実は節約家!普通の人とは違うお金持ちの考え方

あなたの周りにお金持ちはいらっしゃいますか?実際に人に年収を聞いたり、貯金の額を聞く機会はないですし、聞きにくいですよね。しかし、年収がそこそこでもお金持ちの方は一定数存在します。同じ年収であっても、普通の人とお金持ちの人とでは何が違うのでしょうか?一緒に見て行きましょう。

お金持ちの節約術

画像引用

お金持ちは何故お金を持っているのでしょうか?しかし、収入が多ければお金持ちになれる、というものではありません。お金持ちになるためには節約も大事です。ここでは節約についてご説明いたします。

節約と聞くと食費を切り詰めたり、電気・ガス・水道の使用を減らすなど、継続の難しい節約を想像してしまうかも知れません。ここでいう節約は「本当に必要なものにお金を使っているか」がポイントです。

  • 携帯のプラン変更が面倒で、何年もプランを見直していない
  • 動画を見る時間が無いのに、動画の見放題プランを契約したままになっている
  • なんとなくで買い物をしてしまっている

上記3つは浪費の原因で代表的なものです。携帯のプランは日々新しいものが出ているので、定期的にプランを見直さないと必要以上に多額の利用料金を支払っている、ということになりかねません。

動画の見放題も、仕事が忙しかったり休日に友人と予定が入ったりすると意外と見ていないという状況も多いです。見ていないのに料金を払い続けている方も多いのではないでしょうか?

買い物も「安いから」とたくさん買ったが、結局その中で気に入った1、2着しか着なくてほとんどは値札が付いたまま、という話も多く聞きます。

お金持ちの考え方

画像引用

節約に続き、ここではお金持ちの方に共通している考え方を紹介します。(※1)

お金持ちの人に共通している考え方は、自己投資を大事にしているということです。自己投資は節約以上に大切なポイントです。

お金持ちは、お金の勉強をするのにお金と時間を使います。お金を稼ぐにはどうしたら良いか、有効なお金の使い方は何かなど、常にお金のことを知るのに前向きです。これがお金持ちになるために必須の条件と言えるでしょう。

お金のことを知らないと、節約術でお話したような不必要なものに流れでお金を使ってしまい「気付いたらお金がなくなっている!」という状況になってしまいます。

今からでも実践出来ること

画像引用

最後に、お金持ちも実践していて私たちでもできる節約方法について紹介します。

  • 格安スマホに乗り換える
  • 保険を見直し、状況次第では解約する
  • 簡単な家計簿をつける

まずは携帯が大手キャリアであれば、格安スマホに乗り換えることをおすすめします。よほど郊外でなければ、電波は大手キャリアと同じように繋がるのに加え、月のプラン料金も抑えられるのが魅力です。

私自身の経験では、月に約3,000円安くなりました。人によってはこれ以上に携帯料金が安くなる可能性があります。

月に3,000円の支出削減を、効果が高いと見るか低いと見るかは個人差があると思います。しかし、それが1年続けば36000円の支出削減、5年続けば180000円の支出削減になります。結構な差になってきますよね。

続いて生命保険です。確かに入院の時のお金は心配ですが、あなたが会社員であれば社会保険に加入されているかと思います。

社会保険に加入している場合は、入院の際、加入している医療保険から「傷病手当金」が支給されるため、安心です。社会保険があるのに他の生命保険に入るのは、二重に保険に加入しているようなものです。保障は充実しますが、毎月の支出がかさんでしまいます。

実際に生命保険で保険料の元を取ろうとすると、頻繁に入院しなければいけません。お金をもらって不健康になりたいと思う人はいないと思うので、保険で元を取ろうとするのは考えない方が良いかと思います。

最後に家計簿です。きっちり1円単位まで合わせようとすると大変なので、ざっくりでも構いません。月に食費〇万円、電気・ガス・水道〇万円などのように、ある程度お金の流れを把握することが大事です。家計のお金の流れを把握することで、どの月に出費が増えるのか、またその理由を考えるきっかけになると思います。

まとめ

お金は奥が深く、学べばすぐに結果が出たり、月に使えるお金が増えたりして嬉しいことが多いです。ひと月に1万円稼ぐより、1万円の支出削減なら支出削減の方が簡単といえるでしょう。

ここでお話した固定費の削減は、見直すとしばらく節約に効果が期待できます。お金に対する考え方を変えるより、簡単に実践できます。この記事を読んで、あなたの家計がスリムになり、お金持ちへの第一歩に繋がれば幸いです。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事