Airbnbのホストになる方法・民泊で空いている部屋を活用する技とは?

出典:Airbnb

はじめに

Airbnb(エアービーアンドビー)のホストになってみたい、収入はどれくらい期待できるの?といった疑問を抱く人が、近年増えているようですね。
Airbnbは世界的にとても有名ですが、日本でも徐々にメディアで取り上げられることが増え始め、すでにこのサービスをご利用になったことがある人もいるでしょう。
では逆に、Airbnbのホストとしてこのサービスを利用する場合、どのようなメリットや手続きがあるのか、空き部屋をお持ちの方はぜひ参考にしてください。
 

遊休不動産。シェアオフィスなどに活用して利益を得る方法はこちらをチェック。

 

区分マンション投資は小資金で始められる。メリットやデメリットはこちらをチェック。

 

Airbnbとは何か?


Airbnb(エアビーアンドビー)という言葉を、近年よく聞くようになりましたが、まだ詳しく知らない人も多いですよね。
そこでまずはAirbnbとは何か、詳しくご解説いたしましょう。
 

空き部屋の貸し借りサービス

Airbnbとは、空き部屋を貸したい人と借りたい人をつなぐサービスのことです。
Airbnbは世界192か国、33,000の都市で80万件以上の宿泊施設を提供しているといわれています。
 
ソーシャルネットワーク事業のジャンルのひとつで、始まったのはアメリカのサンフランシスコ。
会社が設立されたのは2008年で、かなり前からサービスが展開されていました。
 

エクスペディアを抜く人気

旅行予約サイトのエクスペディア。
欧米ではかなり人気が高いこのサイトを追い抜き、宿泊予約で上位にランクインしたのがAirbnbです。
 
国際オリンピック委員会とワールドパートナー契約を結んだというニュースも、すでに発表されているようです。
旅行する際に、必ず必要になる宿泊先。
 
従来はホテルに予約をしていましたが、Airbnbなら一般の人が提供してくれる家、マンション、リゾートの別荘地に宿泊が可能です。
Airbnbが始まったきっかけは、サンフランシスコで開催されたインダストリアル会議の参加者が、ホテルを予約できず困っていたことでした。
 
そこで短期的な宿泊施設と朝食を提供するためのネットワークが提供されたのです。
オーナーのチェスキーとゲビア、二人がルームシェアしていたロフトの家賃が払えず、宿泊できるようベッドを追加してサービスを始めたといわれています。
 

世界中で利用できる

Airbnbは創業以来、100万以上の予約を達成したといわれています。
とても人気があるサービスで、世界中で利用者とホストがいるので、海外旅行でAirbnbを使うことも可能なのです。
 
本部はオーストラリア、インドネシア、シンガポールなどアジア大陸にも立ち上げて、積極的に進出中。
海外と違い、日本はまだ利用者は多くありませんが、新たな宿泊サービスとして注目されていることに間違いはありません。
 

サービスの使い方

Airbnbの利用方法についてご説明しましょう。
興味があるけれど、手続きが面倒のように思う人はかなり多いようですね。
しかし手順はさほど複雑ではありませんので、まずはAirbnbのホームページをチェックしてください。
 
最初に自分のアカウントを作成する必要があります。
Airbnbの予約は、一般的な旅行代理店や予約サイトでは扱っていなく、Airbnbの公式サイトからのみとなるのです。
 
アカウントは、フェイスブックやGoogleアカウントからも連携可能。
プロフィールを作成して宿泊したい場所を選び、泊まりたい家の詳細を確認します。
 
場所によって人数、チェックイン時間、キャンセルポリシーが異なるので、事前にチェックしておくこと。
また家によってはペット禁止、騒音禁止などの独自のルールを設けている場合もあります。
 
予約してオンラインで支払い、当日に現地に行ってホストから鍵をもらいチェックイン。
ホテルと違うのは、個性的な場所に宿泊できることです。また宿泊料金が安く探せることも、Airbnbの人気の理由ですね。
 

Airbnbのホストになる方法


東京オリンピックで、世界中から日本へお客様がやってくると、都心部では宿泊施設が足りなくなる可能性がありますよね。
そんなことを想定して、今とても増えているのがAirbnbのホストです。
ではどうすればホストになれるのか、大切なポイントや手順をご紹介しましょう。
 

Airbnbのホストとは?

東京を「ホストシティ」に変えるというAirbnbのコンセプトがあるように、今東京は世界中の人をお迎えするため、あらゆる準備が進められています。
「自分の街を知ってもらいたい」という熱い気持ちで、ホストになりたい願望を持っている人も多いはず。
Airbnbのホストとは空き部屋を貸す立場で、空き部屋がある人にとっては収入につながります。
 

ホストの条件について

Airbnbのホストは、いわゆる民泊の宿泊先の提供者。
トラブルを防ぐためには、いくつかの条件をクリアしないとホストにはなれません。
 
まず部屋を提供するホストは「総合評価」「返答率」「キャンセル率」「予約承認率」の4つの基本要件を満たしていること。
たとえば予約者が「道がわからない」と悩んでいる時、すぐレスポンスできるかどうかなどです。
 
ホストの役割は、ゲストが快適に滞在できるよう、丁寧に対応することでもあるでしょう。
丸々一軒の家を貸してくれるホストをはじめ、あらゆるタイプの宿泊先がホストから提供されています。
 
そのため利用者によっては、部屋のグレード以上にホストの人柄などもレビューの対象になることもあるようです。
 

自治体へ届けが必要

Airbnbのホストになるためには、自治体への届けが必要です。
住宅宿泊事業法により、事前に届けを出さないとトラブルになる可能性があるのでご注意ください。
すでに旅館業法などの認定をお持ちの方は不要になります。
 

リスティングを作成

提供する家や部屋をリスティングする前に、まずは利用者と同じくアカウントの作成が必要です。
登録料や部屋の掲載料は無料。プロフィールを作成し、次は物件情報を入力します。
 
料金、宿泊可能人数や日数、ゲストの要件などを設定。
部屋の写真をアップロードすれば完了です。料金は推奨価格がAirbnbから提示されますので、それを参考にしながらホストが自分で宿泊料を決めるシステムになっています。
 

ゲストをお迎えする

予約が入ったら部屋を綺麗に掃除し、シーツやタオルなどのリネン類もきちんと準備。
事前にゲストとはメッセージのやりとりをして、詳しい場所の情報や鍵の受け渡し方法を連絡しておきます。
 
必ずしも鍵は手渡しする必要はなく、キーボックスの暗証番号をゲストに知らせて、セルフでチェックインしてもらうのも可能です。
部屋におやつを用意したり、ゲストと一緒にお茶をしたり、もてなし方も自由に工夫できます。
 

メリットとデメリット

色々な人が自分の物件を利用してくれるのは、オーナーにとっては刺激になるでしょう。
ホスト視点から見るこのサービス。メリットとしては、収入を得られることです。
 
空き部屋がある人は有効活用でき、さらに収入になるので一石二鳥ですね。
本格的な不動産運用として導入している人もいますので、稼働率が高く期待できるエリアなどは、よい投資になるかもしれません。
 
また世界の人と出会うチャンスもあるので、文化交流できることも魅力です。
しかしデメリットとしては、全てのゲストがマナーを守って部屋を使ってくれるとは限らないこと。
 
また宿泊客の中には外国人もいるため、言葉が通じない、文化の違いにより近隣に迷惑がかかるなどの可能性もあるでしょう。
Airbnbでは、ホストをサポートするシステムが整っていますので、未然に防げるトラブルもたくさんあります
しかし利用するうえではメリットだけでなく、デメリットもあることを理解しておきたいですね。
 

まとめ

宿泊する場所によって、旅が楽しめなくなるケースもよくありますよね。
Airbnbは、アットホームな宿泊をしたい人にオススメのサービスといえるでしょう。
 
日本では都心部をはじめ、各地にホストが増えています。
空き部屋を上手く活用したいと考えている人は、自分の家をゲストとシェアする喜びをぜひ体験されてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事