車維持費の積立やってる?年間にかかる費用目安と車のための貯金のコツ

はじめに

車費用は積立しておいたほうが、高額な出費の際にストレスが軽減します。
車は車体価格だけでなく維持もかなり負担になり、事前に想定できる費用もいくつかありますよね。
では車費用を積立しながら準備するコツや、経済的に上手に維持するカーライフについて、詳しくご説明していきましょう。
 

カーリースのメリットとデメリット!購入せず車生活をする方法も解説はここからチェック。

カーリースのメリットとデメリット!購入せず車生活をする方法も解説 | Research Online | リサーチオンライン | 働く皆さんの暮らしをクラスアップするためのメディアサイト (research-online.jp)

節約のコツを掴め!日々の生活を貯金に繋げる方法はこちらから。

節約のコツを掴め!日々の生活を貯金に繋げる方法 | Research Online | リサーチオンライン | 働く皆さんの暮らしをクラスアップするためのメディアサイト (research-online.jp)
 
 
 

年間の維持費について


若い人の車離れが進む日本社会。理由としては車の「維持費」がかなり負担になっているのは事実でしょう。
しかし車があれば行動範囲が広がり、旅行などもコストを抑えて計画できることは、車を所有する魅力のひとつです。
 
では最初に知っておきたいのは、高いといわれる車の年間維持の目安。
車の車体価格は年収の半分を目安にするとよいといわれていますが、ローンの返済額によっては毎月の負担はかなり多くなります。
 
まず必要なものは「税金」。
車を買った際にかかる消費税は、車体取得価格が200万円なら20万円。
また購入時には「環境性能割」という旧自動車取得税が、車の価格に対して0~3%かかります。
 
この出費は初期費用、さらに自賠責保険や任意保険料、月々の駐車場代や燃料費は年間を通じて発生する費用。
また車のメンテナンスは、タイヤの交換やオイル交換も必要になるでしょう。
 
車の維持費は種類によって異なりますが、税金やガソリン、車検代などを全て含めると、
軽自動車の場合、年間で31万円~32万円、ミニバンなら年間41~46万円が目安となります。
 

車費用を積立する理由とは?

車費用は税金からメンテナンス代まで色々とお金がかかり、ライフスタイルや走行距離によっても維持費は変わりますが、
購入費用以外にも所有している間は色々なお金がかかるのは事実。
 
たとえ全く乗らない車でも保険や駐車場代がかかりますので、それだけでも1か月に1万円~2万円は必要になるでしょう。
車費用の積立が必要な理由は、もし収入が減った場合のやりくりができないため。
 
車を維持するうえで絶対に必要な車検代や税金が払えないと、車の運転はできなくなります。
とくに車検は定期的に多額な出費になり、事前に準備ができることなので、
生活費のバランスを整えるためにも、車費用はできるところから積立しておきましょう。
 

車検代だけでも貯金しておくこと

車費用の積立は、全て貯めておくことはできないかもしれませんが、車検費用を上手に積み立てて準備することは大切です。
新車は3年、その後は2年ごとに行う車検ですが、法定費用と車検整備費用に分けられています。
 
法定費用はどこで車検を受けても金額は同じ。車検整備費用は車のパーツ交換など、消耗品代の有無によっても変わります。
費用相場はディーラー車検4万円~10万円、民間整備工場なら3万円~8万円、それぞれさらに法定費用が加わります。
 
2年ごととはいえ、一度に10万円近くの出費はかなり負担になり、貯金を崩すのはもったいないですよね。
すでにわかっている車費用なので、積立したほうがいざという時の修理なども対応しやすくなります。
 

積立のコツについて


たとえば車検代を積立する場合ですが、2年間で10万円貯めるとすると毎月4,000円~5,000円ほどの積立金額になります。
車費用は生活に欠かせないものですが、そのために普段の生活が苦しくなることも避けたいですよね。
 
月々数千円の積立を捻出するには、任意自動車保険の見直しをすることもオススメ。
不要な補償内容がついている場合は保険料が高くなりますので、契約から取り除くこともよいでしょう。
 
また車のメンテナンスはこまめにやっておいたほうが、大きな修理につながらず長期的には節約効果が期待できます。
オイル交換、タイヤの空気入れなど、些細なところを意識して車を維持すると、毎月の維持費は多少節約可能になるかもしれません。
 

定期預金か積立預金か?

車費用の積立をするなら、給与から天引きされる自動積立スタイルがオススメです。
その際の選択肢になるものは「定期預金」と「積立貯金」。
 
定期預金は金利が高めで、預金期間は1か月~10年と自由に選択が可能なので、車検用の積立なら2年の定期預金がよいでしょう。
積立預金は定期預金よりも預ける金額が低いことが魅力ですが、金利が低いことがデメリット。
 
各金融機関の条件に合えば、最低預入金額は自由に決められます。
また積立預金は、途中の出金や追加の預け入れにも対応する商品がありますので、車費用を柔軟に対応したい人にオススメです。
 
安定して資産運用しながら、車の購入費用に充てたいという場合にもよいでしょう。
車費用の積立は教育資金などとは違い、毎月の額はそれほど多くならないはず。
 
さまざまな預金商品がありますので、オンラインバンクの金利の高い積立を検討することもひとつの方法です。
 

まとめ

車費用の積立は、経済的な負担を少しでも軽減して車生活を満喫するためのコツになりますね。維持費を節約するには、エコカーや燃費のよい車を選ぶこともよい方法になりますので、これから車を購入することを計画している人は、ぜひあらゆる面から考えてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事