体重カットも節約も叶えるダイエット法!浮いた食費を有効活用しよう

はじめに

ダイエットに取り組んでいる方、たくさんいらっしゃいますよね。
特に夏を前にすると、食事制限やエクササイズに身が入ると思います。
 
 
「暑い季節に体型カバーばかり気にしたくない!」
「今年こそ思い切ってビキニが着たい!」
 
でも、お金が掛かるダイエットで失敗したくないですよね?
今回は節約もできてスタイルアップもできる、一石二鳥のダイエット法をご紹介します。
 

500万円を貯める貯金方法はこちらをチェック。

 

30代の看護師の貯金事情はこちらをチェック。

 

節約ダイエット①レシートの記録をつける


食費を節約するために、まずレシートを取っておく癖をつけましょう。
ついついお財布の中でゴミと化してしまうレシートですが、ノートにメモするだけで無駄なものがはっきりと見えてきます。
 
家計簿ほど細かくつける必要はありません。
いつお菓子や炭酸飲料を買ってしまったか?どれくらい買ってしまったか?
それを把握するだけで、節約とダイエットへの意識が高まります。
 

節約ダイエット②手作り弁当を持参する

いつもコンビニ弁当を買っている方、近くのレストランでランチしているという方は、お弁当作りに挑戦してみましょう。
もちろん、ハイレベルな献立にする必要はありません。
 
白米におかず2品を合わせるだけで、立派なお弁当になります。
野菜を中心に、海藻、きのこ類、大豆製品など低カロリーな食材を使いましょう。
 
前夜の晩ごはんの余り物を詰めれば、朝早起きして作らなくても大丈夫。
ダイエット向けに作られた割高なパンやドリンクを昼食と置き換える方もいますが、節約ダイエットでは厳禁です。
 

節約ダイエット③一駅分歩く

ダイエットには運動が欠かせないものですが、ジムに通うとお金が掛かりますよね。
かといって家の周りをジョギングするのも気が引けるという方は、一駅分歩くところから始めてみましょう。
 
毎朝の通勤前と、毎晩の帰宅前の1日2回が理想的ですが、朝早起きするのが苦手であれば帰宅時だけ、仕事後はすぐに帰って休みたいのであれば通勤時だけでOKです。
 
休日に予定がある時も、一駅分歩くように心がけてください。
知らない駅で降りてみるのも楽しいものですよ。
 

節約ダイエット④エスカレーター・エレベーターを使わない


エスカレーター・エレベーターを絶対に使わない!と心に決めてみてください。
階段の上り下りは下半身の筋肉をまんべんなく使うため、とっておきのトレーニングになります。
 
マンションの階段、駅の階段、会社の階段、すべて利用していれば、ヒップアップや太もも痩せも夢ではありません。
 
もちろん、会社が10階以上にある場合などは途中でエレベーターを利用しても大丈夫です。
できるところまでで良いので、意識して階段を上り下りしてみましょう。
 

節約ダイエット⑤さまざまな家事をする

家事が面倒くさいという方は少なくありません。
しかし、ダイエットだと思えばやる気が出ませんか?
 
家事は意外と重労働なので、カロリー消費が期待できます。
まずは、これまで先延ばしにしてきた箇所の掃除に手をつけてみましょう。
窓ガラスを拭いたり、お風呂場を隅々まで磨いたり。
 
ベッドのシーツを洗う頻度を上げて、洗濯物の量を増やすことも有効です。
背筋を伸ばしながら洗濯物を干していけば、知らず知らずのうちにインナーマッスルを鍛えられますよ。
 

節約ダイエット⑥低予算で自炊する

夕食を外食で済ませるのは、節約の視点からもダイエットの視点からも絶対にNG。
かといって、豪華な料理を作ろうとするとむしろ高くつくこともあります。
 
お肉は高カロリーな牛肉・豚肉でなく鶏肉のササミやもも肉を買い、特売品の野菜を選ぶようにしてください。
 
また、家に近いからといって、コンビニや高級スーパーマーケットで食材を揃えないようにしましょう。
節約ダイエットレシピはネットですぐに見つけることができます。
 
もやしや白滝、こんにゃく、おからなどリーズナブルな食材を主役に、料理のレパートリーを増やしていくことは楽しみにも繋がるはずです。
毎日飽きのこないよう、健康的な料理を作ってみてくださいね。
 

浮いた食費を有効活用しよう

節約ダイエットなら、体重も食費もカットできます。
浮いた食費の分で、ちょっとした旅行に行ったり、欲しかった洋服を買ったりと、さまざまなことに使えますよね。
 
せっかくなら、将来のために投資に使うのもおすすめです。
不動産投資は「月1万円」という少額からでも行えます。
 
銀行金利が低すぎる今、ただただ貯金をするのはもったいない選択です。
少額投資はリターンが少ないものの、リスクも少ないため初心者の方には大変おすすめです。
 

まとめ

お金を掛けずに効率的に痩せられる、節約ダイエット法をご紹介しました。
初期投資が要らない分、気軽に始められますよね。
どれも習慣化させてしまえば、長続きさせることができます。
 
ダイエットに成功したあとの毎日を想像すると、ワクワクしますよね。
そして、浮いた食費の使い道を考えるのも楽しいもの。
これまで縁がなかった方にとっても、投資を始めてみるよいきっかけになるかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事