海外と日本の不動産投資はどちらがおすすめ?

はじめに

資産の形成の観点から不動産投資を選択する人も増え始めています。
特に近年では日本の不動産に限らず、海外の不動産に注目している投資家も多いです。
そこで、実際のところは日本か海外の不動産のどちらがおすすめなのかを紹介します。
この記事で紹介するポイントは以下の通りです。
 

  • 日本の不動産投資の特徴について

  • 海外の不動産投資の特徴について

  • 日本と海外の不動産投資でおすすめなのは〇〇の不動産投資であること

ぜひ最後までご覧ください。
 

日本の不動産投資の特徴

日本の不動産投資の特徴は以下の3つです。

  • 安定した社会情勢のもと投資できる
  • 再開発化が進んでいる
  • 地震によるリスクがある

それぞれの特徴を紹介します。

安定した社会情勢のもと投資できる

日本は世界においてもトップクラスに社会情勢が安定している国とされています。
カントリーリスク(その国特有のリスク)が最も低い国として、Aランクの評価を受けた過去もありました。

カントリーリスクが高いことは、投資対象としての信頼度が低いと判断できます。
例えば、日本貿易保険が発表しているカントリーリスクマップによると、イランやアフガニスタンなどの地域はトップクラスにカントリーリスクが高いと評価されています。
 
イランやアフガニスタンなどは紛争地域としても知られていますので、不動産を持っていたとしても建物が倒壊してしまう危険性が高いです。
特に不動産投資という観点から見れば、カントリーリスクが低い国である日本は海外の人から見ても絶好の投資対象として知られています。

再開発化が進んでいる

日本は東京を中心に再開発が進んでいます。
東京では23区を中心とした再開発が進んでいて、東京オリンピックの開催を皮切りに一気に再開発が進み始めました。
特に近年ではサステナビリティという考えのもと、災害リスクを加味した施策が進んでいることも再開発の背中を後押ししています。
 
2030年までの再開発エリアとして注目されているのは以下のエリアです。

  • 中野区
  • 中央区
  • 新宿区

 
以上のエリアは今後の不動産投資においても、一定以上の需要があり続けることが予想できるでしょう。
東京以外にも全国的に再開発が進んでいることから、今後の日本の不動産投資は世界から徐々に注目され始めています。

地震によるリスク

日本といえば地震大国ですので、地震による建物の倒壊リスクは避けられません。
地震がほとんど起きない国からすれば、建物の倒壊リスクのある日本にわざわざ不動産投資するのはリスクでしかないでしょう。
 
また、首都直下地震が起こることも予想されていますので、地震リスクを加味したうえで不動産投資する必要があります。
とはいえ、近年では地震による耐震基準を満たした建物しか立ち並んでいませんので、あまり倒壊する危険性はないかもしれません。
 

海外の不動産投資の特徴

海外不動産投資の特徴は以下の通りです。

  • 人口増加の国で空室リスクの回避
  • 価格の値上がりが期待できる
  • 為替リスクがある

それぞれの特徴を紹介します。

人口増加の国で空室リスクの回避

人口増加が見込まれている国では空室リスクを低減できます。
特に東南アジアを中心とした国では、今後も人口が増加していくことが予想されています。
人口が増えれば増えるほど居住地を求める人も増えますので、住宅需要が加速するでしょう。
おのずと入居する人も増えますので、空室リスクを回避できる可能性が高くなります。
https://research-online.jp/property/4588/
 

価格の値上がりが期待できる

人口が増加する国では経済の発展を期待できる場合があります。
経済が発展して国民の所得があがれば物価の上昇も見込まれるため、つられるようにして不動産の価値もあがっていくでしょう。
 
日本の不動産投資では獲得しづらいキャピタルゲインも狙える可能性があるのは、海外不動産に投資する魅了といえます。

為替リスクがある

海外不動産に投資する際には為替リスクがつきまとうことは念頭におきましょう。
為替リスクとは投資した外貨建ての価値が、上下動してしまうことです。
不動産の売却益が為替によって相殺されてしまう可能性もゼロではありません。
 
特に為替はさまざまな要因に左右されますので、予測できないリスクの一種です。
海外不動産に投資する際には、為替リスクを孕んでいることを加味したうえで投資するようにしてください。

日本と海外の不動産投資はどちらがおすすめなのか?

結論から述べるとどちらの不動産投資も一長一短があるため、一概にどちらの不動産投資がおすすめかは述べられません。
インカムゲインで安定した収入をえたいのであればカントリーリスクの低い「日本」がおすすめですし、キャピタルゲインで稼ぎたい方は人口増加で不動産の価値の上昇が期待できる「海外」がおすすめです。
それぞれの投資スタイルに合わせた国で不動産投資するのがおすすめといえるでしょう。

まとめ

ここまで日本と海外の不動産投資について紹介しました。

  • 日本の不動産投資は社会情勢が安定していて、安定したインカムゲインが狙える可能性があること
  • 海外の不動産投資は物価の上昇に伴い不動産の価値が上昇し、キャピタルゲインが狙える可能性があること
  • 日本か海外の不動産投資の特徴に合わせて投資するのがおすすめであること

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事