根回しが上手い人の特徴3選!仕事を潤滑に進めるコツを知っておこう!

はじめに

 根回しという言葉を聞くと、影でこそこそしているようなネガティブなイメージを持ってしまう人も多く居るでしょう。このようにネガティブイメージが強い根回しという言葉ですが、仕事に対して根回しがちゃんと出来る人というのは仕事がちゃんと出来る人の証です。
 
根回しが上手にできると、仕事の面においては自分が有利な立場に居られるということも可能になりますし、仕事自体もより効率的にすすめられるという利点などがあります。
 
仕事が順調に行くということは、自分の自信につながると共に生活の充実度を高めることにもつながります。根回しが上手い人の特徴を知り、仕事の根回しが上手にできるようにして仕事を円滑に進められる人を目指していきましょう。 
 

集中力を上げる。ハイパーフォーカス状態とは?こちらをチェック。


 

趣味を仕事にするってどうなの?デメリットや注意点はこちらをチェック。


 

根回しとは 


根回しの意味はというと、辞書に記載されている意味だと「会議や交渉を円滑・有利に運ぶために非公式の場で合意の形成をはかること、下工作・下相談などとも言います。
 
円滑に・有利にという言葉が並ぶと、すこし陰湿なイメージになってしまうことが多くあります。しかし仕事の面において下工作・下準備は必要なことです。
 
下準備をしっかりしておけば、いざ重要な場面になった時に困ることもありません。行動を起こしたい時にすぐに行動に起こすことができます。
 
特に重要なものに関してはじっくりと準備をしておかなければ抜けている部分なども増えてしまうため行き当たりばったりな人だとその分失敗も増えてしまう可能性があります。
 
それを防ぐ上でも円滑に・有利に進めていくための工夫というのは不可欠になってくるので、ネガティブなイメージを払拭させて積極的に根回しをするようにしながら仕事を進めていくことで仕事の成果を着実に積んでいけるようにしましょう。
 

根回しの語源とは 

根回しの語源は園芸用語からきています。
 
樹木を移植する際に準備をする作業のことを園芸用語で根回しと言います。樹木を移植するという行為はとても大変なことです。
 
ちょっとしたトラブルでも、樹木を枯らしてしまう可能性があるため慎重さが求められてしまう作業です。その面に関しては仕事ので重要な企画や会議などが発生した時にも同じことが言えるでしょう。
 
そのため根回しと呼ばれる事前の準備では神経を注いでしっかりと移植の準備を進めていきます。
 
その物事にもよりますが、本当に大切で重要なことというのは簡易的な準備や情報だけでは不足してしまうことが多くなってしまいます。
 
特に仕事では仕事相手が居るとその相手を納得させるだけの準備も必要になってしまうので、なおさら情報や相手を納得させるだけの説得力も必要なのでそれらの根回しをしっかりしておく必要があります。
 

根回しが上手い人の特徴1.段取りが良い  

根回しが上手い人というのは、常に先のことを考えて行動をするという特徴があります。段取りが上手という人は、先のことを考えてどう進めていくのが良いかを決めて段取りを組んでいきます。
 
短絡的に浅い計画などを立てたりすることはなく、1つ1つの計画をしっかりしていくのできちんとした段取りを組むことができます。先のことを考える癖をつければ、どの場面において根回しが必要になってくるかというのも分かるようになっていくので習慣化すると良いでしょう。
 
また、普段目先の利益や成功に意識が持っていかれがちな人はその意識を改めて物事を長期的な目線で見ることができるようにしていくことも求められます。
 
目先の利益にとらわれてしまうと、最終的に損をしてしまうという可能性もあるのでまずは視野を広げて、段取りを立てて効率的に行動を目指せるようになることをまずは目標にしていくようにすると良いでしょう。普段からどうすればより良くなるかを広い視野で考える
 

根回しが上手い人の特徴2.常に行動している 

根回しが上手な人というのは、常に行動しているという特徴も持ち合わせています。
 
自分で動かず待ってるだけでは自分が理想とする方向性にはなかなか進むことができません。また根回しをするためには、上手く段取りを整えていく必要があります。
 
その段取りを考えて、実行に移すということでも行動を起こしていかなければいけなくなります。そのため常に何かを考えてよりよくしようとしている人の場合は行動を欠かしません。
 
もしも普段から理由をつけて自分から行動をするのを避けているという人はそれが根回し上手になれない要因になっているのかもしれません。今の自分を変えて、根回しを上手にできるようになりたいのであれば、行動をすることを恐れてはいけません。
 
できるだけ常に先を考えた上で、自分の考え通りにするためにはどうしたら良いかその場その場にあった行動を起こしていきましょう。自分が行動を起こすことによって、現状をより良い方向に持って行くこともできます。
 

根回しが上手い人の特徴3.人脈を上手くつかう  

根回しをする場合、一人でなんとかできる場面もあれば時には自分の力だけでは現状を変えることが出来なかったり根回しが上手にできないケースもあります。
 
だからこそ根回しをしていく上でも一人で全部やるのではなく、時としてその場その場にあった協力者が必要になってきます。そのためには、まず自分に対して協力をしてくれる人が居ないとそれは成り立ちません。
 
そのうえでも人脈は重要になります。例えば自分が頼れる人が極少数の場合、頼れる人がその時に居なかったりして自分が不利な状況になってしまうということも考えられます。
 
逆に人脈を広げることで、自分が頼ることができる人が大勢いればその時その時で助けてほしい物事に強い人に協力を求めることができます。
 
それができればよりしっかりと強固に根回しをすることができるようになります。そのためできるだけ自分の協力者を作れるように人と関わり強い信頼関係を築けるよう意識して人と関わっていくと良いでしょう。
 

根回しが上手い人になろう  


根回しも内容によって良し悪しです。悪いイメージがもたれることが多いですが、人を陥れるような根回しではなければ人に指を指されたりすることもありません。
 
人を傷つけたり、陥れるような悪意を持って行動していく根回しに関しては自分の評判を下げることにつながり、自分の仕事に悪影響がでるのでやめましょう。
 
しかし、仕事がより良い方向に行く根回しや自分の評価を高めるための根回しに関しては仕事で成功したい人的にはしていかなければいけないことの1つです。
 
根回しをすることで、仕事の成功を着実に重ねていけば自分の会社での評価を高めることができるので、結果として自分の出世に良い影響を与えてくれます。
 
仕事においては自分の能力を周囲に評価してもらうことで出世をしていくことができます。やりすぎるのは周囲のイメージも悪くなってしまうかもしれませんが、計算された根回しは自分にとって良い影響を得るためにも上手く取り入れて仕事をしていきましょう。
 

根回しのスキルは仕事に直結する

 根回しのスキルが高い人は仕事の能力に直結するという考え方もあります。実際に出世する人がしている仕事の仕方というアンケートでも4割近い人が根回しが上手い人という回答をしていました。
 
そのアンケート結果からも分かるように仕事が出来る人というのは上手に根回しができているというように周囲は感じているということになります。
 
今後仕事を頑張って出世していきたいという野心を持っているひとは、仕事のスピードはもちろんですが、速さだけではなくしっかりと仕事の根回しをして段取り良くスマートに仕事を進めていけるように意識して仕事をしていきましょう。
 
それができるようになれば仕事の効率も高まり、仕事自体の成功にもつながっていきます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事