貯金1000万超えたらコレをしましょう!3つのオススメ資産運用方法を解説!

貯金が1000万を超えたら預金は保証されなくなる!?

老後のために1000万円は貯金が必要といわれています。そのため自分の貯金が1000万円をこえると達成感と安心感があります。実際に通帳の数字を目にすると喜びは一入ですし、新たな目標も出てくるものです。
 
貯金が1000万円を超えると銀行に預けていてもリスクが伴うことはご存じでしょうか。銀行にお金を預けておけば安心というイメージがありますが、実は危険も伴います。
 
とはいえ、銀行が危険だからと自宅にお金を置いておくのも危険です。せっかく貯めた大切なお金を守るためにもどのようなリスクがあるのか、そして回避方法としてはどういったことがあるのかを知っておきましょう。
 

ペイオフを知っておきましょう!

ペイオフ制度というものはご存じでしょうか。預金保険制度とも呼ばれるもので、万が一銀行が破綻した際に保護してもらえる預金の範囲を定めたものです。
 
保護される預金の範囲としては、当座預金と利息が付かない普通預金は全額、利息の付く普通預金、定期預金と元本保証のある信託については1つの金融機関で1人に対し1000万円と破綻した日までの利息が保護されます。
この仕組みにより銀行が保護してくれる貯金は1000万円までという言い方がされるのです。
 
ペイオフにより保護される貯金は金融機関あたり1000万円ですから、たとえば2000万円預けていると保護されるのは半分だけになってしまうのです。
そこで極力1000万円の範囲内で銀行預金を複数の銀行に分散しておくほうが良いと考えられています。家族に預金を分散しておいても名義貸しと判断され、預金額をまとめられることもあるので気を付けましょう。
 

銀行口座へ貯金するよりも投資をお勧めする理由はこちらをチェック。

 

今話題の暗号資産DEXについてはこちらをチェック。

 

貯金が1000万超えたら投資で資産を増やすことが大切です


お金を貯めるのは簡単なことではありません。働いて給与をもらい、さらに家計管理をしながらお金を貯めていきます。そのため1000万円貯金するというのはものすごく努力が必要です。
 
せっかく一生懸命貯めた貯金は多くの人が銀行に預けますが、そのまま預けていてもほとんど利息は付きません。せっかくなら少しでもお金は多いほうがいいですし、1000万円貯金した後は少しでも楽にお金を貯めたいものです。
 
そこで貯金が1000万円を超えたら投資でお金を増やすことを検討してみてはいかがでしょう。投資は難しい、失敗するというイメージが強いですがきちんと適切に運用すればしっかりと資産を増やすことができます。
これまで貯金してきたお金自身に働いてもらい資産を増やしていきましょう。
 

貯金1000万超えてからオススメな3つの資産運用方法

投資にはいくつかの方法があります。昔は素人のするべきものではないというイメージが強く持たれていましたが、今は長引く不況や金融不安から少しでも資産を増やすために積極的に運用すべきという発想に変わっています。
 
もちろん投資もメリットだけでなくデメリットもあります。正しく運用をしないとせっかく貯めた1000万円が減ってしまう可能性もあります。
そこで運用を始める前にはどの資産運用が自分に合っているのか、どのくらいの資産の増減が期待できるのかをよく考えて始めることが大切です。
 
ここでは1000万円貯めたら行うとよいと考えられている投資方法を3つ紹介します。それぞれに特徴があるのでどれが合っているか考えてみましょう。
 

貯金1000万超えてからの資産運用1.株式投資

株式投資は最もメジャーな投資方法です。難しいとか損をするというイメージがありますが、適切に運用すればしっかりと利益を出すことができます。
 
株式というのは企業が発行する株式を購入し、企業の事業資金を出資することです。企業は出資された株式をもとに企業活動を行い、利益を上げた中から出資者に対して配当を配布します。社会情勢や企業の状況を考えながら自分の好きなタイミングで株の売買を行い運用することで、利益を増やしたり、損を抑えたりというコントロールを行います。
 
自分で運用するためには経済動向をチェックしたり、取引を行ったりと面倒です。また、知識がないとどこの会社の株を購入すればいいかも考えることになります。
そこで自分で運用するのが難しいと感じたときには投資信託を行いプロに任せることもできます。投資信託によっては株式以外も取り扱っていることもあります。
 
株を購入することは絶対利益が出るとは限りません。そのため投資をするなら1000万円のうちどのくらいいの金額か考え、万が一損が出たときのためにも無理のない投資をすることが大切です。
 

貯金1000万超えてからの資産運用2.国債

国債というのは国に対してお金を貸して、利息を受け取るものです。あらかじめ満期や利率が決められているので定期預金と似ています。満期が決まっているため、自分で売買をする手間がかかりません。そのため国債は購入したら満期まで放置しておいてよいのでとても簡単な投資といえます。
 
リスクも低く、投資する相手が国なので破綻して元本割れするリスクもかなり低いです。銀行預金に比べるとリスクはありますが、株式投資よりはかなりリスクは低いといえます。
 
元本割れがほとんどなく、なおかつ利息も得られるということでとてもメリットが高い投資に見えますが、もちろん国債にもデメリットはあります。
それは、利回りが低いのであまり大きなリターンは期待できない点です。ただし銀行に預けておくよりは利息は高く、リターンはあります。投資の知識がない人でも簡単に行うことができ、少しでも利益を出すことができることから初心者で楽に投資をしたい人におすすめの運用方法といえます。
 

貯金1000万超えてからの資産運用3.不動産投資


不動産投資というと危ない、というイメージがとても根強いです。大きな金額を投資するためリスクが高い印象がありますが、実は株式投資よりもリスクが少ないと考えられています。
仕組みとしては、マンションやアパートを購入して賃貸物件として貸し出して入居者から家賃収入を得ることで利益を出していきます。物件に人が入居してくれれば毎月家賃が受け取れるので固定給を受け取るのと同じ仕組みを作ることが可能です。
 
不動産投資は収入が安定しやすく利回りが高いです。一度入居した人はある程度の期間続けて入居してくれるので継続的に収入が期待できます。
 
デメリットとしては投資に資金が必要なことです。また、初期投資がかなり大きな金額になりますし、場合によってはローンを組む必要が出てくることもあります。物件の修繕費用や固定資産税などランニングコストも発生します。そのためきちんと収支のバランスを確認したうえで投資を始めなければ利益が出なくなることもあるので気を付けましょう。
 

経済危機であっても継続収入が得られる

投資をすれば不労所得が得られます。投資の金額によって得られる金額は違ってきますが、毎月仕事での給与以外に収入があるというのはとても心強いです。
 
わたしたちが毎日生活をしている中で、何が起こるかというのはわかりませんし誰にも予想ができません。突然経済危機が起こって給与が減ったり最悪の場合には仕事を解雇されたりすることもあります。
 
資産運用をしておくとペイオフによって貯金が無くなる心配も防げますし、さらに不労所得によって継続的な収入も得らえます。もちろんリスクもあるので、よく考えて投資をする必要はありますが、大切な資産を守るためにも投資をしておくことはメリットが高いといえます。
 

貯金1000万超えても”使うお金”と”使わないお金”を分けることが大事

1000万円という大きな金額を目にすると誰もが興奮してしまいますし、冷静に物事を考えられなくなることもあります。特に資産運用を考え始めると、思わず目がくらんでさらにお金を増やそうと欲が出てきてしまうこともあるものです。
 
せっかく貯めた1000万円を減らすことがないよう、投資をする際には全てを使うのではなく使うお金と手元に置いておくお金に分けるようにしましょう。資産運用に充てているお金は何かあったとしても、現金化するためには時間がかかってしまいます。
万が一何かあった時にも一定額は手元に置いておくことが望ましいです。投資方法としては1000万円を3つに分けて、2種類の投資と手元に残すのが堅実と考えられています。
 

貯金1000万超えたらコレをしましょう! まとめ

老後資金のためにも、1000万円を貯金するというのは一つの目標にしている人も多くいます。1000万円というのはとても大きな金額です。
毎年100万円貯金をしたとしても1000万円までは10年もかかります。毎日の生活で支出をしながら貯金をすることは、時につらいこともあって当然です。
 
それだけ大変な思いをして貯めたものですから、貯金をしたお金は減らさないのはもちろんですが運用して増やすことも検討しましょう。ただし資産運用は絶対に利益が出るとは限りません。
元本割れのリスクもあるので、必ず投資をする前にはどのような投資方法にどのくらいの金額を投資するのか、資産のシミュレーションをしてから行うようにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事