知ってる?不動産小口投資

不動産投資に興味はあるけれど、「多額の資金が必要」「物件選びが大変そう」などの理由で、一歩踏み出せない人は少なくありません。その場合、一般的な不動産投資よりも少ない資金で手軽に始められる、不動産小口投資を検討してみてはいかがでしょうか。

本記事では、少額から投資できる不動産小口化商品について解説します。不動産の小口投資に興味がある方は、参考にしてください。

不動産小口投資とは

小口から始められる不動産投資にはいくつかの種類があります。本記事では代表的な不動産小口化商品について解説します。

不動産小口化商品

投資家がお金を出し合い、不動産を所有するシステムです。

例えば、単独購入が困難な都心のビルを細分化し、投資家に販売します。高額不動産を共有所有できるシステムです。出資者には、該当物件の賃貸収入などが配分されます。REITと異なり、投資したい物件を選べます。

代表的なのは次の2つです

  • 匿名組合型
  • 任意投資型

匿名組合型は、事業者と匿名組合契約を締結します。不動産の所有権は事業者にあるため、登記費用の負担はなく、不動産に投資家の名前は登記されません。分配金は雑所得です。

任意投資型は、事業者と任意組合契約を締結します。出資者は、投資額に応じた不動産の持分を購入します。登記簿に投資家の名前を記載しなければならず、登記のための諸費用が必要となる点を把握しておきましょう。収益の分配金は不動産所得です。 

任意投資型の特徴は不動産を所有できる点にあります。そのため、相続税や贈与税の節税対策が可能です。節税対策を求める場合は、任意投資型を選択しましょう。

不動産クラウドファンディング

不動産小口化商品の1つです。

サイト上で出資者を募りその資金で不動産を取得、運用で得た賃貸利益や売却益などを出資者に分配する仕組みです。募集案件から投資したい物件を選択できます。

他の不動産小口化商品と比較した場合、安い価格で投資を始められるのが特徴です。1万円から始められるものも少なくありません。

不動産小口投資のメリット・デメリット

不動産小口投資のメリット・デメリットについてみていきましょう。

メリット1:プロが選定した物件

一般的な不動産投資を行う場合は、自分で物件を選定しなければなりません。不動産投資では、物件選びが重要です。

物件選定を誤ると、次のような問題が生じます。

  • 賃貸希望者が現れず、空き家の時間が増え賃貸収入が得られない
  • 売却時に思ったような値が付かない

不動産小口投資の場合、物件選定はプロが行います。そのため、物件選定に自信がない人におすすめの投資方法といえるでしょう。

メリット2:実物の不動産が確認できる

株式投資や仮想通貨のように、実態の見えないものではありません。不動産小口投資の場合、実際に目に見えるものに対して投資が可能です。

立地条件や内装・外装などを確認の上投資できます。

メリット3:リスク分散できる

一般的な不動産投資の場合、一件当たりに多額のお金がかかります。そのため複数物件への投資は困難だと感じる人も多いでしょう。

小口化商品であれば、一件当たりの金額はそれほど大きくありません。そのため、複数の物件に投資することで、リスクを分散できます。

メリット4:不動産管理の手間がかからない

一般的な不動産投資では、不動産を管理しなければなりません。管理会社に委託する場合も手数料が必要です。

小口投資ではそのような管理の手間や委託料は不要です。

デメリット1:空き室リスクなどがある

普通の不動産投資と同様、空き室になった場合は賃貸収入が入りません。空き室リスクがある点を把握しておきましょう。

また、一般的な不動産と同様に物件価格の値下がりリスクが伴います。売却するときに必ずしも元の値段より高く売れるとは限りません。

さらに、運用期間中に不動産が災害にあうリスクもあります。予定外に修繕費等の費用が発生する可能性もゼロではありません。

デメリット2:換金の自由度が低い

不動産小口化商品やクラウドファンディングは自分のタイミングで自由に換金することが困難です。買い手が見つかれば譲渡できますが、自分だけの都合で不動産を自由に売却することはできません。売買に事業運営者からの許可が必要な場合もあります。

デメリット3:担保にできない

一般的な不動産投資の場合、物件を担保に資金の借り入れが可能です。手持ちに資金がなくとも、ローンを用いて投資できます。

しかし、小口投資の場合はそのようなことはできません。手持ちの資金での投資が必要となります。

デメリット4:元本や分配金の保証がない

元本・分配金には変動リスクがあります。リスクについて把握したうえで、投資を検討しましょう。

まとめ

小口で投資できる不動産投資として、不動産小口化商品があります。

物件選びや物件管理が不要で、手軽に投資できる点がメリットです。また、複数の商品を購入すれば、リスク分散につながります。

投資の目的や資金力などを考慮した上で、不動産小口投資を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事