リフォームの費用予算は?30代女性が中古マンションを購入する際に考えること

はじめに

リフォームの費用は、中古マンションを購入する際に念頭に入れておけば、物件の選択肢が広がります。
新築マンションならその心配はありませんが、コストを抑えて中古マンションを購入したい場合は、多少のリフォーム費用が必要になることも。
 
近年30代女性のマンション購入が増えているといわれています。
投資目的や自分の生涯の住処として購入されるなど、目的はさまざま。
そこで今回はリフォーム費用について焦点を当てて、詳しくご解説していきましょう。
 

中古マンションを購入してリフォームするメリット


リフォームの予算は施工内容により異なりますが、購入してリフォームすることは、新築物件とは違ったメリットがあります。
まず低予算で物件を購入できること。
 
予算幅が広がるので、住みたいエリアの中にも豊富な選択肢があるでしょう。
また建物がすでにあるので、周囲の様子や景観などをチェックすることが可能です。
 
戸建ての住宅リフォームなら、解体費用や廃材処分費用なども高くなりますが、中古マンションはリフォームでそれらのコストを抑えることもできるでしょう。
 
しかしデメリットもあり、骨組み、柱などの土台の老朽化が激しい、築年数の経過した中古マンションだとリフォームできない場合もありますし、構造や間取りを大きく変更できない点も考えなければなりません。
 
リフォーム費用は場合によっては新築よりも高くなるケースもあるので、購入する際にリフォーム費用も見積もって計画することをオススメします。
 

フルリフォームの相場について


中古マンションは新築よりも安く購入しやすいことがメリットですが、築年数によって多少リフォームが必要な場合があります。
また個性的な空間にするために、中古マンションをリフォームするプランで購入する人も少なくありません。
 
相場費用ですが、70~80平米の中古マンションをフルリフォームした場合は、500~600万円くらいになるといわれています。
ただし使用する材質、最新のキッチン設備などを導入すると、さらに費用は高くなるでしょう。
 
フルリフォームはキッチン本体、トイレ、ユニットバス、洗面所、壁紙、フローリング、照明、室内ドアなど。
この中でも予算が高くなりやすいのは、キッチン本体の交換やフローリングの張替えになります。
 

中古マンションを見る時のポイントについて

30代女性にとって中古マンションを購入することは、住宅資産を持つという安心感につながります。
今後予定外のライフスタイルの変化があるかもしれませんが、住む場所が確保されていることは心の支えになりますね。
 
さらに30代は、今後の収入増加も期待できる年代。
中古マンションは豊富に物件が供給されていますので、ライフスタイルに合わせて選んでみましょう。
 
中古マンションを見る時は、よく「管理を買う」といわれるように、エントランス周辺、駐輪場、郵便受けなどを確認すること。
 
自分の部屋はリフォームできますが、共有部分は管理組合の管轄。
清掃やマンションの修繕なども、資産価値を維持するために大切な部分です。
 
またマンションの共有部分以外にも、周辺の環境や駅までのアクセスなど、リフォームでは変えることができないポイントもあるでしょう。
交通量がある場所は日中と夜間の違い、部屋からの眺望も今後長く暮らす場所なので重要です。
 

水回りのリフォームがオススメ


30代女性の中古マンションの購入は、キッチンなどの水回りはとても気になる部分になるでしょう。
とくにキッチンの動線は使いやすさを考えて、リフォームする際によく計画したい部分。
 
フルリフォームするよりも、キッチンだけのリフォームなら予算が抑えられ、しかも空間が異なって見えるメリットもあります。
 
たとえばユニットバスとキッチン、トイレの水回りのリフォームをした場合ですが、ローグレードの設備を使えば100万円台、ハイグレードにすると170~320万円など。
 
システムキッチンのリフォームだけで、デザイン性に多少こだわったミドルグレード設備なら、70~110万円が相場となっています。
 

住宅ローン控除を使う

リフォームの費用予算を考える際に、忘れないようにしたいのは「住宅ローン控除」についてです。
正しくは「住宅借入金等特別控除」と呼ばれる特例で、物件を購入して一定期間の間は、住宅ローン残高の一定割合にあたる金額を所得税額から差し引くもの。
 
この住宅ローン控除は、いくつの条件をクリアした場合に適用されます。
まずは控除を受ける年の年間所得合計が3,000万円以下であること。
 
さらに住宅ローン返済期間が10年以上であること、ローンは銀行、信用組合などから借り入れたものであること、住宅の登記簿面積が50平米以上であること、中古マンションは耐震性性能があることが条件になります。
 
入居条件はマンションを取得して、半年以内に入居して12月31日まで住み続けることが必要になりますので、もし中古マンションを購入してリフォームを検討している場合は、不動産購入の相談会や税務署で相談してみましょう。
 

まとめ

リフォームの費用は、プラン次第で異なります。
中古マンションは早いもの勝ちといわれるように、条件がよい物件は人気がありますので、リフォームを考えて購入する場合は予算も事前に決めておくと安心ですね。
 

将来のことを考えた時、持ち家と賃貸どちらの方がいいの?こちらをチェック。

 

中古マンションを購入する際に気をつけることや流れはどんな感じ?こちらをチェック。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事