看護師は副業していいの?おすすめの副業と不動産投資をする際に気をつけたいこと

はじめに

世間では副業を始める人も増えて、看護師の方も「時間の合間を縫って副業をしたい。」という方もいらっしゃると思います。
 
しかし、いざ看護師の方が副業を始めようと思うと、日々の業務に追われて忙しくて副業ができないという方が大半です。
 
時間の確保が難しい看護師の方でもできる副業はもちろんありますが、中でもおすすめなのが不動産投資です。
 
副収入を作る際に、多忙な看護師という職業であるからこそ、時間を割く必要がない「不動産投資」はおすすめです。
今回の記事では看護師の方が忙しくてもできる副業や不動産投資について記載していきます。
 

30代看護師の貯金事情はこちらをチェック。

 

看護師におすすめの転職先について詳しく知りたい方はこちらをチェック。

 

そもそも看護師の副業は可能なのか?


民間の病院に勤めているか、国立の病院に勤めているかで大きく変わります。

  • 民間が運営する病院・・・就業規則にのっとり副業の規則が規定されている。
  • 公立、国が運営する病院・・・副業は原則禁止

となっています。

民間の運営する病院では副業ができる場合とできない場合がある

民間が運営する病院には就業規則が設定されており、副業が禁止されているか禁止されていないか記載されています。ここで副業を禁止されていなければ、就業規則にもとづき副業に取り組むことができます。
 
もちろん副業が禁止と記載されていれば、副業をした場合には規則違反となり懲罰が与えられてしまいます。
副業をしても大丈夫か不安がある場合は、就業規則を確認した上で庶務課などに確認をしてから副業に取り組むことをおすすめします。

公立の病院に勤めている看護師は副業は原則禁止

国家公務員法や地方公務員法のもとで、国や市などの自治体が運営する病院に勤めている看護師の方は公務員の扱いになるため、現状では副業が禁止になっています。
公務員の副業禁止規定についてまとめると

  • 営利目的の会社で稼いではいけない、または営利目的の会社を運用してはいけない
  • 報酬を得て事業をしてはいけない

などの規定で副業が禁止になっています。
 
例外として内閣総理大臣と所轄長のトップの許可を得れば事業を始めることができますが、これらの条件を満たすことが難しいため副業が“原則禁止”となっています。
 

看護師のおすすめの副業とは

看護師の中でも民間の病院に勤めている看護師は副業をすることができます。
そのため、看護師ならではの資格を生かした副業や時間の融通が利く副業が看護師の方におすすめの副業です。

検診看護師

看護師であれば検診看護師の業務が始めやすいです。アルバイトや短期での募集もあるため、時間の融通が難しい看護師の方でも仕事が見つかりやすいです。
 
仕事内容は、学校などでおこなわれる検診のサポートですので看護師の業務に慣れている方にとっては特別なスキルを必要とされることはありません。

クラウドソーシング

完全在宅でもWebライターや動画編集を通して副収入を確保することはできます。
 
完全在宅で仕事を自由にすることができますが、仕事の案件を獲得するためにはスキルが必要になってくるため、仕事の合間を縫ってスキルの習得をしなくてはなりません。
そのため、仕事を獲得するまでに時間がかかることを考慮する必要があります。
 

公立の病院に勤めている看護師の方は不動産投資がおすすめ


公立の病院に勤めている看護師の方でも、ある一定の条件を満たせば不動産投資をおこない副収入を得ることができます。

そもそも不動産投資とは

不動産投資とは、物件を貸すことで賃料を取ることができるインカムゲインや、物件の売却益で得ることができるキャピタルゲインによって収入を得ることができます。

公務員の看護師でもできる不動産投資とは

公立の病院に勤める公務員の看護師の方でも、

  • 5棟10室未満であること
  • 年間500万円未満の賃貸収入
  • 物件の管理を業者に委託すること

以上の条件を満たせば不動産投資をおこなうことができます。
 
また、看護師の方は社会的信用が高いためローンの審査や融資が受けやすく有利に不動産投資を進めることができます。

不動産投資をする際に気をつけること

  • 不動産会社選び・・・物件を借りる際には不動産会社を選ぶことにも気をつけなければいけません。物件の管理がずさんであったり空室のリスク対策をしていない会社を選ぶと、定期収入が見込まれません。
  • 入居者がいないと収入が発生しない・・・入居者がいないと収入が発生しないため、入居者を募集するために初期費用をかけないといけません。
  • 自然災害によるリスク・・・自然災害の被害により物件の価値が下落することも懸念されます。その場合、入居者が減ってしまい家賃収入も得られず、資産としての価値が下がってしまうことも計算しなくてはいけません。

 

まとめ

今回の記事では看護師の副業について

  • 看護師の副業は可能なのか?
  • 看護師の方におすすめの副業
  • 公立の病院に勤める看護師の方ができる不動産投資

などについて記載していきました。
 
老後の資金の確保のため副業を解禁する企業が増えていく中で、看護師などの多忙な方でもできる「不動産投資」に注目が集まりつつあります。
 
不動産投資であれば、時間がなく多忙な方でも収益を確保することができるので、メリットやデメリットを考えた上での不動産投資を検討してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事