月分で30万円以上は準備したほうが安心ですね。

また引っ越し時期の繁忙期によっては、業者の値段が高くなる可能性もありますし、家賃が高い物件ならさらに初期費用も高くなります。

実家暮らし中の貯金技について


実家暮らしは何歳までOKなのかというと、一人暮らしする気持ちが固まり経済的にも計画できる時がよいタイミングかもしれません。では実家暮らしの女性の理想の貯金額ですが、手取りから4割くらいを目安に貯金すること。手取りが25万円なら10万円前後は毎月貯金可能になります。

実感暮らしでも一人暮らしでも貯金のコツとしては、先取りすること。一人暮らしに向けて貯金を始めるなら、まずひと月自分がどのようなお金の使い方をしているのかリサーチしておきましょう。

余計な出費がないか、また一人暮らしになると親に頼れない部分もたくさんありますので、出費額は多くなると想定されます。貯金額を増やして計画的に貯蓄すれば、一人暮らしで賃貸物件にこだわる必要ななく、最近ブームの女性のマンションオーナーのようにマイホーム購入も可能ですね。

まとめ

女性の実家暮らしは何歳までなら大丈夫か、結婚や仕事、マイホームの購入など、あらゆる状況を考慮して判断してくださいね。とくに30歳という年齢は結婚を意識する時期になりますので、一人暮らしのほうが恋愛しやすいことはメリットになるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事