頭金10万円から始められる不動産投資!東京圏の不動産の将来の予想

老後の年金対策などとして注目を浴びている投資の1つに不動産投資があります。

不動産投資で安定した利益を得ることができれば、生活に余裕が生まれます。しかし、「一度にまとまった資金が必要」といったイメージが先行し、投資をためらっている人は少なくありません。

しかし、実は頭金10万円から始めることができます。本記事では低資金から始められる理由や不動産投資の魅力について解説します。ぜひ、本記事を参考にしてください。

広告でよく見る「10万円から始める不動産投資」とは。本当に可能なの?こちらから。

海外と日本の不動産投資はどちらがおすすめ?こちらから。

不動産投資とは

13158-2

不動産投資の主な目的は、購入した不動産を他人に貸し、家賃収入を得ることです。

不動産投資にはさまざまなものがあります。ワンルーム投資・戸建て投資・駐車場投資・コインランドリー投資などです。ここでは、とくに個人投資家に人気が高いワンルーム投資とアパート投資について詳しくみていきましょう。

ワンルーム投資

ワンルーム投資は、マンションの一室を購入し入居者に貸し出すことで家賃収入を得る投資方法です。

とくに駅近などの立地の良い物件においては、高い家賃収入が期待できる点が魅力の1つです。点検や清掃を管理会社に委託できる物件を選べば、初心者であっても手間がかからず参入しやすいといえるでしょう。

とはいえ、入居者が決まらない空き室の間や家賃滞納が起きた場合は無収入になるデメリットは把握しておきましょう。

アパート投資

アパートの土地を含め、丸ごと一棟購入し全室をそれぞれ入居者に貸し出すことで家賃収入を得る投資方法です。

アパート一棟を運用するので、全ての部屋が空き室となる可能性は低いといえるでしょう。ただし、ワンルーム投資と比べると多額の資金が必要となります。一方で多くの部屋を貸し出すため、多くの家賃収入が見込めます。

低資金から始められる理由

13158-3

不動産購入時にはまとまったお金が必要になります。ワンルームマンションの場合、一部屋分の物件価格が必要です。そこに、融資手数料や火災保険料、不動産所得税をはじめとした諸費用がかかります。

この物件購入費用に、不動産投資ローンを当てる人は少なくありません。一般的にはワンルームマンションをローンで購入する時、頭金と諸費用を合わせ約100万円〜300万円の初期費用がかかるといわれています。

頭金の準備が難しい場合は、物件購入金額全てをカバーする「フルローン」を利用しましょう。また、初期にかかる諸費用の工面が難しい場合は「オーバーローン」を検討します。こちらは、物件価格以上の融資を受けることが可能です。

フルローンやオーバーローンを利用すれば、手元により多くの現金を残しておくことが可能になります。とはいえ、頭金を投入していない分合計返済額が大きくなる点は把握しておきましょう。

不動産投資の魅力

13158-4

不動産投資の魅力を2つみていきましょう。

安定収入が見込める

不動産投資は、入居者がいれば毎月安定した収入が得られます。管理会社に依頼すると、大きな手間をかけずにすむのも魅力の1つといえるでしょう。

賃料収入は株式投資と比較した場合値動きが少ないため、ミドルリスク・ミドルリターンといわれています。

生命保険

不動産投資にローンを利用する際は、「団体信用生命保険」の加入が義務付けられることが少なくありません。万が一のことが起きた場合、ローンの残債がゼロになります。そのため、ローンのない状態の不動産を遺族に残すことが可能です。

東京圏の不動産の予想

13158-5

東日本不動産流通機構(http://www.reins.or.jp/)が公表した、2021年のマーケットデータをみていきましょう。首都圏中古マンション件数の推移がわかります。

13158-6

2021年12月の中古マンション契約件数は前年比+13.7%と増加していることがわかります。

13158-7

首都圏の中古マンション成約㎡単価は前年比で20カ月連続上昇しています。

これは、建築材料や人件費の高騰により、首都圏の新築マンション市場の平均価格が上昇していることとも関連があります。また、新築マンションの相場がエリアにより大幅な高騰傾向にある事から、中古マンションを選ぶ人は少なくありません。

今後さらにマンション価格が値上がりした場合、購入を先送りにする層も一定数出てくることが考えられます。その層は購入前までは賃貸に暮らすこととなるでしょう。このような層による賃貸需要の上昇が期待できます。

東京都政策企画局が作成した「2060年までの東京の人口推計」(※2)によると、東京23区の人口のピークは2030年です。今後しばらくは東京の人口の増加が期待できます。そのため、東京都の不動産需要に陰りが見えることはないといえるでしょう。

まとめ

値動きが激しくハイリスク・ハイリターンの株式投資と比べ、不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンといわれています。

フルローンやオーバーローンを利用すれば、手持ちの資金が少ない場合でも不動産投資を始められます。毎月安定した収入が得られる不動産投資は、注目度の高い投資方法の1つです。興味のある方は検討してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事