こんまりメソッドは本当に効果的?モノを捨てて自由になる方法【2021年最新版】

こんまりさんとは?

 こんまりさんとは著書や番組などがきっかけでこんまりブームを起こしている片づけコンサルタントの近藤麻理恵を指します。
理想の部屋をイラストで描いたり部屋の写真を貼ったりと、イメージを膨らませながら片づけを進める片づけノートを活用しての片づけを推奨するメゾットであるのがこんまりメゾットです。
 
今まで自宅の片づけを進めていても進めることができなくなり、断念してしまった方もいるでしょう。
自宅の片づけが苦手であるのを自覚している方はこんまりメゾットを取り入れてみてはいかがでしょうか。
多くの方は片付けの本を読むだけで満足をしてしまうものです。
 
しかし片付けの本をただ読むだけでは意味がなく、理想と現実のギャップを客観的に見たうえでやる気にスイッチを入れるのが肝心です。
 
絶対に自宅の片づけを行ってきれいにしていくという決意をしてこそ、本格的に取り組めるといっても過言ではありません。
自宅の片づけを行うことによって自宅で過ごす時間がより楽しくなります。 
 

毎月6万円を貯金する。一人暮らしで節約をする方法はこちらをチェック。

 

シャワーとお風呂どちらの方が節約できる?気になる方はこちらをチェック。

 

こんまりメソッドの考え方


こんまりメゾットの考え方は至ったシンプルです。
まず自宅の理想のページを書き込み、とりあえず片づけを進めていきます。
 
いきなりすべてにおいて何もかも理想通りにはならないかもしれません。
しかし悩みに対して目を背けることなく現実に向き合うことが重要であるのは間違いないです。
 
雑誌の付録やエコバッグなど処分するかどうか悩むものに対してどうするべきかを考えるのが重要です。
専用のコーナーを作ることで収納をしやすくなったり、次の目標が見つかったりします。
実際に自分の理想を書き込むことによって客観的に自己分析ができます。
 
今の状態と今後の理想的な状態の二つをしっかり分析することによってモチベーションアップにつながっていきます。
そしてどちらも記録に残すことによって、片づけを進めるうえにおいて何をすべきかが明確になるものです。
 

こんまりメソッドの流れについて

 こんまりメゾットの流れはまず自分の理想の自宅を叶えるためのときめくもの以外を手放すことを決まることからスタートします。
自宅に必要なものとそうでないものという考えだと、何でもかんでも必要なものと思ってしまう方も多いものです。
 
そしてどこにどれを配置していくかを決めることになります。
片づける前の散らかった状態から脱却するためには大切なものを定位置に戻すことが重要です。
 
また。理想の暮らしを考える時間が重要で、何がときめくものかどうかを意識しないといけません。
何をしないといけないかを明確にすることが重要です。
 
必要なものとそうでないものという基準で選択してしまうとなかなか断捨離ができないものです。
こんまりメゾットの流れになぞらえて進めていくことによって、スムーズに進めることができます。
自分にとって必要なものを残そうとして失敗してしまう方は少なくありません。
 
片づける前の状態に戻らないマインドを身につけることが何より重要です。
ときめくものだけを選択して残してそうでないものを手放すことによって自宅が思っている以上にすっきりするでしょう。
 

こんまりメソッドを実践してみた


こんまりメゾットを実践することによって多くの方はこんなにも自宅がすっきりするのかと感じています。
今までなぜ片づけを行うことができなかったのかといった根本的な原因に気付く方も少なくありません。
とりあえず片づけをしようと思っても、どのものとどうすればよいかを考えていないとうまくいきません。
 
こんまりメゾットを実践することによっていつも自分が行っているのは片付けではなく掃除であることに気付くかもしれません。
片づけと掃除は別物であって、掃除をするだけでは断捨離もできません。
 
こんまりメゾットについて不安がある方はまずは実践してみるのがよいでしょう。
そして実践前後でどういった違いがあるのかを確かめてみるのがおすすめです。
 

服を片付けた後に起こったこととは?

 洋服の片付けを行うことによって、今まで以上に洋服を大事にしたいという気持ちが芽生えるものです。
丁寧にしみ抜きをしたりクリーニングに出したりと、残った洋服に対しての意識は大きく変わっていくものです。
 
今まで洋服を購入しては雑な扱いをしている方もいるでしょう。
洋服を丁寧に扱うことによってさらに寿命が延びるものです。
 
あれもこれもと洋服を持っていることによってどれを大切にすればよいか分からなくなっていくでしょう。
自分にとって大切な洋服がどれであるのかを明確にすることで考えも変わっていくものです。
 
洋服のメンテナンスについてあまり考えてこなかったという方もいるはずです。
まずは意識を大きく変えることが重要となっていきます。
 

書類を片付けた後に起こったこととは?

書籍を片付けるときには捨てると判断したものに関しては役割を終えたものということが分かります。
残すべき書籍とそうでない書籍は自分にとってまだ役割を持つかどうかが重要です。
仕事でもプライベートでも必要な書籍であるのなら残しておくべきと考えて当然といえるでしょう。
 
書籍を片付けるときに重要であるのは中身を確認しないことにあります。
書籍の中身を見てしまうことによって残すべき理由を自然と考えてしまうようになるものです。
本棚に入りきるかどうかも考えての選択もしていかないといけません。
 
あくまでも総合的に自分にとって必要かどうかを考えないといけないものです。
自分にとって必要な書籍であるかどうかもこんまりメゾットでの片づけを行うことによって判断していけるものです。 
 

こんまりメソッドでは思い出のモノは残しておく

こんまりメゾットでのポイントとなるのは思い出のものは残しておくことです。
基本となるのは自分にとって必要かどうかであり、片づけにおけるポイントになります。
そのうえでこんまりメゾットでは思い出のものを残すという選択も加えるのが重要です。
 
そのときの思い出を鮮明に思い出すことができるものはしっかり残しておいた方がよいでしょう。
仮にそのときには不必要であると判断したとしても、後に思い出を振り返るときに必要なものとなるかもしれません。
 
すべてにおいてそのときに必要なものとそうでないものという分け方をするのはおすすめできません。
後に必要になったり思い出の残っているものに関しては残しておいた方がよいでしょう。
 

思い出のものの仕分けをするタイミング

日本ときめき片づけ協会の安藤貢代表によれば、「思い出系の片づけは、やりたくなった日が吉日。無理なタイミングで取りかかっても、手放すことはできない」とのこと。
ほかの物を整理して調子が上がっている時などに、取り掛かるとよいでしょう。
 
仕分けできないからといって、丸ごと実家に送るのはNGです。
思い出を振り返るための品であるのに、その箱が開けられることはなくなります。
きちんと思い出と向き合う機会を作ってあげることが大切ですね。 
 

こんまりメソッドは非常に効果的です

こんまりメゾットは今まで片づけを行うのに失敗した、あるいは片づけを断念してしまったという方におすすめの方法です。
何が必要で何が不必要であるのかをしっかり判断して対応しないといけないのは間違いありません。
 
しかしこの判断をミスしてしまう方も少なくないものです。
片づけを行うことによって心理的によい効果があることも証明されており、自宅で過ごす時間がより楽しいものとなっていく理由になります。
 
こんまりメゾットに疑問を抱く方はまずは一度実践してみるのがよいでしょう。
そして片づけを行う前後でどういった違いがあるのかを自分で体験してみることによって、今後も活用していくべきかどうかを判断していけるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事