【2024年版】不動産投資#12:横浜・川崎エリアの魅力についてリサーチ!

この記事のポイント

読者さん
横浜や川崎の再開発が進んでおり、不動産投資から見たらどんな魅力があるのか知りたいです。
再開発の理由ってなんですか?また、新エリアでの物件選びに注意するポイントがあれば教えてください。

RiSA

こんにちは、リサーチオンライン編集部のリサ子です!

今回の記事では、経済発展が著しい横浜・川崎エリアにフォーカスを当て、そこで動き続ける不動産市場をリサーチしました!

動産投資を考えている初心者から、さらなる知識を求める経験者まで、この記事が皆さんにとって貴重なガイドになることを願っています。

それでは、一緒に横浜・川崎エリアの魅力を学んていきましょう!

記事監修

当記事は、リサーチオンラインを展開するリサーチバンク株式会社の「不動産投資専門家チーム」によって監修されています。リサーチバンク株式会社では、経済ビジネスの解説、資産運用のコツに関する豊富な経験と知識を有し、多数の顧客へのコンサルティングサービスを提供しております。不動産投資チームによる実績を基に、読者の皆様へ的確な情報をお届けします。

特に、次のような方に読んでいただきたいです
  1. 不動産投資に興味がある初心者の方
  2. エリア開発や市場動向に敏感な投資家の方
  3. 地域経済や都市開発に関心のある方
TAP or Click

この記事は横浜・川崎エリアにおける不動産市場と投資機会について解説したものです。

  1. 横浜は国際文化と経済成長の中心地としての発展を遂げており、川崎は産業の多様化と都市再生を通じて新たな姿を見せています。これらのエリアの特性を理解することが、不動産市場での成功への鍵となります。
  2. 横浜・川崎エリアでは、みなとみらい地区や京急川崎駅西口地区などでの再開発プロジェクトが進行中です。これらのプロジェクトは、地域経済を活性化し、不動産価値の上昇をもたらしています。
  3. 横浜・川崎エリアでの賢い不動産投資には、エリアごとの発展予測を踏まえた物件選定と、将来の市場動向を見極める洞察が必要です。長期的な視点での投資計画が、投資成功の鍵となります。

1.はじめに: 横浜・川崎エリアの現在地と動き続ける不動産市場

1-1.エリアの歴史的背景と現在の経済動向

横浜・川崎エリアは、豊かな歴史を背景に、現代の経済発展を遂げています。横浜は開港以来、国際文化の融合と経済成長の中心地として発展し、多彩な産業が根付いています。一方で、かつての重工業都市・川崎は、近年都市再生を経て新たな姿を見せています。

経済面では、両エリアが技術革新と商業の中核として重要な役割を担っており、この進展が不動産市場に好影響を与えています。ビジネス施設、ショッピングエリア、住宅開発への需要が増加し、地価の安定した上昇が目立ちます。

1-2.不動産市場の最新トレンド

横浜・川崎の不動産市場におけるトレンドは、多様なライフスタイルへの対応と地域の活性化です。

特に若者や単身者向けのコンパクトで機能的な住宅が人気です。テレワークの増加により、自宅での作業スペースが重視されるようになりました。

再開発は、商業地や住宅地の価値向上に貢献しており、新しいビジネスと文化施設がエリアの魅力を高めています。

これにより、横浜・川崎エリアは魅力的な投資先として再評価され、不動産市場に新たな活気をもたらしているのです。

 

関連記事:

2.横浜エリアの新しい息吹:多様性と住みやすさの融合

2-1.横浜の交通アクセスと経済発展の変遷

横浜エリアは、その便利な交通網と経済の活性化が相乗効果を生み出しています。横浜駅は、JRをはじめ多くの路線が集結する交通の中心地です。このアクセス性の高さが、横浜をビジネスや商業の中心地へと押し上げています。

特に、みなとみらい地区のようなエリアでは再開発が進み、新しいオフィスや商業施設が日々の生活を豊かにしています。

経済面では、横浜は貿易港としての歴史から現代の国際ビジネスエリアへと進化し、最新のテクノロジー産業やグローバル企業が集まるこの地域は、日本経済の多様化と国際化の象徴となっています。

2023年5月1日現在、横浜市は約377万人の人口を有し、全国市区町村の中で最も多く第2位の大阪府(約276万人)を100万人以上の大差で上回っています

この状況は、今後の人口動向を検討する上で重要な指標となります。

少子高齢化による人口減少が進む中、横浜市の減少率は全国平均と比べて緩やかで、横浜の高い入居ニーズが影響していると考えられます。

特にワンルームマンションに焦点を当てると、横浜市はサラリーマンや学生など単身世帯の割合が全国平均の29.5%に対して43.5%と高く、単身者層からの人気が顕著です。
さらに、65歳未満の単独世帯割合も全国の15.2%を大きく上回る28.0%であり、横浜市は単身サラリーマンや学生が多いことから、ワンルームマンションへのニーズが高いと言えます。これらのデータは、横浜市の不動産投資の可能性を示唆しています。

2-2.文化的魅力と住みやすい環境の探求

文化の面では、横浜はその開港以来、多文化が共存する魅力的な都市です。

中華街の賑わい、赤レンガ倉庫の歴史的な魅力、山手西洋館の風情は、この地域の多様な文化を象徴しています。アートや音楽のイベントが地域とのつながりを深めています。

住環境面では、横浜は自然と都市機能が調和した暮らしやすいエリアです。海辺の景観、緑豊かな公園、多彩なショッピング施設が日常生活に色を添えています。教育施設や医療機関の充実は、ファミリー層にとって大きな魅力です。これらの要素が融合することで、横浜エリアは多様性と快適さを兼ね備えた魅力的な都市空間として注目されています。

3.川崎エリアの躍動: 産業と再生のシナジー

3-1.川崎の産業遺産と現代の発展

川崎エリアは、過去の工業地帯から現代の多様な産業へと変貌を遂げています。かつては重工業が中心で、経済成長の駆動力でしたが、時代と共に変革を遂げ、より環境に優しい産業への転換を実現しています。現在、川崎はバイオテクノロジーや情報通信技術(ICT)、エコテクノロジーの分野で目覚ましい成長を見せており、これらの新産業は旧来の工業基盤と融合し、革新的な技術の発信地となっています。こうした産業の発展は、川崎を先端技術の中心地へと押し上げています。

3-2.住環境の改善と都市再生の取り組み

川崎の都市再生は、生活環境の向上に大きく貢献しています。過去の工業地帯が、再開発を通じて住みやすく、活気あるエリアへと生まれ変わっています。

特に、川崎駅周辺などでは、商業施設、オフィス、住宅が統合された複合開発が進行中です。

市は、公園やリバーサイドの開発にも力を注ぎ、緑豊かな公共空間の創出に努めています。新しい住宅地では、緑地やオープンスペースの取り入れにより、快適な住環境が実現されています。これらの変化は、川崎を単なる工業地帯から、生活とビジネスが共存する魅力的な地域へと変化させています。

4.再開発の波: 横浜・川崎の未来像を描く

4-1.主要な再開発プロジェクトとその展望

横浜・川崎エリアは、現在、多くの再開発プロジェクトが進行中で、地域の顔を一新させています。特に横浜のみなとみらい地区では、ビジネス、文化、住宅が融合した複合開発が進んでおり、この地域を新しい活力の中心に変えています。

川崎では、京急川崎駅西口地区の大規模な再開発が注目されています。商業施設、オフィス、住宅が一体化したこの開発は、地域の活性化に大きく貢献しており、川崎駅周辺の再開発も同様に地域経済を刺激しています。

4-2.再開発がもたらす不動産投資への影響

これらの再開発は、横浜・川崎の不動産市場に大きな影響を与えています。新しい商業施設とオフィスの開発は、住宅の需要を増加させ、特に中心地での賃貸や売買市場を活性化させています。

再開発による地域の魅力向上は、不動産価値の上昇に直結し、投資家にとっては大きなチャンスです。特に、将来性の高いエリアの物件は、長期的な資産価値の増加が期待されます。これらの動向は、新たなビジネスと生活スタイルの創出を促し、さらなる投資機会を生み出しています。

 

5.不動産投資の新風: 横浜・川崎での賢い投資法

5-1.エリアごとの物件選定のコツ

横浜・川崎エリアの不動産投資で成功を収めるには、各エリアの特性を把握し、適切な物件を選ぶことが重要です。横浜では、発展が著しいみなとみらいや横浜駅周辺の物件が注目されています。これらの地域は、賃貸の需要が高く、安定した投資収益が見込めます。

一方、川崎エリアでは、駅周辺の住宅や商業施設と融合した地域が良好な投資先です。特に、再開発が進むエリアでは地価の上昇が予想され、投資価値が高まっています。川崎の物件は手頃な価格での購入が可能で、初心者にも適しています。

5-2.不動産投資成功のキーと注意点

横浜・川崎での不動産投資成功の鍵は、エリアの将来性を見極めることにあります。

再開発に伴う地域の魅力の増加は、不動産価値を高めます。投資家は将来の開発計画や地域動向を考慮することが大切です。

物件の種類ごとに、ターゲットとなるテナントのニーズや市場動向を理解することも重要です。

不動産投資は、短期的な市場変動に左右されず、長期的な視野でのアプローチが求められるため、長期的な資産価値の増加を見越した投資計画の立案が、成功への鍵となります。

6.実際に川崎に住んでる人にインタビューしてみました♪

※会話について、リサ子のリアクションは長いので割愛します。(by.リサーチオンライン編集部)

RiSA
内山さん、本日は川崎での生活についてお話を伺いたいと思います。
まず、簡単な自己紹介をお願いします。

内山さん
はい、喜んで。私は川崎で生まれ、川崎で育ちました。実家は幸区です。
30歳の頃に、川崎区にマンションを購入し妻と娘と暮らしています。

RiSA
ありがとうございます。
それでは、まず川崎の交通状況について教えてください。

内山さん
川崎の交通は非常に便利です。
JR東海道本線、京浜東北線、南武線などが利用でき、
東京や横浜へのアクセスは非常にスムーズです。
例えば、東京駅までは約18分、渋谷駅までは24分です。

RiSA
住み心地などはどうですか?

内山さん
川崎が地元の人って、川崎にそのまま住むケースがよくあると思います。
私含め、同級生なども川崎に家を買っています。
近場で必要なものが揃い、アクセスも良いから住みやすいんですよね。

RiSA
川崎の商業施設についてはどうですか?

内山さん
「ラゾーナ川崎プラザ」や「ラ チッタデッラ」など、
多彩な商業施設があり、買い物が非常にしやすく、日常生活を豊かにしてくれます。
ちなみに私は、映画好きなのですが、映画館が3つもあるので、映画の街なのかなとかも思っています。

RiSA
生活利便性についてはどう感じていますか?

内山さん
生活利便性は非常に高いです。
東京や横浜へのアクセスが良いだけでなく、
子育て支援や家族連れに優しい施設も豊富です。
例えば、南武線で幸区の方に行くと夢見ヶ崎動物公園のような
無料で動物と触れ合える環境があったりします。

RiSA
再開発による変化は何か感じましたか?

内山さん
2003年以降、私が高校生ぐらいの時に、都市再生緊急整備地域に指定されたことで、
多くの商業施設が建設されました。当時は、そんな難しいことはわからなかったのですが、
ラゾーナの前が通学路だったので、出来上がっていく様を見てワクワクしてました。
現在も再開発が進行中で、特に北口ができたり、街はますます住みやすくなっています。

RiSA
川崎駅周辺の魅力についてはいかがですか?

内山さん
川崎駅周辺は、便利な商業施設が集中している一方で、
昔ながらの庶民的な商店街も残っています。
このバランスが、大きな魅力にも感じています。

RiSA
最後に、川崎駅に住む際のポイントを教えてください。

内山さん
川崎駅の周辺は賑やかで、買い物や食事には困りません。
都会のメリットを享受しつつ、快適な生活が送れます。
よく、治安の問題など騒がれますが、私はそういった部分をあまり感じません。
駅と商業施設が直結しているので、仕事終わりに買い物したり、
休日は、家族でラゾーナやラチッタデラに行き遊んだり、
バスや南武線もとても便利なので、すごく快適な生活を送れています。

RiSA
内山さん、本日は貴重なお話、ありがとうございました。

内山さん
いえいえ、どういたしまして♪
インタビューから得られた「川崎」のリアルな魅力まとめ
  1. 優れた交通アクセス:
    川崎駅はJR東海道本線、京浜東北線、南武線などが乗り入れる、交通の要所です。
    東京駅まで約18分、渋谷駅まで24分、横浜駅へ直通約7分という優れたアクセスを提供します。
  2. 豊富な商業施設:
    「ラゾーナ川崎プラザ」、「ラ チッタデッラ」など、多様な商業施設が充実しています。
    買い物や食事など日常生活に必要なものが手に入る便利さがあります。
  3. 生活利便性の高さ:
    東京都内や横浜へのアクセスが良く、子育て支援や家族連れに優しい施設が多い。
    ベッドタウンとしての機能が充実しており、ファミリー層にも支持されています。
  4. 再開発による進化:
    2003年以降、都市再生緊急整備地域に指定され、多くの商業施設が建設されました。
    街はますます住みやすく、活気ある環境へと変化しています。
  5. コストパフォーマンスと都会のバランス:
    昔ながらの庶民的な商店街が残る一方で、都会的な魅力も持ち合わせています。
    住民税や家賃が比較的安いなど、経済的なメリットもあります。

これらの要素が組み合わさることで、川崎は多くの住民にとって魅力的な居住地となっています。

特に交通の便利さと生活のしやすさが、この地域の大きな魅力と言えるでしょう。

7.まとめ:横浜・川崎エリアの投資未来予想図

横浜と川崎のエリアは、その魅力的な進化により、不動産投資の大きなチャンスを提供しています。横浜は国際都市としての地位を確立し、新しいビジネスと文化の中心地として発展を続けています。一方で、川崎は産業の多様化と都市再生を通じて、新たな顔を見せています。

これらのエリアでの不動産投資の未来は、非常に明るいと言えます。再開発による地域の魅力の増加は、賃貸需要の拡大と地価の上昇をもたらし、投資家にとって魅力的なリターンを期待させます。特に、横浜のみなとみらい地区や川崎の京急川崎駅周辺など、開発が進むエリアでは、今後のポテンシャルが特に高いと見られています。

投資家にとっては、これらのエリアでの物件選定にあたり、将来の開発計画や地域の動向に目を向け、長期的な視点での投資を心がけることが重要です。また、エリアの特性に応じた投資戦略を立てることで、成功の可能性を高めることができるでしょう。

横浜・川崎エリアの不動産市場は、今後もそのダイナミズムとポテンシャルを秘め、投資家にとって魅力的な選択肢であり続けることでしょう。

関連記事:「不動産投資:シリーズ」

不動産投資に興味がある"あなた"へ

経験豊かな不動産投資コンサルタントとのパートナーシップの重要性

不動産投資は複雑さとリスクが伴いますが、適切なコンサルタントの支援を得ることでこれらのリスクを大幅に軽減できます。コンサルタントは価格交渉や契約最適化など、重要な決定で客観的なアドバイスを提供し、適切な物件選びや賢明な投資決定へ導きます。これにより、初心者も安心して不動産投資を開始し、成功への道を歩めます。

※しかし、近年は自称コンサルタントを名乗るブローカーが増え、中には悪質な業者とつながっているケースも見られます。

特に以下のようなケースに注意し見極める必要があります。

  1. 売主、建物管理、賃貸管理がきちんとしている会社なのか。
  2. 不動産コンサルを名乗る個人ブローカーか。
  3. 保険屋の営業マンと私的に仲が良いというだけで紹介されている会社等ではいか。
  4. 認可を得ていない、オフショア投資会社などからの紹介、等々

今、少しでも不安に感じていることがあったらLINEで無料個別相談

リサーチオンラインを運営する「リサーチバンク株式会社」の不動産投資専門家チームは、上記のような悪質なコンサルタントや個人ブローカーからの被害を未然に防ぐために「客観的な比較と分析」を行います。私たちの知識と経験により、お客様が直面する可能性のあるリスクを明らかにし、安全かつ効果的な不動産投資戦略を提案します。また、不動産投資ローンの「借り入れ可能額」や「特別金利での借り換え」に関する相談もLINEから無料個別相談ができますので、お気軽にご連絡ください。

不動産投資以外でもiDeCo、NISAを含む資産運用、年金対策や税金対策に関する個別相談も行っております。

「女性の相談しやすさ」に特化した資産運用相談サービス「アセット デザイン ラボ」もございますのでお気軽にお問い合わせください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事