フルローンで家やマンションを購入する時の注意点やメリット・デメリット

はじめに

フルローンで家を購入できるなら、気に入る物件が見つかった時、すぐに購入手続きできそうなイメージがありませんか。住宅購入の際に悩みの種になるのが頭金。
 
できれば将来的な返済を考えて、少しでも頭金を多めに払ったほうが何かと楽でしょう。
しかし場合によっては頭金の準備ができず、フルローンを計画する人もいるかもしれません。
そこで今回は、フルローンで家は購入できるのか、知っておきたい大切なポイントをご解説していきますね。
 

労災保険に加入するメリットを解説!こちらをチェック。

 

不動産仲介手数料が高い時の値引き交渉についてはこちらをチェック。

 

フルローンとは何か?


フルローンというのは「Full」という英語で「満タン」という意味があり、フルローンもローンを満タンにした状態、頭金を入れずに全額金融機関から借り入れするローンのことです。
 
フルローンは、車やバイクなどの乗り物を購入する際にも使われるスタイル。
あらゆる目的でフルローンを組む人がいます。
 
住宅ローンの場合は、以前は物件価格の7~8割程度まで借り入れ可能とされていましたが、最近はフルローンに対応する金融機関も増えています。
 
「オーバーローン」というのは、物件価格に諸費用も加えて借り入れする場合のこと。
フルローンよりもオーバーローンのほうが借入金額は多くなる計算です。
 
頭金を入れずに住宅を購入するということは、家の価格と同じ金額の住宅ローンを組み購入するということ。
まとまった貯金がない人にとっては、頭金の負担がないので、マイホームを手に入れやすくなりますね。
 

フルローンの返済シミュレーション

フルローンで3000万円の物件を購入した場合、どのような返済額・返済期間になるのかをシミュレーションしてみます。
 
全期間固定金利のフラット35の場合、返済期間は35年として、金利を1.53%で計算すると、フルローンの返済額は毎月9万2296円。
 
仮に頭金を物件価格の2割の600万円だけ払った場合は、月額のローン返済額は6万8759円となりますので、差額は毎月2万円以上の計算です。年間にすると24万円の負担差があることになります。
 
月々2万円の差は、短期間ならなんとかなるかもしれませんが、35年間続くとなるとかなりの負担になることは間違いありません。
住宅購入はとても大きな決断になるため、無理なく返済できるプランを考えることがまず大切ですね。
 

フルローンのメリットについて


近年フルローンに対応する金融機関が増えているのは、それだけ需要があるからでしょう。
フルローンで家を購入するのは、主に3つのメリットが考えられます。
 
ひとつは頭金を準備せずにマイホームが購入できるため、現在の資金を減らさずにローンが組めること。
二つ目は、どうしても手に入れたい物件が見つかった時にタイミングよくローンが組めることがフルローンの魅力です。
 
そして三つ目は控除額へのメリットで、フルローンなら金額が大きくなりローン残高が多いため、住宅ローン控除の額が大きくなる点も注目したいこと。
このようにメリットがあるフルローンは、若くて働き盛りの人などに向いているかもしれません。
 

フルローンのデメリットについて

何十年もかかる住宅ローン。目先のことだけでなく、将来を踏まえたローンを組むことが大切です。
フルローンは一見メリットが多いように見えますが、デメリットももちろんあります。
 
まず返済金額が大きくなること。
そして住宅ローンの審査が通りにくくなることも、忘れてはいけないポイントかもしれません。
フルローンで家を買うと決めても、住宅ローンが組めなければ購入できないことに。
 
とくに勤続年数が長くて頭金が用意できない、年収と借入額のバランスが悪いというケースは、審査が厳しくなるかもしれません。
 
さらにフルローンで家を購入する場は、金利が高くなる可能性があるので、長い目で考えるとかなりの負担になるでしょう。
頭金を入れた場合と入れない場合で、金利は0.25%ほど変わってしまいます。
 
フルローンは結果的に諸費用なども含めたオーバーローンになる可能性も高く、その場合、将来家を手放す際に住宅ローンの残債が上回る可能性が高くなるでしょう。
家を売ってもローンの支払いが続くのは、まず避けたいことですね。
 

無難なローンの組み方は?

フルローンで家を購入することは可能ですが、実際にマイホームを購入した人の中でフルローンにしている人は圧倒的に少ないといわれています。
 
一般的には頭金は物件価格の8~18%程度用意する傾向にあり、住宅価格によりますが、手持ち金は280万円~700万円ほどあると安心です。
 
どうしてもフルローンで家を購入したい場合、最低でも諸費用は現金で用意したほうがよいでしょう。
諸費用とは、不動産仲介手数料・火災保険料・不動産取得税登録免許税・印紙税などがあります。
目安としては新築マンションなら購入価格の4%前後、中古一戸建てなら8~10%です。
 

まとめ

頭金なしのフルローンで家を買いたい場合、少しでも援助があったほうが将来的に楽かもしれません。
身内に相談したり、金融機関で相談したりして、負担をできるだけ減らせる住宅ローンを見つけてください。
最終的に一番安心なのは、頭金を貯金してから住宅購入を考えることだといえるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事