女性だって気になる!オーダースーツのメリットとデメリットを徹底解説!

オーダースーツのメリットは、自分の体型にフィットする以外にも、素材の選び方から参加できるため自分だけの大切なスーツに仕上がります。

ビジネス以外でも、冠婚葬祭用のスーツやフォーマルなお出かけでスーツを着用することがよくありますよね。他の人と差をつけたい時にも、女性もオーダースーツのメリットとデメリットを理解して素敵に着こなしてみましょう。

オーダースーツのメリットや魅力について

オーダースーツというとメンズがまずイメージされますが、もちろんレディースもオーダーメイドしてもらうことは可能です。既製品と何が違うのかというと、オーダースーツのメリットはフィット感が確実であること。

ビジネススーツなら長時間着用するため、着心地のよさはかなり重要なポイントです。どんなに素敵でスタイリッシュなデザインでも、自分の体型にフィットしないのでは残念。

体型は人によって違うため、きちんと採寸して自分に合った型紙から作ってくれるオーダースーツは、フィット感が格段に違います。またオーダースーツのメリットは、生地とデザインを好みで選べること。

とくに女性の場合は、スカートやパンツによってスーツの色味を変えたいということもあるでしょう。デザインはよくても色が違う、このようなトラブルもオーダースーツなら不要。

既成スーツだとベーシックで無難なデザインや生地が多いため、自分らしさをアピールしたい人ならオーダースーツは間違いありません。またオーダースーツは体型に合わせてポケットやシルエット、裏地などもカスタマイズできるため、スーツが長持ちすることもメリットです。

オーダースーツのデメリットについて

オーダースーツはおしゃれを贅沢にしたい時の手放せないアイテム。自信たっぷりにビジネスシーンやイベントで自己アピールができます。しかしメリットだけでなく、オーダースーツは既成ではないため、依頼してから完成までに時間がかかることがデメリット。

結婚式などのイベントに合わせて準備する場合は、なるべく早めに手配しなければなりません。フルオーダーなら1~2か月ほどかかる可能性があり、パターンオーダーでも2週間ほどは余裕を持ったほうが安心。

またオーダースーツは、ボタンなどのパーツを自由にカスタマイズできる点はメリットですが、追加料金が発生したり、オーダースーツ自体が既成スーツよりも高くなったりすることもデメリットでしょう。

また女性の場合は、妊娠や出産で体型が変わると着られなくなることもあるので注意が必要です。

オーダースーツの種類について

オーダースーツを分けると「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3種類があります。初めての人に人気があるパターンオーダーは、簡単な部分だけサイズ変更をするオーダースーツで、袖丈や裾丈などを好みに調整するタイプ。

イージーオーダーは工場ラインで生産される縫製で仮縫いはなく、パターンオーダーよりもカスタマイズできる点が多いといえるでしょう。

フルオーダーはあらゆる部分がカスタマイズできるスーツで、職人さんが丁寧に作ってくれるタイプ。仮縫いから始めるため、オーダースーツの中でも一番品質が高く仕上がります。

気になる値段ですが、パターンオーダーなら2~5万円、フルオーダーは20~100万円が目安。最近はオンラインで手軽にオーダーできるタイプも人気があり、既成スーツと変わらない予算で作ることも可能です。

オーダースーツの流れについて

メリットが色々とあるオーダースーツですが、一般的な流れについて簡単にご説明します。まずはお店でどのようなスタイルがいいかカウンセリングをしてもらいましょう。

とくに女性の場合はカバーしたい体型の悩みなどもあるはずなので、自分の好みはきちんとスタッフに伝えたほうが安心。次は生地と裏地選び。サイズやシルエット、デザインによっても相性がよい生地がありますので、アドバイスしてもらいながら選んでください。後は仕上がりを待つだけです。

オーダーする前に考えておきたいことはまず予算。念のため追加料金分として1~2万円ほど余裕を持っておくと安心でしょう。オーダースーツは用途や着用シーンによってもイメージが変わりますので、ビジネス用、イベント用など考えておくこと。

さらにレディースはスカートかパンツ、ジャケットのシルエットなど好みがありますのでイメージを考えておく、もしくは参考になる画像を見せることもオススメです。

オーダースーツのお店選びのポイントは、生地の選択肢が多いかどうか、明確に金額提示してくれるかどうか。さらにお直しなど、アフターケアの内容についても事前に確認しておきましょう。

まとめ

オーダースーツはメリットもデメリットもありますが、おしゃれにこだわりを持っている人なら1点は持っていたいアイテムになるでしょう。スーツを身につけると身も心も引き締まり、世界にひとつのスーツならさらにカッコよく自分を演出できるはずです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事